学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

進路

2017年
06月
04月
03月
02月
01月
2016年
09月
08月
07月
06月
04月
2015年
06月
05月
03月
02月
01月
2014年
12月
08月
07月
2012年
10月
06月
2011年
09月
08月
2010年
10月
07月
06月
2009年
09月
04月
  • 2017年03月21日4年生が小論文発表会を行いました

    3月16日(木)、4年生が小論文発表会を行いました。これは年間を通して取り組んでいる小論文の添削を受けて発表するものです。1.テーマの理由、2.添削後のリライトでの改善点、3.筆者の意見のまとめ、4.自分の意見、の順に5分間で発表しました。

    「国際化があぶりだす排外意識について」発表した生徒は、留学によって他者との違いを認める意識が生まれたと話しました。またグローバル社会において異文化を受け入れるには興味を持つことが必要だと主張する生徒もありました。
    「労働と競争と協働」について発表した生徒は、協働とは学び合いであり、人間関係を築くには相手の立場を想像することが大切だと意見を述べました。

    このような機会を通して生徒が社会に目を向け、自分の将来を考えるきっかけになれば良いと思います。

  • 2017年03月18日3年生が夢宣言を行いました

    3月15日(水)視聴覚室にて3年生が夢宣言を行いました。これは毎年中学の課程を修了する3年生が行っているものです。現時点での将来の夢を学年全体に向けて宣言することで弾みを付け、新たな一歩を力強く踏み出して欲しいと企画しています。

    ある生徒は助産師を目指し、妊婦さんに寄り添いたいと宣言しました。薬剤師になりたいと言った生徒は、苦手な数学を克服し読書もしていきたいと宣言しました。また、教師が夢という生徒は思春期の生徒の心に寄り添いたいと宣言しました。将来フェアトレードをしたいと宣言した生徒は世界とつながることが目標だと述べていました。この他、警察官、編集者、臨床心理士、秘書、学芸員、翻訳家など、生徒はさまざまな夢を宣言しました。具体的な大学や資格を挙げる生徒もいました。

    中にはまだはっきり決まっていない生徒もいましたが、皆人の役に立ちたいという気持ちを持っており、セントヨゼフでの3年間が生きていると実感しました。これから夢を見つける人もすでに持っている人も、さまざまな機会に積極的に挑戦し自分の未来をつかみ取ってくれることを祈っています。