学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2014年09月29日《校長コラム》9月29日

     今朝,中学3年生の81名が元気に研修旅行に出発しました。旅の安全と実り多い研修になりますよう祈りましょう。
     9月に入り,前期期末試験や中学総体などがありましたが,日頃の努力の結果を発揮できましたでしょうか。今週末には前期の終業式を迎えますし,通知表も渡されますね。ただ「何点で何番」にこだわるだけに終わらないで,ご自分の更なる次のステップへとつないでいってください。

     さて,私は4日前にフランスから戻って参りました。セントヨゼフ女子学園の精神の礎となっている,聖ヨゼフ修道会のルーツを訪ねる「心の旅」で,理事長のシスター中津と一緒でした。このプログラムに参加されたシスター方は,カナダ,USA,ペルー,アルゼンチン,インド,マダガスカルと色彩豊かな12人のグループで,10日間ですっかり一つの共同体になっていましたのでお別れは大変でした。もちろん皆,聖ヨゼフ会のシスター方です。

     1650年にル・プイで新しい生き方をスタートされた6人のシスター方のとても小さな共同室に立った時は,360年前に生きられたシスター方と同じ場で呼吸をしている自分の存在を不思議に思いました。6人のシスターは,まさか360年後,ご自分達が蒔かれた種が大海原をいくつも渡り,日本の地まで広がっていくとは,夢にも思っておられなかったことでしょう。神様の不思議な計らいです。

     また,フランス革命後,バラバラに寸断されていたシスター方を,今一度集め,聖ヨゼフ会を再建されたMother St. John Fontbonneの何事にも動じることなく,なすべきことを神様への愛のために捧げ尽くされた生き方を,Motherの故郷Bas-en-Bassetや入会されたMonistrol,そして後に修道院を発展させていかれたLyonへの巡礼の日に味わいました。Motherが小さい頃,洗礼を受けられた教会やその町並み,そしてバジリカの横にあるチャペルでよく祈られたその同じ場所で私も祈っている時,「日本からよく来ましたね。あなた方が日本で全力を尽くして神様のメッセージを伝えようとしていることをとても誇りに思っていますよ」と微笑みと励ましを贈ってくださっているようにさえ感じ,Motherがとても近い存在になりました。

     その最初の6人のシスター方やMother St. John Fontbonneの同じpassion,熱い想いがセントヨゼフの根です。根は目には見えませんが必ずあるのです。その情熱のDNAはセントヨゼフの生徒である皆さんの内にも脈々と流れているのです。その熱い想いをいつも燃え続けて,”Women for others”の心を育てていけますよう祈りましょう。

  • 2014年09月08日《校長コラム》9月8日

     明日から「前期期末試験」が始まりますが、この週末、中学総体や中井智弥先生のリサイタル、そして昨日の英語スピーチコンテストで活躍してくださったたくさんの生徒の皆さん、ヨゼフの生徒として立派にその役割を果たしてくださったことを心から誇りに思っておりますし、感謝しています。さすがヨゼフ生だなと思うことがたくさんありました。ありがとうございました。
     さて、今日9月8日、教会ではマリア様の誕生をお祝いいたします。Happy Birthday , マリア様!とマリア様の誕生とイエス様の母となられることを受け入れてくださったことを喜び称えます。この習慣はエルサレムで始まったようで、5世紀にはすでに祝日とされていたようです。ちょうど皆さんと同じ年代15歳~16歳頃、マリア様はイエス様の母となられることを知らされます。救い主の母となることは、大変栄誉のあることですが、同時にそれに伴う多くの困難や苦しみも「神様のお望みでしたら・・・」と雄々しく受け入れられたマリア様には、凜とした強さがあります。
     女性の鑑としてのマリア様は、私たちに清らかさ、優しさ、暖かさ、慈しみ、慎みの心を示してくださいますが、神様の想いを信頼して毅然と受けとめていかれる生き方がその根のところにあるのですね。私たちもマリア様の誕生をお祝いして、「アヴェ・マリア」をご一緒に祈りしましょう。ちなみに、「アヴェ・マリア」は「おめでとう!マリア様」という意味です。

    ―アヴェ・マリアの祈り―
     アヴェ・マリア、恵みに満ちた方、
     主はあなたとともにおられます。
     あなたは女のうちで祝福され、
     ご胎内の御子イエスも祝福されています。
     神の母聖マリア、
     わたしたち罪びとのために、
     今も、死を迎える時も、お祈りください。
     アーメン