学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2012年11月26日《校長コラム》11月26日

     この週末の"long weekend",皆さんはどのように過ごしましたか。定期試験前で,昨日の日曜日は久々にクラブ活動も学校行事もなく,校庭はひっそり静まり返っていました。風もなくとても穏やかで抜けるような秋空のもと,私は日溜まりを楽しんでおりました。
     普段走っているときには見過ごしがちな,秋の色合いを味わいながら殊に木々の紅葉の色合いの中に,緑・黄色・オレンジ・赤と徐々に変化する微妙な色彩は,太陽の光を透かしてみると,また一段と趣がありました。季節の移り変わりの内に,秘められているメッセージを味わう心を,いつも忘れないでいたいと思った一日でした。
     さて,皆さんは明日から第3回定期試験にチャレンジしますので,今朝は先日ご講演いただきましたシスター渡辺のお言葉を味わってみましょう。シスターは,私たちが自分自身の怠け心と戦うことをお勧めになられ「人は自分の怠け心と戦わない限り,自由にはなれません」とおっしゃっておられました。そして私たちがともすると陥りがちないい加減な生き方から抜け出て,凛とした心を大切にする生き方を,次のような言葉でお話しくださいました。
      「したくても,してはいけないことは,してはいけないのです。
       したくなくても,しなければいけないことは,チャレンジします。」
    このように「がまんできるかどうか」が,心を持っている人間として私たちに問われているのです。
      「したいことは,します。
       したくないことは,しません。」
    これでは,心をいただいている私たち,人としての特性が全く生かされていませんね。
     明日からの試験を,「しなければならないことは,しっかりやります!」の姿勢で臨んでみてください。毎日の授業を受けてきた皆さんが,それぞれの教科で,自分はどこに立っているのかを見せてくれるのが試験です。全力でチャレンジしてみましょう!

  • 2012年11月19日《校長コラム》11月19日

    "Bloom where God has planted you." 「神が植えたところで咲きなさい。」

    この詩は次のように続きます。
    「咲くということは,仕方がないと諦めるのではなく,笑顔で生き,周囲の人々も幸せにすることなのです。」

     この詩からとられたタイトルの『置かれた場所で咲きなさい』というシスター渡辺和子のご本は,今70万部を突破し,今年のベストセラーNo.1になるそうです。
     そのシスター渡辺のお姿を拝見し,15分程度という短い時間ではありましたが,マザーテレサの生き方とクリスマスへの心の準備について伺うことができたのは,幸せなことでしたね。皆さんがどんなに感動し,よく聴いてくださったかを,午後の講演会にいらしたお母様方から伺い,とても嬉しく思いました。
     午後の私立学校保護者会連合会の講演会も,あの悪天候の中,約400人余りの方々がお越しくださり,1時間半に及ぶシスター渡辺の『心の教育と親の役割』をテーマとしたご講演に耳と心を傾けてくださいました。そしてお帰りには「来させていただきまして,本当に良かったです」と喜びのうちにお礼の言葉を残してくださいました。連合会の講演会は毎年開催されておりますが,これほどたくさんの方々にお越しいただけたのは,久々だと思いますし,皆様に喜んでいただけたのが何よりと感謝しております。
     90分に及ぶご講演をシスター渡辺は凛として立ってお話くださいました。たたきつける雨の音もものともせず,朗々としたお声で力強く,現代の私たちがどこかに置き忘れてきている大切な「心」についてお諭しくださいました。
     シスター渡辺がはるばる岡山からお越しくださり,私たちの心に残してくださった"foot print"足跡は,また折に触れ皆さんとご一緒に味わっていきたいと思っておりますが,今朝は講演会の日,あの激しい雨の中でずぶ濡れになりながら,駐車場整理やご案内をしてくださいました,保護者会の方々,そして本校の先生方のお姿が,特に心に残っておりますことをお伝えしておきたいと思いました。目立たないところで人々に尽くされるお働きは特に尊く,人の心を打つように思います。

    今日の聖書のみ言葉は「コヘレトの言葉」からです。
     ―神の為さることは,すべて時にかなって美しい―  (コヘレト3章11節)

  • 2012年11月13日《校長コラム》11月12日

     今朝は秋晴れの清々しい朝を迎え,昨日の雨風が嘘のようですね。昨日の悪天候の中,セントヨゼフでは修成地区の防災避難訓練があり,なんと730人余りの方が参加されました。私たちの全校集会よりもたくさんの方々が協力して集まられたのです。地域の方の災害とその対策への意識の高さに感心させられました。
     雨や風の中,傘をさしながら4つのグループに分かれて,AEDの使い方,仮設トイレの使い方,煙の中を通り抜ける体験,そして炊き出し非常食の実習etc.の訓練がありました。一人では歩行困難な方や車いすの方も参加しておられ,皆さん本番のように真剣に取り組んでおられました。
     私が「雨になってしまい,大変ですね」と申し上げると,「いやいや,地震や津波は,こんな雨の日にもくるかもしれないのですからいい訓練ですよ。」としっかり前向きにとらえておられ感心しました。自転車置き場のわずかに雨をしのぐ所があるのみで,傘をさしながらの2時間余り,寒い中をよく耐えられ,また黙々と坂道を歩いて帰られるお姿を拝見しておりますと,何か頭が下がる想いがいたしました。
     昨日は「3.11」から1年8ヶ月目にあたる日でもあり,東日本大震災を受けられた方々にも想いを馳せておりました。東北はここよりもっと寒いでしょうし,仮設住宅の生活も不便なことが多いことでしょう。その方々が必死で復興を目指して全力を尽くしておられるのですから,私たち一人ひとりもいただいているこの一日を感謝して,全力を尽くして過ごしてまいりましょう。
     今日の聖書からの御言葉は,昨日の日曜日のマルコによる福音書の一節からです。
    ―イエスは賽銭箱の向かいに座って,群衆がそれに金を入れる様子を見ておられた。大勢の金持ちがたくさん入れていた。ところが,一人の貧しいやもめが来て,レプトン銅貨二枚,すなわち1クァドランスを入れた。イエスは,弟子たちを呼び寄せて言われた。「はっきり言っておく。この貧しいやもめは,賽銭箱に入れている人の中で,だれよりもたくさん入れた。皆は有り余る中から入れたが,この人は,乏しい中から自分の持っている物をすべて,生活費を全部入れたからである。」―
    1クァドランスは,今でいえば100円位です。イエス様の眼差しはとても深く,その人の心の中まで見ておられますね。