学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2013年03月18日《校長コラム》3月18日

     明日は聖ヨゼフの祝日で,今年度の修了式を迎えますから,今日はその大きな節目を迎える心の準備をする大切な一日です。大掃除,歌の練習etc ・・・一つ一つ心を込めていたしましょう。その意味深い準備の日に,私は今メディアでも話題になっておられる方,この13日に選出されました新しいローマ法王について少しお話しをしようと思います。
     この方は,アルゼンチンの方で,ブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿です。第266代目の新法王として115人の中から選ばれました。イエス様が最初にお選びになったペトロに命名されましたように,枢機卿(カーディナル)から法王となられるこの方の新しいお名前は「フランシスコ」です。
     「フランシスコ」という名を選ばれたのは,この方自身がイタリアのアシジの聖フランコのように,いつも貧しい人々のことを心に留め,その方々のために尽くしてこられたからでしょう。実際に彼は枢機卿の大きな家には住まれないで,人々が近づきやすい質素な家で生活されています。また運転手付の大きな車で移動するのではなく,地下鉄やバスを利用されていたとも言われています。
     とにかく「いばらない,何でも相談できる親しみやすさ」がある方のようで,世界中から大きな期待が寄せられています。混迷している世界情勢を中立の立場で導いていける方は,ローマ法王と国連事務総長のような立場におられる方で,世界への大きな影響力が期待されているのですね。日本にも二度ほど来日されており,上智大学も訪問されたとお聞きしますと,なんだか急に近い存在として感じてしまいます。
     一般のメディアからではなく,このようなe-mailが来ました。アメリカで大学の学長をしている私たちの聖ヨゼフ会のシスターは,システィーナ礼拝堂の煙突から白い煙が上がったとき,卒業生とのツアーでなんとあのサンピエトロ大聖堂の広場にいたのです。
     彼女はその時の体験を生涯忘れられない出来事として語ってくれています。新法王フランシスコが人々の喜びに応えるためバルコニーに立たれたとき,何万もの人々に優しく語りかけられ,共に祈るよう促されたのです。大会衆は「主祷文」と「アヴェ・マリア」をそれぞれの国のことばで唱えました。国も言葉も文化も肌の色も異なる人々が唱えたこの祈りは,一つのハーモニーを醸し出し大空に鳴り響き,強い絆を感じ大きな希望と勇気をもらったとそのシスターは語っています。
     現代世界のたくさんの課題を,どう方向付けていかれるのか新法王には大きなMission使命があります。私たちも毎日の祈りでサポートしていきましょう。


    貧しい人,小さな人,弱い立場の人を大切にしておられる新法王フランシスコの生き方の礎になっている聖書のイエス様の言葉は,
    ――「わたしの兄弟である,この最も小さな者の一人にしたのは,
       私にしてくれたことなのである。」           (マタイ25章40節)

  • 2013年03月08日〈エバーグリーン〉"I am Making Something New!" ~刷新への旅~

     セントヨゼフ女子学園の設立母体であるカロンデレットの聖ヨゼフ修道会は来年の総会に向けて"I am Making Something New!"というキャッチフレーズを掲げています。日本語で言うなら「私は何か新しいことを生み出す」ということでしょうか。これをひとつの単語で表現しようとするとき、「刷新」という言葉が浮かび上がってきます。刷新とは「状態を改めて、まったく新しくする」という意味です。
     私たちは「時のしるし」をしっかりと読み取りながら、その時代が必要とするものに敏感に応えていくよう神様に導かれています。皆さんにもこの"Make Something New!"という呼びかけに応えるチャンスがきています。日本の教育は大いに刷新される必要があると私は思っています。その中核となるのが暗記型詰め込み教育から思考型探求教育への刷新です。ともすれば教師からの一方通行で、生徒は受け身の姿勢に終始してしまうのが現代の教育です。柔軟な思考力を備えているヨゼフ生の皆さんに今こそ、観るもの、聴くもの、触れるもののなかに、大いなる不思議と神秘を感じ取ることのできる人になってほしいと願っています。豊かな感受性と関心をもって受け身の姿勢から脱出し、自ら探求し思考する生き方へと刷新を図りましょう。そうすると次々に思考の連鎖が生まれます。もはや、よく考えることなしに出した即答に満足する自分ではなくなるのです。
     このような生き方は、ある意味で旅をすることに似ているかもしれません。見慣れない風景や、初めて体験したり気づいたりすることが人生観を変えるという話をよく耳にします。感じること、気づくこと、知ること、望むことから人間の思考は始まるのです。それが今までの自分自身を刷新して、"Toward More"「より一層を目指す」自分へと変えていきます。常に前進していく人生の旅はスパイラルのようです。似たようなことであっても、それは過去に通ったのと同じ道ではありません。そこには驚きの連続があり、発見の喜びが散りばめられています。豊かな生活環境に恵まれ、充足している日本の若者はすべてを当然と受け止めがちです。感謝を忘れた若者には喜びがありません。なぜなら「感謝」と「喜び」は一対だからです。貧しい国の子どもたちの輝く瞳や笑顔に出逢って、不思議な気持ちになったことはありませんか。困難な境遇にあっても、希望を失うことなく夢を追い求める子どもたちには"More"に向けられた底力と忍耐力があり、その内なるエネルギーが、彼らの瞳を通して輝き出るのではないでしょうか。
     "Toward More"という、留まることを知らない躍動的な生き方をされた最初の6人のシスター方の不屈の精神のDNAを受け継いで、創立以来、自分の可能性に挑戦しているヨゼフ生の皆さんは、このエネルギーを内に秘めているのです。
     冬眠から目覚めましょう。自分自身で考え、判断し、選択していくとき、『刷新への旅』が始まります。深く思考することなく、ことあるごとに責任転嫁や現実逃避をして、自分をごまかして生きる人には、人間としての成長は難しいでしょう。
     さあ、発車のベルが鳴っています。行き先は、あなた自身が決めてください。

  • 2013年03月04日《校長コラム》3月4日

     3月2日の土曜日,本学園の第52回高等学校卒業式が行われ,皆さんの先輩52期生がそれぞれの夢を抱いて元気一杯巣立っていきました。ヨゼフの卒業式の中心は卒業証書授与で,一人ひとり壇上に上って凛と立ち卒業証書を手にします。学園生活の集大成として,この一瞬程一人ひとりが輝く時はありません。そんな卒業生を見ていますと,私も感謝と感動で胸が一杯になるひとときです。「ヨゼフだからできること」「ヨゼフにしかできないこと」の一つとして,この一人ひとりの卒業証書授与式は,これからも大切にしていきたいと思っています。
     「ヨゼフだからできること」「ヨゼフにしかできないこと」は他にもたくさんありますが,卒業式の前日,突然二人の卒業生の訪問を受けました。一人はすぐに思い出せる51期生でしたが,もう一人の卒業生は,同期でないことはわかっていても思い出せません。「何期生ですか?」とお尋ねすると,48期とのこと。しかし同じクラブでもなく,二人のつながりの接点がなかなか見えてこないのです。それでついに「お二人はどういうお友達なの?」とお聞きしましたところ「Sistershipです!」と二人で笑顔で答えてくださいました。
     二人は同じ大学に通っていたのですが,この一年お互いに全く気づいていなかったようです。ある日掲示板で先輩の名前を見つけ、「同じお名前,でもまさかあの先輩ではないでしょう」という思いで調べてみたところ,三重県出身とわかり,何年振りかの再会が京都で実現されたのです。大学は今もう春休みですし,先輩の方は就職先も決定していて,4月からは宮城で新しいスタートを切るそうです。それでその前に二人揃って母校訪問を計画してくださったというわけなのです。
     卒業生の母校訪問は嬉しいものですが,クラス,学年を越えてのお二人の訪問は,また一味違っていて,とても心温まる喜びをもたらしてくださいました。これも「ヨゼフだからできること」の一つですね。今心を合わせて,卒業生の皆さんのお幸せを共にお祈りいたしましょう!
     ―神様が卒業生一人ひとりを守り導いてくださいますように。

  • 2013年03月02日〈卒業式〉式辞(抜粋)

    華やかな趣のある桜とくらべ、厳しい寒さにもめげずに、一輪、一輪咲く梅の花には、凛とした、たおやかさが漂っています。その清々しい香りには、春の訪れを告げる喜びが溢れています。


    卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。卒業証書を手にした皆さんの心の中には、今どんな想いが渦巻いていますか。ヨゼフで過ごした日々の、いろいろな思い出が走馬灯のように浮かび上がっているのでしょうか。

    いろいろな友達に出逢いましたね。
    いろいろな先生方と出逢いました。
    そして、いろいろな出来事との出逢いがありました。
    その一つ一つ、どれを取ってみましても、すべては単なる「偶然」でもなければ、まして「当たり前」のことではないのです。

    一つ一つには、それなりの意味があり、私たちを超えた方の、大きな慈しみの内に準備していただいた、あなたへのスペシャルな贈り物なのです。

    この”SENSE of WONDER”「不思議さへの感覚」を、ヨゼフを巣立って新しい世界へと旅立っていく皆さんに、ずっと持っていていただきたいと心から願っています。

    後一週間程で、東日本大震災から、もう2年を迎えようとしています。ついさっきまで存在していた、家や家族や町が、一瞬の内に消えてしまうと言う、衝撃的な体験をされた被災地の方々は、「どうしてこのようなことが・・・」という想いと共に、今生きていること自体、不思議で奇跡的なこととして受けとめておられるのです。みなさんにとっても、生命をいただいていること、今、こうして卒業式を迎えられること、そして明日から新しい世界へ、スタートしていけること、これらすべては、当たり前や偶然ではなく、奇跡、ミラクルなのです。ヨゼフで育った皆さんは、慈しみの眼差しで、いつも見守っていてくださる、私たちを超えた、”Something Great” の存在を知っています。これからもこの出逢いを受けとめていっていただきたいと切に望んでいます。

    明日から新しくスタートする生活で、皆さんが経験していくことがらの中には、想定外のこともありうるでしょう。そんな時にこそ、あなたのすぐ側にいてくださる、私たちを超えた存在、”Something Great” を思い出してください。そして一つ一つのできごとは当然ではなくいただいていること、授かっている奇跡であることに気づける人であってほしいと思うのです。

    ヨゼフの教育の真髄はここにあります。
    いただいている生命への驚きや不思議さに気づいていることです。Sense of Wonder の種は、巣立っていく皆さんの一人ひとりの心にしっかりと植えられています。この種が、いつ、どのように花開いていくのかは、それぞれユニークでさまざまな過程があります。しかし共通していることは、その種は、”Something Great” の愛と慈しみの温かい眼差しの内に成長していくということです。
    言い換えますと、皆さん一人ひとりは神様の偉大な傑作で、かけがえのない大切な存在だということです。

    明日から皆さんは、思い出の染みこんだグリーンの制服とはお別れします。また「世の光・地の塩」のシンボルで満ちているスクール・ピン、校章もはずします。ヨゼフ生の姿から脱皮して成長していく皆さんに、私は一つのお願いがあります。

    それは、目に見える姿が変わっても、心にはヨゼフの校章を常につけていていただきたいという願いです。
    その心の校章とは・・・・・
     『あなたは、神様の傑作であり、かけがえのない大切な存在だということです。』

    誰も替わることができない、かけがえのない大切な存在であるあなたに、
    ”Something Great” は、これからも慈しみの内に、いろいろな出逢いを与えられることでしょう。その一つ一つは、いただいているもので当たり前ではなく、奇跡、ミラクルなのですから、感謝の心で受けとめ、その深い意味も味わえる女性に成長していってほしいと望んでいます。
    すべてを当然として受けとめるのではなく、奇跡として受けとめられると、あなたの心は感謝の気持ちで満たされることでしょう。感謝と喜びは表裏一体で、どんなことが起こっていても、内的な次元では、常に喜びと平安を保つことができるのです。皆さんに紹介しましたベサニー・ハミルトンさんやイ・チソンさんの、凛とした生き方の秘密はここにあります。

    今、皆さんには、見える校章をはずす時が来ています。
    そして、見えない心の校章をつけ、ヨゼフの卒業生としての誇りを持って、希望に満ちた出発をする時が来ています。見える校章にも、見えない校章にも、脈々と流れ続けている皆さんのMission、すなわち使命は、”Women for Others”です。

    いただいている「いのち」を日々燃やし続け、出逢う方々に幸せをお届けできる女性として「世の光・地の塩」となって生きていってください。周りの方々の幸せは、必ずあなたの幸せとなり、あなたを、ますます喜びで輝かせていくことでしょう。

    皆さんのこれからの道が、そのような幸せで満たされたものでありますよう、
    心から祈り、私のお祝いの言葉といたします。

  • 2013年03月01日〈学園だより〉あなたは宝石!

     ヨゼフを巣立ち、未来に羽ばたいていく皆さんにずっと心に留めておいていただきたいことは、ただひとつ。あなたはこの世で唯一のかけがえのない存在であり、あなただけの輝きを持つ「宝石」だということです。
     日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの時代の宣教師たちは、『神の愛』を「神のご大切」と翻訳しました。あなたは神様の愛の結晶として生まれた「ご大切」な宝石なのです。
     現代はとかく人間の価値をその能力や才能で評価し、いかに有能であるかを重視する"Doing"のランク付けが優位に立っているのが現実です。しかし、ヨゼフで学んだ皆さんは、目には見えない存在そのものの在り方を問う神秘に満ちた"Being"の世界にすでに出逢っているのです。いかに要領よく、効率よく世渡りをしていくのかという"How to?"の問いかけに終わることなく、皆さんは"Why?"の問いかけに挑戦し始めているのです。何のために生命(いのち)をいただいているのか、人間はどこから来てどこへいくのかなど、即答できない探求の旅路を歩み始めているのです。
     生命は神様からいただき、お預かりしているものです。その間に生命をどう活かすかがあなたの人生を決め、織り上げていきます。ですから時間の使い方が、すなわち「いのち」の使い方になるのです。想定外のことに遭遇する時、その事態を選ぶことも避けることもできませんが、起きた出来事に対しての生き方を選ぶのはあなたです。
     ここで、昨年本学園で講演されたシスター渡辺和子の著書に登場するある方の生き方を見つめながら、生き方を選ぶとはどういうことなのかを考えてみましょう。
     一人の女性が思いがけない病気で婦人科の手術を受けなければならなくなりました。幸い手術は成功しましたが、医師は彼女に将来子供ができない可能性があることを告げたのです。彼女は大変悩みました。実は彼女には将来を約束している方がいて、彼は根っからの子供好きだったからです。このまま黙っていることもできましたが、彼女は思いきって全てを彼に打ち明けました。静かに聴いていた彼は優しく「心配しなくてもいいよ。僕は赤ちゃんが産める君と結婚するんじゃなくて、『君』と結婚するんだから。」と言ったのです。何かができるからとか、条件に適っているからではなく、彼の愛は彼女を彼女としてありのまま受け入れる無条件の愛だったのです。予期せぬ病気は彼女が選んだものではありませんが、真実を打ち明け、彼に対して心から誠実であろうとする生き方を選び取ったのは彼女でした。その結果、彼の深い愛を知ることになったのです。星野富弘さんの作品に次のような詩があります。

     わたしは傷を持っている
     でもその傷のところから
     あなたのやさしさがしみてくる

     ともすると、傷や困難はあってはならないものと思いがちですが、そこから逃げずに凛として現実に直面するとき、今までとは違った次元の真実に出逢うことがあるのです。
     神様の眼差しの内に生きる皆さんは、絶えず光り輝いている宝石です。それほどあなたは神様から愛しく大切に想われている存在なのです。そうであれば、あなただけでなく、他の人も、またすべての創造物も、創造主から見れば限りなく愛しい存在なのです。それゆえに、排斥や無視によって誰一人として存在を否定されてはならないのです。すべては神様の「ご大切」なのですから。  
     昨今呼びかけられている「絆」は、希薄になった人間関係の象徴かもしれません。そう考えると、毎日交わす挨拶も重要な意味を持ってきます。挨拶の意味は「あなたは大切な人!」「あなたは宝石!」という気持ちを伝える最良の方法だからです。明るく元気あふれる声と優しい笑顔で、出逢う人に挨拶を投げかけるあなたは、クリエーター(創造主)のメッセンジャーです。そこに「いのち」をいただいている理由があります。互いに『あなたは宝石!』というメッセージの輪を広げ合っていけば、やがて大反響の渦となって、創造界全域に及ぶ宇宙のシンフォニーを実現することになるでしょう。日々の挨拶には実に驚くべき威力が秘められています。「あなたの奉仕はすばらしいことではありますが、所詮焼け石に水ではありませんか。」という記者の問いかけに、「大海も一滴の滴(しずく)からはじまるのです。」と、マザーテレサも毅然と応えられたのです。
     「いのち」をいただいた人は、自分自身でものごとを考え、決断し、行動します。そして自分のとった行動には最後まで責任をとり、決して他に責任転嫁しないのです。この過程はスパイラルのように繰り返され、学びの連続の中で、人は徐々にペルソナ(人格)へと成長していきます。
     しかしこの成長への道のりは険しく、山あり谷ありです。苛立ちのなかで生じる、あなたの自己中心的な行いや不機嫌な顔は、立派な環境破壊だと気づいているでしょうか。顔から、口から、態度からダイオキシンを出してはいないでしょうか。逆に、自分自身との葛藤の末に身についた微笑みは、人を癒す大きな力を持っているのです。
     ヨゼフで学んだ皆さんは、「他人に迷惑をかけない」という生き方に留まることなく、建学の精神『愛と奉仕』を生きる女性" WOMEN for OTHERS " となってください。愛とは大切に慈しむ心であることを忘れないでください。そして、さわやかな挨拶で、出逢う方々に「あなたは宝石!」というメッセージをこだまさせていきましょう。

     聖書のことば

      『わたしの目にはあなたは価(あたい)高く、貴い』 (イザヤ43章4節)