学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2015年05月25日《校長コラム》5月25日

     新しい週のスタートです!マリア様の月と言われる5月も残り少なくなってきました。高校総合体育大会へ向けて、しっかり心と身体を整えていってください。応援しています!そして、この季節にしかない新緑の清々しいシャワーを、私たち一人一人しっかり意識して味わいましょう。

     さて、「自らの可能性を見つけよう」というテーマでお話しいただいた佐藤美里菜さんの講演会はいかがでしたか。土曜日にありましたお母様方のSS講座(School Spirit講座)で、皆さんの反応を分かち合っていただきました。「余りにも知らない違った世界のことをお聞きしてすごくショック、衝撃的だった」、「とても刺激になった」とか、あるいは「私には無理!」というコメントもあったようです。学校であったことを、お家で分かち合ってくださっていることはすばらしいことであり、とても嬉しく思いました。
     最後の「私には無理!」というコメントも、何だかついつい出てきそうな感想ですよね。でも、思い出してください。「無理」とか「私にはできない!」と断言してしまうと、そこで行動(action)は止まってしまうのでしたよね。そして本当に言葉どおりにできないことになってしまうのです。断定してしまわないで「今の私にはちょっと難しいけれど、はじめの一歩を踏み出してみよう!」と6年前の美里菜さんもスタートしたのではなかったでしょうか。彼女自身、この夏には、今まで知らなかった企業インターン・シップにチャレンジしてみるとおっしゃっていました。まだまだtryし続けて、ご自分の可能性に磨きをかけておられるのです。皆さん一人一人も可能性の塊です。断定してしまわないで、いつも前向きにtryしていきましょう!actionに移していけば必ず次の扉も開いていきます。

     土曜日の「朝の祈り」でペンテコステ、聖霊降臨祭についてお話していただきましたが、昨日の日曜日がそのお祝い日でした。神様に生命をいただいている私たちに、神様はいつも息吹を送ってくださっています。この神様の息吹が聖霊なのです。英語ではHoly Spiritと言います。人間である限り、この神様の息吹、Spiritはすべての人に注がれているのです。そのSpiritの実りには9つあります。もちろんあなたの内にもこの実りは宿っていますよ。聖書からその9つをいただきましょう。ゆっくりあなたの心の中で確認してみてください。

    ― 聖霊(Holy Spirit)の結ぶ実は、
      愛(love)であり、喜び(joy)、平和(peace)、寛容(patience)、親切(kindness)、善意(goodness)、
      誠実(faithfulness)、柔和(humility)、節制(self-control)です。
                           ガラテヤへの手紙 5章22-23節

     こんなにすばらしい実りをいただいているあなたです。自信をもっていろいろなことにチャレンジしてみてください。

  • 2015年05月11日《校長コラム》5月11日

     4月7日の入学式、そして8日の始業式から1ヵ月余りの今日この頃ですが、皆さんのヨゼフでの学園生活はいかがですか。今年は桜の美しさを長く味わうことができましたね。そしてこの一ヵ月、たくさんの出逢いをいただきました。新しいクラスのスタートで今まで気づかなかったお友達との新しい出逢いや、また宿泊研修や遠足の思い出もたくさんありますね。そして何よりもマニラのウッドローズ(Woodrose)姉妹校からの生徒と先生、20人の「おもてなし」の10日間は、自分の新しい面に気づき、人と人との関わりの深さを体験するすばらしい機会になりましたね。若い皆さんの感受性の豊かさを見ていますと、この1ヵ月たくさんの体験を通して力強く変化していく皆さんの成長ぶりを頼もしく思っています。その息吹は新緑の清々しさを運んできてくれます。
     その関わること、出逢うという点で皆さんと分かち合いたいことがあります。昨日、私は「久居ロータリークラブ 創立20周年記念」にご招待をいただき参加させていただきました。セントヨゼフは「インターアクト」を通して特に久居ロータリークラブの皆様から深い関わりとサポートをいただいております。例えば中3のキャリア講座、クリーン作戦、韓国研修派遣、そしてウォーカソンにも共に歩いてくださり、参加者にお茶を配ってくださるのはこの久居ロータリークラブの方々なのです。「人々への奉仕と世界の平和」への想いがとても強く、そのために協力して活動しておられます。前葉市長様はじめ20周年記念ということで、他のブロックのメンバーもたくさん出席しておられ、私も文字通り新しい出逢いをたくさんいただきました。お名刺を交換します折、驚くほどたくさんの方から「私の娘もセントヨゼフでお世話になりました」とご挨拶いただいたのです。「何期生でいらっしゃいますか」とお尋ねすると、「何期生でしょうかね・・・もう40歳近くになります」とか「30位になると思いますよ」とおっしゃるのです。お嬢様方はそれぞれ社会の第一線で活躍しておられるようで、お声をかけていただけたことをとても嬉しく思いました。またあるお父様は、会社の幹部の方ですから、就職に関しては、いくらも手助けすることができたのだそうですが、ヨゼフの卒業生であるお嬢様は、「自分の人生だから」と自分で道を選び、努力に努力を重ねて、今は都立の英語の教師をなさっているとかで・・・そのお父様は「ヨゼフの教育のお陰で、しっかり自立した生き方をしてくれています」と嬉しそうに話してくださり、「親バカですが・・・」とかわいいお孫さんの写真まで見せてくださいました。
     次々とお声をかけてくださるヨゼフの卒業生のお父様から、私はたくさんの励ましと喜びと、エネルギーをいただきまして、長い関わりの深さを味わう一日となりました。
     ヨゼフの卒業生と言えば・・・今日から皆さんの先輩方が教育実習生として共にいてくださいます。その方々との出逢いを通して、昨年から取り組んでいる「ヨゼフ生とは・・・」の問いかけ、ヨゼフ生としての生き方を学ぶよい機会になればと望んでいます。