学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2012年05月28日《校長コラム》5月28日

     この週末,多くの皆さんが高校総体で力一杯チャレンジしてきてくださいました。記録や勝敗も皆さんにとっては大切なことだと思いますが,それにも増してどこまで自分自身と向き合い,最後まで全力を出し切れたこと,その体験は忘れることができない宝ものです。
     さて,先週の昇天祭に引き続き,教会では昨日もう一つの大きなお祝い日であるペンテコステ(聖霊降臨祭)を祝いました。Holy Spirit 聖霊というのは『神様のもとから送られる真理の霊』です。愛の息吹として,すべての生きものを生かします。「いぶき」は私たちの命を司っているものですね。
     この日とても不思議なことが起こりました。使徒言語録の2章7節には,次のように記されています。弟子たちの教えを聞いていた人々のコメントです。
     「話をしているこの人たちは,皆ガリラヤの人ではないか。
      どうしてわたしたちは,めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。」
     「弟子たちが,私たちの言葉で神の偉大な業を語っているのは,一体どういうことなのか」
    聞いていた人々はびっくりするのですが,それと同時によく言葉も理解できたので,イエス様が教えてくださったことを受け入れ,自己中心的な生き方から解放されていったのです。
     このようにして,イエス様の教えはユダヤの地から世界へと広がっていきました。ですから教会はこのペンテコステの日を『教会の誕生日』として大切にしているのです。ユダヤの人々だけでなく,世界中のすべての人に向けて,イエス様の「Good News」福音が述べ伝えられていきました。
    その「よいニュース」とは,
     ①私たち人間を想像された存在がいてくださるということ
     ②その方は,私たち一人ひとりを無条件に受け入れ,この上なく大切に思っていてくださる
    という2つの「Big News」です。
     皆さん一人ひとりの上にも,この神様の愛の息吹はいつも注がれています。

  • 2012年05月21日《校長コラム》5月21日

     今日は,名古屋では平安時代以来932年振りの金環日食だったようです。通学時間に当たっていた人も多かったと思いますが,日食めがねで確認できましたか?目に見える不思議さから出発して,想いを広げていきますと,太陽系,銀河系そして宇宙そのものの広大無辺の広がりと深さ,Never Endingの果てしない旅へとつながっていきますね。
     さて昨日の日曜日は,教会では"Ascension"主の昇天を祝いました。文字通り,イエス様が天に昇られたことを記念する日でした。復活祭(Easter)から40日後に祝います。この昇天祭は「イエス様はもう私たちから遠く離れたところへ行ってしまいました」ということを記念する日ではありません。
     イエス様はご自分の霊 Holy Spirit 聖霊を私たちのところに送ってくださることを約束されて,マタイによる福音書28章20節に次のように記されています。
     ―「わたしは世の終わりまで,いつもあなたがたと共にいる」
    心強い約束です。目には見えませんが,聖霊を通してイエス様は私たちと共にいてくださるのです。しかも「いつもあなたがたと共にいる」と言われる「いつも」always がとても嬉しい一言ですね。
     皆さんがヨゼフの精神 "School Spirit" を毎日力一杯生きていくなかで,自分が神様からいただいている可能性,タラントンをしっかり育んでいくためにたくさんの"Try"と直面していきます。その一つ一つのチャレンジに直面して乗り越えていこうとする時,苦しいこともあります。辛いこともあります。そんな時,逃げたり中途半端なやり方で妥協してしまわないで最後までTryし続けましょう!
     皆さんには友達がいます。先生方がいてくださいます。ご家族のサポートもあります。そして何よりもイエス様がいつも共にいてくださることを,しっかり心に刻みつけてTryし続けましょう。
     「わたしは世の終わりまで,いつもあなたがたと共にいる」