学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2016年09月12日《校長コラム》9月12日

     昨日 ” September 11 ” は,アメリカでの過去最大のテロ事件で,3000人以上もの方々の尊い生命が一瞬にして奪われた追悼日でした。2001年の出来事でしたから,皆さんの中にはまだ生まれていなかったり,まだ幼くてその日の映像を覚えていない人も少なくないかもしれません。どれ程たくさんのご家族が心張り裂ける思いをされたことでしょう。15年経っても,その心の傷は癒やされることはないでしょう。
     残念なことに,テロ事件は今も絶えることなく,毎日たくさんの無実の子供たちが巻き添えになっています。祈りましょう!本当に心から世界の平和の訪れを願って祈っていけるのは,私たちだと思います。

     皆さんが全力を尽くして活動してくださっている「ウォーカソン」も,世界の貧しい子供たちに学校で学べるチャンスをお贈りしたくてがんばっていますよね。本当の世界の平和を築いていくのには,次世代の子供たちへの良い教育が欠かせません。ただ知識(Knowledge)を教えるだけではなく,人間としてどのように生きていけばよいのか,その知恵(Wisdom)を伝えていくのが真の教育だと思います。

     皆さんは,セントヨゼフでこの両方,知識も知恵も学んでいるのですよ。在学中はこれが当たり前だと思っているかもしれませんが,卒業してから当たり前ではなかったのだと気づくようです。卒業生がよく「卒業してみて改めて感謝しています」というメッセージを送ってくれます。先生方にとって,最も嬉しいメッセージです。

     今朝,葉 祥明さんの『心に響く祈り』からの抜粋を,皆さんの心にお届けしたいと思っています。「本当の平和って何かしら?」の問いかけを心に留めながら,耳を傾けてみましょう。
     「人は決して,自分だけで生きている訳ではないし
      自分だけのために生きているのでもない。
      人は皆,誰かのために生き,誰かのおかげで生きているのです。」

     「自分だけが正しいと思ってはいけません。
      自分だけが苦しんでいると思ってはいけません。
      人それぞれに正しく,人それぞれに苦しんでいるのです。
      そのことをよく分かって互いに励まし合い,学び合い
      成長していきましょう。」

    この詞をよく味わって,自分の心の平和と世界の平和に心を向ける一日にいたしましょう。

  • 2016年09月05日《校長コラム》9月5日

     9月の声を聞き,夏休み明けの再スタートを切ったばかりの学校も少なくない中で,二学期制をとっているセントヨゼフでは,明日から前期期末試験が始まります。
     9月30日には前期終業式も行われますし,ますます本学園のマスコット・キャラクター,メリーちゃんとハリーくんの活躍の時です。二人合わせて「減り・張り(メリハリ)」でしたね。

     皆さんは最近特に「勉強しなさい!」と,ご家族の方や先生方に呼びかけられていませんか。
     ところで,この呼びかけは皆さんの心にまで届いていますか。多くの場合は「しなければいけないとわかっているんですが・・・今一つ,力が入らないんです。」と感じていませんか。
     その力が入らない大きな原因の一つは,試験を受けるあなたに主体性が充満していないからではないでしょうか。試験があるから,仕方がないから受ける・・・こうなると「受けさせられている」ということに終わってしまい,あなた自身の「私が受けます!」という主体的な姿勢が抜け落ちているのです。

     セントヨゼフの学校案内のポスターやブックレットに繰り返し用いられる一つのフレーズがあります。気づいていますか。
     そう,” Why do you study ? ”です。
    Why do you study ? あなたなら,どのように応えますか。

     日本の中学生・高校生として学ぶ機会をしっかりいただいている皆さんは,自分で望めば,どんどん広く深く学んでいくことができます。充足していますので,逆に自分から必死に追い求めなくても,十分に満たされています。つまりhungryではない状態ですね。

     シスター吉田を通して,皆さんが出逢ったシエラレオネの子供たち,卒業生の佐藤さん・喜多さん・アウドゥさんを通して出逢ったカンボジアの子供たち,いつかビデオで紹介したガーナのカカオ園で働く子供たち,そして実際にフィリピンで出逢ってきたセントハンニバル校の子供たち,どの子も「勉強したい!」と心から願っていましたね。あの子供たちの輝く瞳を思い出しましょう。

    ― Why do you study ? ―

     それは将来,皆さん一人ひとりがそれぞれの立場で人々を幸せにする “ Women for Others “ になるためです。あの子たちが待っています。あなたの助けを必要とするたくさんの人たちが,あなたを待っているのです。

     一人ひとり,あなたの心の深いところにある,あなたのモチベーション(motivation)を見つけてください。モチベーションとはわかりやすく表現しますと・・・あなたの助けを必要とする人の,心の叫びに気づくことです。
     そのモチベーションによって,勉強に対しても,試験に対しても,あなたの生きる姿勢は明らかに変化していくことでしょう。