学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

進路

2017年
10月
09月
07月
06月
04月
03月
02月
01月
2016年
09月
08月
07月
06月
04月
2015年
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
12月
08月
07月
2012年
10月
06月
2011年
09月
08月
2010年
10月
07月
06月
2009年
09月
04月
  • 2012年06月06日外務省「高校講座」が行われました

    5月24日(木)外務省から講師をお招きし,中学3年生と高校生を対象に「国際協力と価値観(外国はおもしろい)」というテーマで「高校講座」をしていただきました。特に高校生にとっては,今後の進路を考える上で大変有意義なお話しであったと思います。
    〔要項〕
    目 的:外務省職員のお話から,高校生の外交・国際問題に対する理解を深めるとともに,今後の進路を選択する際の参考となるよう,外務省及び職業としての外交官に対する。理解の促進を目的とする。
    講 師:外務省国際協力局国別開発協力第一課(インドネシア担当)吉田 憲正 様 
    内 容:
    ①クイズ ~国際社会に関する10のクイズ~   
    ②外務省の仕事
    ③ODA(政府開発援助)~国際社会での重要な責務~
    ④外国の価値観 ~タイ・アメリカ・南アメリカでの暮らしを通してのお話~
    ⑤質問に答えて

    〔講師の吉田さんからのメッセージ〕
    ○思い立ったが吉日
    ・行動力
    考えたことを行動に移す力を身に付ける。(行動力が実現力となる)
    ・思い立ったが吉日
    なにをするにも「はやすぎる,おそすぎる」はない。
    ・将来を見据える
    自分が変われば,未来は変わる。
    ・あきらめない
    やりたいことは直ぐにはできない。やりたいことができるようになるには時間がかかる。
    ○外国へ行く
    ・外国に行く
    外国に出ると自分が「日本人」であることを強く意識する⇒自分や日本を客観的に観るよい機会。
    ・Identity を持つ
    自分を見つける。
    ・英語を身に付ける
    英語は学習・コミュニケーションに必要なツール。

    〔生徒の感想〕
    ○国際社会ということばをよく耳にする今,本当の意味でグローバルになるように架け橋になってくれているのは外交官。私もなりたいと強く思いました。
    ○今日のお話を聞いて,今までよく知らなかった外務省の仕事について知ることができました。外国の文化を学ぶことは,とても楽しそうだなと思いました。外国の価値観の違 いを改めて感じ,その国それぞれの人間性や文化があると感じました。私も海外に出て,世界中の人々と関わることのできる職業に就きたいと思いました。
    ○今まであまり知らなかった外務省の仕事について知ることができ,少し身近に感じられるようになりました。世界に目を向けるとまた新たな世界が見えてくるような気がしてきました。