学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

進路

2017年
06月
04月
03月
02月
01月
2016年
09月
08月
07月
06月
04月
2015年
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
12月
08月
07月
2012年
10月
06月
2011年
09月
08月
2010年
10月
07月
06月
2009年
09月
04月
  • 2017年06月13日3年生が同志社女子大学で進路学習を行いました

    6月8日(木)、3年生の進路学習として同志社女子大学に行きました。今年も看護学部と学芸学部情報メディア学科の講義を聴きました。情報メディア学科の講義は、「写真から何が読み取れるか」をテーマに物事の見方を教えていただきました。看護学部では聴診器の使い方など実際の器具を使わせていただきました。例年本校のために授業を用意してくださる同志社女子大学に感謝致します。体験した生徒たちが将来の進路選択に生かし、現在の学習の重要性に気づいてくれることを願います。

    翌日6月9日(金)には進路学習の事後学習を行いました。まず昨日同志社女子大学で学んだことの振り返りをまとめました。そして次に、現在自分が関心を持っている学部を本やインターネットで調べました。どの学部でどのような勉強ができるのか。その学部に行くためにはどのような勉強が必要なのか、などを調べました。将来の進路を自分で選択できるように、そのために必要な学力をつけるためのきっかけとなれば良いですね。

  • 2017年06月13日2年生がキッザニア甲子園で進路学習を行いました

    6月8日(木)、2年生の進路学習としてキッザニア甲子園に行きました。それぞれが希望の職業体験を予約し、本物と同じユニフォームや設備を使わせていただき体験を行いました。他校の生徒とも一緒に体験をするので、他者を知ることにもつながります。1人で7つの職種を体験した生徒もいました。
    皆自分の将来を描くきっかけとなり、そこから今必要な学習に対する意欲が高まってくれることを願います。

    翌日6月9日(金)には進路学習の事後学習を行いました。5月に書いた仕事に対する意識が、昨日の体験でどう変わったかを書きました。「仕事はお金のためにするものとだけとらえていましたが、体験により人に喜んでいただくためにしたい」と意識が変わった生徒もいました。将来を考える良い機会になったようです。

  • 2017年04月24日4年・5年の進路講演会を行いました

    4月19日(水)・20日(木)、4年生と5年生の進路講演会を行いました。今回は、河合塾中部営業部の後藤知貴様にお越しいただきました。

    大学受験は全国大会であり、甘く考えていてはいけないというお言葉から始まり、高校では学習する量が中学の時に比べて5倍に増えること、大学入試センター試験では高1・2の学習内容が出題される問題の8割を占めることなどをお話いただきました。4年生には日々の学習の大切さや入試の多様化について、5年生には大学入試についてより具体的に、学年に沿った内容で分かりやすくお話しいただきました。

    学年のスタートに当たり、意識を高く持ち、自分の進路実現に向けて学習を進めることが大切です。そのためにとても良い機会となりました。

  • 2017年03月21日4年生が小論文発表会を行いました

    3月16日(木)、4年生が小論文発表会を行いました。これは年間を通して取り組んでいる小論文の添削を受けて発表するものです。1.テーマの理由、2.添削後のリライトでの改善点、3.筆者の意見のまとめ、4.自分の意見、の順に5分間で発表しました。

    「国際化があぶりだす排外意識について」発表した生徒は、留学によって他者との違いを認める意識が生まれたと話しました。またグローバル社会において異文化を受け入れるには興味を持つことが必要だと主張する生徒もありました。
    「労働と競争と協働」について発表した生徒は、協働とは学び合いであり、人間関係を築くには相手の立場を想像することが大切だと意見を述べました。

    このような機会を通して生徒が社会に目を向け、自分の将来を考えるきっかけになれば良いと思います。

  • 2017年03月18日3年生が夢宣言を行いました

    3月15日(水)視聴覚室にて3年生が夢宣言を行いました。これは毎年中学の課程を修了する3年生が行っているものです。現時点での将来の夢を学年全体に向けて宣言することで弾みを付け、新たな一歩を力強く踏み出して欲しいと企画しています。

    ある生徒は助産師を目指し、妊婦さんに寄り添いたいと宣言しました。薬剤師になりたいと言った生徒は、苦手な数学を克服し読書もしていきたいと宣言しました。また、教師が夢という生徒は思春期の生徒の心に寄り添いたいと宣言しました。将来フェアトレードをしたいと宣言した生徒は世界とつながることが目標だと述べていました。この他、警察官、編集者、臨床心理士、秘書、学芸員、翻訳家など、生徒はさまざまな夢を宣言しました。具体的な大学や資格を挙げる生徒もいました。

    中にはまだはっきり決まっていない生徒もいましたが、皆人の役に立ちたいという気持ちを持っており、セントヨゼフでの3年間が生きていると実感しました。これから夢を見つける人もすでに持っている人も、さまざまな機会に積極的に挑戦し自分の未来をつかみ取ってくれることを祈っています。

  • 2017年02月10日6年生講話2日目が行われました

    2月10日(金)のロングホームルームで、4・5年生向けに6年生講話を行いました。今回は、どのようにして進路を決定したのか、その進路に向けての勉強法などを、1人1人具体的に語ってくれました。
    少し先を行く先輩の実体験とあって、現実味のある内容にみな聴き入っていました。進路選択や受験勉強の参考になったことと思います。

  • 2017年02月09日6年生講話1日目が行われました

    2月3日(金)のロングホームルームの時間に、進学先の決定した6年生による講話を行いました。1・2・3年生に向け、学習方法や部活、友人関係など学園生活における経験を語ってくれました。中学生は皆真剣に聴き、メモを取っていました。
    2月10日(金)には4・5年生に向けての6年生講話が行われます。

  • 2017年01月31日大学入試センター試験が行われました

    1月14日(土)・15日(日)に大学入試センター試験が行われました。本校の6年生も三重大学の各教室で試験に臨みました。1日目は心配された雪も降らず、生徒たちは皆緊張した面持ちで現れましたが、担任の先生の顔を見ると笑顔を見せてくれました。2日目は雪がひどく、試験時間が1時間繰り下げになりました。誰も遅刻することなく到着でき、無事終えることができました。

    まだまだ受験が続きます。6年生の皆が全力を尽くし良い結果が出ることを祈っています。 

  • 2017年01月11日第1回保護者対象教養講座が行われました

    12月3日(土)の14:00~15:30に今年度の第1回保護者対象教養講座が行われました。今回は中学年の保護者の方を対象に、上智大学大阪サテライトキャンパス事務センターの平野美香様にご講演いただきました。
    上智大学の入試制度から英語の外部試験であるTEAPについて詳細にご説明くださいました。また留学制度や大学生活についてもお話いただきました。その後進路指導部よりセンター試験に代わる大学入試について、現時点で明らかになっている点や必要とされる学力について説明させていただきました。
    保護者の方々は時折メモを取られながら熱心に聴いてくださいました。毎回ご参加いただく保護者の方もいらっしゃいます。本校の教育へのご理解とご協力に感謝いたします。

  • 2016年09月15日9月9日(金)3年進路学習

    3年生は進路学習として、岡三証券に伺い、デジタルドームシアター神楽洞夢の鑑賞と証券の仕組みについて学びました。
    理科の授業で天体を学んだ後に設定しており月や星の動きについて理解が進んだことと思います。証券の仕組みについては難しい内容もありましたが、知らなかった世界に目を向けることができました。今年度末の夢宣言につなげていきます。