学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2013年09月30日2013年9月30日の朝の祈り

     9月30日,一つの節目の時ですね。4月から半年が経ちました。あなたは今どこに立っていますか?そして残された半年を,どのように過ごしていくのかを選びとっていけるのは,あなた自身なのです。
     明日からの定期試験は,あなたがこれまでの半年をどのように過ごしてきたのか,そしてこれからの半年をどのように過ごしていきたいのかを,じっくり見つめていくよいチャンスです。「メリーちゃん」と「ハリーくん」の出番です。メリハリをしっかりつけていくgood chanceにいたしましょう!自分がいただいている力を最大限に活かして,自分の立ち位置の節目をつけてください。
     私は明日から10日程,ひとりの英語科の先生とミズーリ州にありますセントヨゼフの姉妹校を4校訪問しまして,将来のいろいろな可能性を実現していきたいと望んでいます。その4校とは,二つの大学と二つのHigh schoolです。St. LouisではSt. Joseph's AcademyとFontbonne University,そして,Kansas Cityでは,St. Teresa's AcademyとAvila Universityの4校です。
     3月のLos Angelesの海外研修に参加した人は,St. Joseph High SchoolとSt. Maryy's Academy,そしてMount St Mary's Collegeを訪問してきていますが,セントヨゼフには同じヨゼフの精神を生きているたくさんの姉妹校があり,皆さんにはたくさんのヨゼフの仲間がいるのです。
     11月の集会で,皆さんのミズーリ州の仲間についていろいろな報告ができますよう,私も一日一日を大切に過ごしてきたいと思っています。皆さんも将来の夢の実現に向かって,毎日こつこつ努力していってください。夢を夢で終わらせないために,あなたの夢への熱い情熱と,日々コツコツと誠実に取り組む姿勢を決してくずさず続けていけば,夢が夢で終わることはないと信じます。
     "God bless you!" and "Do your best!"

  • 2013年09月27日2013年9月27日の朝の祈り

    今朝はまず、「コリント人への第二の手紙第9章」から、次の言葉を味わいたいと思います。
     
    おまえは、惜しみながら種を蒔いているのか。
    では、収穫のときには少なく刈り取るであろう。
    しかし、豊かに種を蒔くならば、
    おまえはたっぷりと収穫できるだろう。
    なぜならば、神は喜びながら多く与える者を愛するからである。

    惜しみなく人に与える心とは、言うまでもなくヨゼフが大切にしてきた精神ですね。先日の集会では、教育実習のために母校に戻ってきた卒業生の多くが、この精神の大切さを自分の体験を交えてみなさんに語ってくれました。6年生のある生徒は次のような感想を書いてくれましたのでその一部を紹介します。

    私は今、大切なことを自然に学べる環境におかれていることに感謝しています。受験勉強に追われて忙しい今、周りの友達への配慮の気持ちが欠けてしまっているかもしれません。どんなに自分が忙しくても、友達に優しく接する心は忘れないように心がけ、また今できることを最後まで諦めずにやり抜こうと思います。

    人からのアドバイスに対してこんなふうに素直に感じてくれるのもヨゼフの生徒のよさだとうれしく思います。これからもヨゼフの精神を大切に守っていきましょう。

  • 2013年09月26日2013年9月26日の朝の祈り

    今日は授業についてお話しします。
    毎日6限あるいは7限の授業がありますね。皆さんは授業を受けていますか?それとも授業に参加していますか?

    授業では、皆さんが頷いたり,首を振ったり,あるいは「あの~先生」と質問したりしてくれると,何人くらい分かってくれているのか,ここはもう少し具体的な説明が必要だなと,準備や予想だけでは計り知れない流れができてきます。そんな授業ができると,私はとても嬉しくなります。
    それは、私が一人で授業しているのではなく,皆さんも一人で学習しているのではないと強く感じるからです。
    皆さん一人一人が一緒に授業をつくってくれていると感じるからです。
    特に,夏休み後の,6年生の授業では、はっきりとした目的を持って切りこんでくれることが多くなりました。授業をしていて,私も大いに刺激を受け,楽しんでいます。
    授業は与えるものではなく,受けるものでもなく,皆さん一人一人と,友達と教師が一緒に作り上げていくものだとあらためて実感しているこの頃です。

    それでは今朝は「コヘレトの言葉」から

    一人よりも二人がよい。
    ともに労苦すれば,その報いはよい。
    倒れれば,一人がその友を助けおこす。倒れてもおこしてくれる友のいない人は不幸だ。一人が攻められれば二人でこれに対する。
    一本より二本,二本より,三本,三よりの糸は切れにくい。

  • 2013年09月25日2013年9月25日の朝の祈り

    今日の朝,みなさんはどのように過ごしましたか?図書室で自習してからクラスに向かう6年生の姿を見ていると,その白い制服と相まって,3月に全国へと巣立つ前の羽ばたきの準備をしているようで,真剣なまなざしに,心引き締まる思いがします。

    みなさんは「朝活」という言葉をご存じですか?平成20年頃からの流行語で,文字通り「朝の時間を使って活動する,」ことです。英会話を朝20分習ったり,異文化交流として業界・年齢問わず情報交換することを目的としたり,FACE BOOKを介してその活動の輪は広がり,内容や参加者の職種は今,多種多様にわたっているそうです。

    原宿を中心に朝食のパンケーキ戦争で長蛇の列ができたり,チェーン展開しているコーヒーショップが早朝からオープンしているのも,この流行が発信源になっていると言われています。

    勉強中心の朝活と分けて,9月2日から6日にかけて「EXTREME 出社大会」というイベントも催されました。こちらはもっと極めていて,早朝から観光や海水浴,登山などのアクティビティを満喫して,そこから華麗に定時出社をするイベントで,参加者は「出社ニスト」と呼ばれているそうです。
    このような活動のメリットは
     ・朝の時間を有効活用することができる。
     ・見識,価値観を広げることができる。
     ・多種多様の人と交流することで,コミュニケーション能力が伸び,人脈が広がる。
    などです。

    ただし必ず守らなくてはいけないことは,遅刻や半日休暇を取ることは絶対にしないこと。朝活したからこそ,より精力的に仕事をこなすのが理想だそうです。このイベントに参加することにより,「遊び」と「仕事」の自分の中で守るべき一線が見えてきた,そんな感想も書かれていました。

    朝を有効に使うことは,その日一日の気分を爽快にすることにもつながります。
    テストも近づいてきました。ここまで極端でなくても,明日からあなたなりの「朝活」を始めて見るのはどうでしょうか? それでは聖書の御言葉をご紹介しましょう。

    ヘブライ人への手紙第3章
    あなたがたのうちだれ一人,罪に惑わされてかたくなにならないように,「今日」という日のうちに,日々励まし合いなさい。ーわたしたちは,最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら,キリストに連なる者をなるのです。

  • 2013年09月24日2013年9月24日の朝の祈り

    Good morning, everyone.
    In my last morning broadcast I told you that my older son is learning a little about life. He is a typical 8-year old boy, though, and says that he doesn’t enjoy school (I think he does, really, but he doesn’t like to say so). He is now in the second grade at elementary school and is of course learning a lot of kanji in his Japanese lessons. He has reading homework almost every day and I am teaching him to read English, too. However, he doesn’t enjoy reading by himself much. He enjoys listening to the stories that I read to him, but at the moment he thinks it isn’t interesting to read by himself. I really hope he changes his mind soon because I think that books are truly wonderful things which can teach us so much about the world we live in. Many of you have a few minutes of reading time just before this broadcast every morning. I love to watch your faces when you read. I wonder what you are thinking about and into which world your book is taking you. At this school we’re very lucky to have a great library with a large choice of interesting books, both Japanese, of course, and English. Perhaps you think that you’re too busy with school work to do any reading. Well, I’m sure that’s not true. However busy you are with school work, however many tests you have, it’s very important to find a little time each day to escape into another world with a really good book.
    Happy reading, everyone, and have a lovely day.

  • 2013年09月21日2013年9月21日の朝の祈り

    今日は,休日の過ごし方についてお話ししたいと思います。
    ある調査によると,中高生の休日の過ごし方は,複数回答で「何もしないで休養をとる」という回答が約7割で最も多く,次に「友だちと遊ぶ」が約6割となっています。また,約5割近くの人が「部活」・「勉強」と回答しています。

    他にもたくさん休日の過ごし方はありますが,皆さんはどのタイプに当てはまりますか。

    休日を一週間の疲れを癒す時間に当てることもよく分かりますが,休日にしかできないこともたくさんあります。前日に計画を立てて,実行すれば,有意義な一日を過ごすことができ,その成果がきっと休み明けの活力になると思います。

    さて,明日,あさっての連休,皆さんはどのように過ごしますか。今日の夜,必ず連休中の計画を立てましょう。

  • 2013年09月20日2013年9月20日の朝の祈り

    今朝は6年生の週番日誌から、一部抜粋して皆さんに紹介します。

    「最近は、模試などで土日も休みがないので、久しぶりの3連休は不思議な
    ことに長く感じました。スケジュール帳をみると、今日で定期テスト2週間
    前です。万全の状態で臨みたいです!!センター試験まであと123日という
    話を友だちとしていると、受験生であることを改めて実感します。」

    将来に向かっていろいろな不安を抱えながら、私たちは毎日頑張っています。

    今日は、マテオによる福音第6章から、この言葉をご一緒に味わってみましょう。

    「明日のことのために今日あれこれと心配しないように。あしたのことは、明日みずからが心配すればいい。今日一日の労苦は、今日一日だけで十分足りている。」

    皆さん、今私たちの目の前にあることに、一生懸命取り組みましょう。今日一日がよい日でありますように。

  • 2013年09月19日2013年9月19日の朝の祈り

    先日も台風18号が日本の各地で猛威をふるいましたが,毎年のように,地震,津波,竜巻,台風,大雨,洪水,落雷などが起きています。
    これらはどれも人間がコントロールできない巨大な自然現象です。言葉を換えれば,怪物と言ってもよいでしょう。
    怪物的な自然現象と対決しても勝てないのは明らかですから,怪物が迫ってきたら,できるだけ安全な場所に逃げ,通りすぎるのをじっと待つしかありません。

    旧約聖書『ヨブ記』にはレビヤタンという竜のような怪物が出てきます。
    ヨブ記の主人公であるヨブは,何も悪いことをしていない善良な人間であったにもかかわらず,理不尽に苦しみの人生に突き落とされました。
    ヨブに与えられた苦難は,レビヤタンに象徴される怪物的な現象と同じく人間にはどうにも手に負えないものです。
    ヨブ記には「神は善いものだけではなくレビヤタンをも創造した。それゆえレビヤタンを征服することができるのは神だけなのだ」ということが書かれています。
    この世に起こるすべての出来事は神の計画による,ということに気づいたヨブは神に応えて言います。
    「あなたのことを,耳にしてはおりました。しかし今,この目であなたを仰ぎ見ます。それゆえ,わたしは塵と灰の上に伏し,自分を退け,悔い改めます。」

    私たちも怪物に遭遇してしまったらどうしたらいいでしょうか。
    つらい出来事の記憶は消えません。
    けれども,災いも含めてこの世に起こるすべての出来事は神の計画による,ということをヨブのように信じて,これまでに起こったことを受け入れることができれば,人生という道を前向きに歩いて行くことができるのでは,と思います。

  • 2013年09月12日2013年9月12日の朝の祈り

    気温が連日35度を超えて、最高記録ずくめだった今年の夏も、ようやくここに来て過ごしやすくなり、朝夕は少し肌寒さを覚えるような季節に移り変わってきました。

    2013年も3分の2が過ぎ、残すところ4ヶ月足らずとなりました。
    6年生は、センター試験まで約4ヶ月、いよいよ大学受験が目前に近づいてきたことが実感として感じられるようになってきたのではないでしょうか。志した進路目標を下方修正せず、最後まで諦めないで、悔いを残さないよう精一杯チャレンジしてくれることを願っています。

    5年生の皆さん、今から卒業までの1年半は驚くほど、アッという間に時間が過ぎていきます。しっかりと卒業時のゴール(目標)を見定めて、「毎日が勝負」と自分に言い聞かせてください。授業中、ウトウトと居眠りしている場合ではありませんよ。

    4年生から1年生の皆さん、将来自分の生き方を自分自身で決めていくために今からしっかりと体と心を鍛えてください。また一つ一つの行事に、関心を持って、積極的に取り組んでクラス力、学年力をアップさせていきましょう。

    苦しいときに助けてくれるのは、同じ経験をしているクラスの友人であり学年の仲間です。3月に「このクラスで良かった」、卒業の時に「この学年で良かった」と言えるよう、今という瞬間を大切にし帰属意識を高めていきましょう。

    コリントの信徒への手紙第10章13節より

    あなた方を襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなた方を耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。

    6年生の皆さん、受験に向けてのラストスパート、全力でトライしてください。

  • 2013年09月11日2013年9月11日の朝の祈り

    月曜日に校長先生も話をされましたが,2020年のオリンピックが東京で開催されることになりました。IOC総会で日本が行った最終プレゼンテーションの中で話題になっているのが,滝川クリステルさんが言った「おもてなし」という言葉です。おもてなしとは見返りを求めないホスピタリティの精神で,お迎えするお客様のことを大切にするということです。

    私たちは毎日お客様を迎えるわけではありませんが,友達や家族などまわりの人とコミュニケーションをとりますね。その時に相手のことを考え,望むことに気づいてあげられているでしょうか?日本流のおもてなしの心で,どのように接すれば相手の方に喜んでもらうことができ、嬉しい気持ちになってもらえるかを考え,自分がされて嫌なことではなく自分がしてもらって嬉しいことを相手にしてあげるようにしましょう。

  • 2013年09月09日2013年9月9日の朝の祈り

     昨日9月8日,教会ではマリア様の誕生をお祝いいたしました。いつお生まれになって,いつ天に上げられたのか,確かな記録はありませんが,ユダヤの風習では,15歳位で結婚をすることになっていたようですから,イエス様が33歳で十字架上で亡くなられた時,聖書には「イエスの十字架のそばには,その母と,母の姉妹,クロパの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた」(ヨハネ19章25節)と記されていますから,その頃マリア様は50歳位になっておられたことでしょう。自分のかけがえのない大切な息子であるイエス様の苦しみを目の前にされ,母マリア様のお心は,悲しみと痛みで張り裂けんばかりにお苦しかったことでしょう。弟子たちは,恐れて逃げ去ってしまいましたが,マリア様は十字架のもとにじっとたたずみ,最後までイエス様と苦しみを共にされたのです。
     私たちはマリア様の優しさ,清らかさ,温かさを目指すと共に,このマリア様の苦しみや困難に立ち向かう強さもいただけますよう,いつも祈りましょう。特に6年生の皆さん,自分自身を信じて一歩前に出ていきましょう!
     さて,昨日はもう一つ日本中を活気づけたニュースがありましたね。2020年のオリンピックとパラリンピックの開催地が東京に決定されました。1964年の東京オリンピック以来,JOCや招致委員会が何度も何度も申し出てきましたが,その願いは叶いませんでした。しかし今回,いろいろな分野の方々が一致団結して「一枚岩」となってプレゼンテーションに臨まれたのです。この一丸となることの大切さを,私たちは改めて教えていただきました。オリンピックの参加は,アスリートとしてだけではありませんね。1年生の皆さんはその時,大学生になっていますよ。東京にいるかもしれません。6年生の皆さんは,大学や大学院も修了し,もう社会人としてスタートしています。世界中から集まってこられる方々への"Welcome to Japan!"の「おもてなし」にはいろいろな分野から参加できます。1万人以上の選手村では,英語が共通語になるでしょうし,医療関係のサポート,食物関係のサポートetc…未来を担う皆さんのエネルギーが必要です。7年後の「おもてなし」に向けて,今,今日学ぶ姿勢の中に具体的なプランを組み入れていきましょう。オリンピックには,スポーツを通して平和な世界を築いていく目的があります。

    今日のイエス様からのメッセージは
    ―すべての人を一つにしてください。  All in one! (ヨハネ17章21節)
    この世界の平和を築いていくために,あなたはどんなことをしようとしていますか?

  • 2013年09月07日2013年9月7日の朝の祈り

    9月に入り今日で一週間になります。今週は試験があったり,大雨のために帰宅に時間がかかったりということがありましたが,何とか乗り越えてきました。直面している困難を小さいと取るか,解決不可能と取るかは自分次第。

    積極的に生きる人には必ず主の助けがあります。苦しいこと,困難なことに出遭っても,けっして逃げ出したり責任を転嫁したりしてはなりません。

    問題そのものに押しつぶされる前に,行動を起こしましょう。

  • 2013年09月06日2013年9月6日の朝の祈り

    みなさんはこの夏休み,どのように過ごしましたか。私は,8月15日から24日までの10日間,生徒引率でフィリピン研修に参加させていただきました。

    研修の引率することが決まってから,出発の日を楽しみにしていましたが「英語は好きだけど英検の級も持っていないし,現地の人に話が通じるのか。10日間も生活できるのか。」と不安でいっぱいでした。しかし,フィリピンの方々に助けられ,考えていたほど不安もなく生活できました。私が片言の英語で話をして気持ちを伝えようとしている努力をくみとって理解しようとしてくれたり,話している内容が理解できずに単語を辞書で調べていると待っていたりしてくれました。
    言葉では伝わらなくても,ボディーランゲージやジェスチャーで,気持ちはある程度伝わるんだと思いました。しかし,言いたいことが100%伝わらないということもわかりました。相手に伝えたいことをうまく伝えられないもどかしさは,経験した人ならよくわかると思います。今回の研修で私が強く思ったことは,「会話の道具として英語を使うことができる人になるべきだ」ということでした。

    学校生活の中で,身近に英語があることや,ネイティブの先生方から授業が受けられるということは,今まで私が通っていた学校にはなかったので,日常的に英語を学ぶことができる生徒の皆さんを,私はいつもうらやましく思っています。ですから,今は英語を苦手に思っている人も,「苦手だから…」で終わらせず,少しだけでも前向きに英語を頑張ってほしいと思います。勉強が大変な時とは思いますが,努力は必ずあなたに返ってくるはずです。皆さんなら絶対にできる,がんばろう!!
    私も,皆さんに負けずにがんばります。

  • 2013年09月02日2013年9月2日の朝の祈り

    9月に入りました!
    教育実習の先生方をお迎えして,また一層「一生懸命」…1時間,1時間に命を懸ける毎日にいたしましょう!
     9月のスタート点,9月1日は「防災の日」でした。それはちょうど90年前の関東大震災の記念の日でもあります。約15万人の方の命を一瞬のうちに奪ったこの大惨事を,あらかじめ予告しておられた方があったのです。今村明垣(あきつね)教授です。しかし当時それは根拠のない空論として否定され,彼の研究成果は日の目を見ることはなかったのです。今村教授の地震観測計は作動し続け,そのデータを今に残しています。そして震災後,6冊にも及ぶ被害状況の報告を残されました。
     人々の称賛があろうとなかろうと,今村教授は研究者としてやるべきことを一途にやり通されました。その研究成果は,現在大変貴重なデータとして活用されています。信念を持って,ご自分に誠実に生きられた今村教授の「想い」は,今も受け継がれて私たちを支え導いてくださっているのです。
     また昨日は,セントヨゼフの「第4回津市長杯小中学生英語スピーチコンテスト」の日でもありました。午前中は90名余りの小学生,そして午後は30名余りの中学生が参加してくださり,「一生懸命」チャレンジしてくださいました。その懸命な姿勢にたくさんの方が感動されていました。EEC(Enjoy English Club)の皆さんのコンテストの進行振りもすばらしく,私はとても誇りに思っています。明るい笑顔でのおもてなしは何よりでした。ありがとうございました。前葉津市長様もお忙しいスケジュールの中,お時間を見つけて駆けつけてくださり,英語のスピーチをしてくださいました。国際会議でもご自分でコミュニケーションなさる前葉市長様の英語力は,私たち市民にとっても嬉しいことです。市長様は今でも毎日英語でニュースを聞かれたり,読まれたりなさり,常にbrush-upなさっているそうです。
    今日一日過ごす時のイエス様からのメッセージは,
     ―「I am with you always!」― です。