学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2014年05月19日《校長コラム》5月19日

    「新緑の緑が目に染みる」とか,「さわやかな緑,若葉が香る季節」などと,5月特有の表現があります。皆さんはこの「目に染みる」や「若葉が香る」を実際に体験していますか。
     神様からいただいている五感,見ること,聞くこと,ふれてみること,香りをかぐこと,味わうことなど,感覚をしっかり活用していないと,いつの間にか,何も感じられない人になってしまいます。神様からいただいている能力は,意識して使っていませんと退化してしまいます。スポーツで日頃から身体を鍛えておかないと体力が衰えるのと似ています。
     新緑の緑から,トーンはそれぞれ違うのですが,今どんどん濃い緑に移り変わっています。その微妙な変化に気づけるあなたでいてください。その素晴らしさに驚くことができる人,またその美しさを味わえることに感謝できる心の持ち主でいてください。このような感性の豊かさはヨゼフの生徒の特徴です。
    さて,皆さんは昨日の日曜日はどのように過ごしましたか。私たちの教会では大きなお祝いがあり,喜びと恵みに満ちた一日でした。と言いますのは、皆さんも時折ミサでお会いするネリグ神父様の(神父様になられてから)叙階60周年記念の感謝のミサと祝賀会があり,滋賀や千葉と遠くからもたくさんの方々がこのお祝いに駆けつけてくださったのです。
     ネリグ神父様は,8年生の時(皆さんでいうとちょうど中2です),「司祭になろうかな」という望みの種が心に蒔かれ,それからずっと神父様としての道を歩み続けておられるのです。しかも神父様は,メリノール宣教会の会員として,ご家族や祖国を離れて,遠い日本で生涯を,イエス様の福音(Good News)を伝えるために毎日尽くしておられるのです。司祭になられた時,中国に行くことを希望されたそうですが管区長様は「日本へ行ってください」と思ってもみなかった国へ送られたのです。それから60年間,ネリグ神父様は私たち日本の人々のためにイエス様のメッセージを伝え続けておられるのです。私たち一人ひとりは,神様からの特別のmission(使命)をいただいていますが,ネリグ神父様の生き方の中にその使命を生き抜かれている人の輝きと暖かさと優しさを強く感じた一日でした。私たちも自分のmission(使命)を一人ひとり大切にいたしましょう!

    今日の聖書からのみことばは,マルコ16章15節です。
    ―全世界に行って すべての造られたものに,福音(Good News)を宣べ伝えなさい

    ヨゼフ生の皆さんは本物の幸せが何かを知っていますから,このGood Newsを伝える人になれることと思いますよ。