学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

校長コラム

2017年
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
10月
09月
08月
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
03月
2010年
12月
09月
  • 2016年10月31日《校長コラム》10月31日

     10日程前のことになりますが,今日は10月22日にお祝いしました「カロンデレットの聖ヨゼフ修道会 来日60周年記念」について皆さんと分かち合いたいと思います。

     セントヨゼフ女子学園の創立60周年は3年後の2019年ですから,そのちょうど3年前に最初の4人のシスター方が2週間にも及ぶ船旅の末,1956年8月14日に横浜港に到着されました。その後,学校建設のための土地探し,学校法人設立のためのとても煩雑な手続き,そして何よりもシスター方は京都で日本語学校に通い始め,日本語という大きな壁にチャレンジしていかれたのです。

     現在のセントヨゼフの敷地は,何と30人近い方々の所有地で,田んぼだったようです。それぞれのご意見も食い違い,「手放したくない!」という方も何人かおられ,交渉は難航していました。ほとんどあきらめ,四日市方面を探さなければと話していた矢先,不思議なことに3月19日,聖ヨゼフの日の朝,地域の会長様が来られ「全員一致いたしました」と告げられたのです。

     来る日も来る日も,水平線しか見えない2週間を荒波に揺られながら,4人のシスター方はどんなことを感じ,何を祈っておられたのでしょうね。

     そして遂に1959年4月,第一期生が誕生することになります!

     今回の記念行事は,イエス様の想い「皆が一つになるように!」を大切にした集いで,お招きした方々は,現在皆さんを育てていてくださる現職の職員の方々,創立以来の旧職員の方々,それに卒業生も含む約150名の皆さんが時代を超えて脈々と流れているセントヨゼフの伝統と精神をもう一度ゆっくり味わうひとときをいただきました。

     旧職員の中には岡山の倉敷から駆けつけてくださった方があり,また東京から来てくださった卒業生もいて,時と場を超えて結ばれている「ヨゼフの仲間」としての不思議な一体感を味わった一日でした。もちろんメインは感謝のミサで,在校生の皆さんのようにしっかり聖歌を歌いました。” Joseph Our Certain Hope “はやはり閉祭の歌でした。

     今回のハイライトの一つは,最初の4人のシスター方に続き,翌年来日されたSister Kathleen StackがSt. Louisから来てくださったことです。最初の4人のシスター方は今みな天国にいますので,残っている自分が参加しなければと強く感じられたそうです。ところがこのシスターは,飛行機が大嫌い人間で,アメリカ国内でも移動はいつも車で,飛行機には決して乗らない方ですのに,St. Louisから日本までの14時間,よくがんばられたと感心してしまいます。「他の方をお喜ばせしたい!」というモチベーションは,私たちの想像を絶するような力を湧き起こします。不思議な力です。因みにSister Kathleenは現在90才になられました。明るくてその笑い声は周りの人々の心にポッと灯りをともしてくださいます。

     一期生の方々は,翌日もシスターを訪問され,懐かしい楽しい時を過ごされました。60年間のいろいろな分かち合いに花が咲き,楽しそうな笑い声が絶えない数時間でしたが,ふと静かになられたのでどうなさったかと思っておりましたら,カロンデレット館の教室に移動され,校歌をはじめいろいろな聖歌を次々と皆で合唱されていました。卒業以来という方もおられましたが,ヨゼフはそういういつでも” Home Coming “ができる場であり続けたいと願っています。

     私たちも3年後の60周年に向けて,ヨゼフのメンバーであることに誇りをもって歩んでまいりましょう!