学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2013年10月28日2013年10月28日の朝の祈り

     台風27号,28号も三重県を無事通過し,新しい週を感謝のうちに迎えています。今朝は皆さんに祈っていただきたいことがあります。
     シエラレオネのシスター根岸が危篤です。体調の変化に気づかれ,昨年の12月に日本に帰国されました。いろいろ治療を受けておられましたが,快復されることはかないませんでした。シスター根岸がどれほどシエラレオネの子供たちのところにお戻りになりたいのかは痛いほどよく分かりますので,できる限り平穏なお心で痛みも少なく安らかに神様のところへ戻ることができますよう,心を合わせてお祈りいたしましょう。
     シスター根岸は日本に戻られる度に,何とか時間を見つけ出しセントヨゼフには3回もお越しくださり全校生にお話しくださいました。皆さんのサポートは単発ではなく,2004年の第19回ウォーカソンから毎年続いており,今年はちょうど10年目の支援になります。
     毎年職業訓練学校の優秀な新入生10名が,皆さんからの寄付金で3年間無償の「セントヨゼフ奨学金」を受けています。そして卒業時には張り切って国家試験を受け,社会でお役に立てる人になって巣立っていくのです。商業科,洋裁科,調理科の生徒たちです。この人たちがシエラレオネの未来です。社会や国を変えていくリーダーたちです。
     皆さんのウォーカソンの寄付金は,このように一つの国の将来に希望の光を与えているのです。またOur Lady of Guadalupe中学校はたくさんの中学生が入学したくても教室が足りません。皆さんからの支援で建てられた一つの教室は「セントヨゼフ教室」と名付けられています。
     その他,机,椅子,床,渡り廊下,教科書,幼稚園の浄水施設など,皆さんからの支援はシエラレオネの将来を担う子供たちのためにすばらしく活用されています。「アフリカのマザーテレサ」と呼ばれるシスター根岸は36年間もの間,内戦で引き裂かれたシエラレオネの子供たちのために尽くされました。
     今私たちは,シスター根岸からのバトンタッチを受けて,これからもシエラレオネの子供たちを支え続けていくMission(使命)を,ウォーカソンを通して実行し続けていきましょう!
     シスター根岸,ご安心ください。セントヨゼフからのシエラレオネへの支援は絶えることがありません。どうぞいつも見守っていてください!

  • 2013年10月25日2013年10月25日の朝の祈り

    今朝は、みなさんと一緒に、「アッシジの聖サンフランシスコの平和の祈り」を唱えたいと思います。

    フランシスコは、1181年にイタリアのアッシジで裕福な織物商の家に生まれました。お金もあり、友人達もたくさんいたフランシスコは愉快に楽しく遊んで暮らしていました。しかし、戦争中に捕虜になったり、また病気で苦しんでいた時に、夢の中でイエス様に出会いました。「崩れそうな私の家を建て直してほしい」とイエス様はおっしゃいました。当時、キリスト教を信じる人たち同士が争ったり、また贅沢を求める人たちもいたのです。フランシスコはすべてを捨てイエス様のように生きようと決心しました。その後は、親から縁を切られたり、また貧しい身なりをしていましたので町の人々から笑われたりしましたが、フランシスコはひたすらイエス様のように貧しく生活しました。フランシスコは神様が作られたすべてのもの、人も動物も草花も、みな大事にし、愛しながら暮らしたのです。そして小鳥や兎や虫たちと話をしたと言われています。

    先日亡くなられたやなせたかしさんが作詞された「手のひらを太陽に」の歌の中にも、生きているものすべてを大事にするフランシスコと同じような温かさを感じることができます。

    11月に入ると待降節ですね。今年も慌ただしい1年だったかもしれませんが、せめてクリスマスを迎えるこの時期は誰に対しても温かな心をもって、誰かのために自分を役立たせていきましょう。


    神よ、わたしをあなたの平和の使いにしてください。
    憎しみあるところに、愛を
    いさかいのあるところに、ゆるしを
    分裂のあるところに、一致を
    疑いのあるところに、信仰を
    誤りのあるところに、真理を
    絶望のあるところに、希望を
    悲しみのあるところに、喜びを
    闇のあるところに光を
    もたらすことができますように、助け、導いてください。

    神よ、わたしに
    慰められるよりも、慰めることを
    理解されるよりも、理解することを
    愛されるよりも、愛することを望ませてください。

    人は、自分を与えることによって与えられ、
    すすんでゆるすことによってゆるされ、
    隣人のために死ぬことによって、
    永遠に生きることができるのです。

  • 2013年10月24日2013年10月24日の朝の祈り

    今日の聖書の言葉は『マタイによる福音書』から紹介します。


    人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。
    これこそ律法と預言者である。
    新約聖書『マタイによる福音書』7章12節

    これは、いわゆる隣人愛を表した言葉ですが、儒教の教えにも似たような言葉があります。 
    「己の欲せざる所、人に施す勿かれ。」
    皆さんもよく知っている、論語の中の言葉ですね。「自分がして欲しくないことは他の人にもしてはいけない」という意味です。「~してはいけない」「~しない」という姿勢はもちろん大切ですが、それだけは何となく物足りない、寂しいと感じませんか?

    聖書の言葉は、もう一歩踏み込んでいるように思います。「自分がして欲しいことを他の人にもしよう」「誰かのために何かをしよう」という積極的な一歩が、自分にもそして相手にも人間らしい温かさをもたらしてくれます。

    「言うのは簡単だけれど、実際にこの聖書の言葉のように生きるのはとても難しい!」と感じてしまいそうですが、何も大それたことを考える必要はありません。例えば、自分から元気な挨拶をする。お友だちの悩みを聞いてあげる。たくさんの荷物で大変な人を手助けする。バスや電車で席を譲る、など。

    自分がしてもらいたいことを他の人にもしてあげるチャンスは、日常生活の中でいくらでもあるものです。誰かのために今の自分ができることを実行する。まずは今日一日、いつもより少し意識して周囲に目を向けてみましょう。

  • 2013年10月23日2013年10月23日の朝の祈り

    おはようございます。
    このところ、朝晩ぐっと寒くなってきましたね。
    今年も終わりに近づき、来年に向けた準備があちこちで見られるようになりました。
    来年のマザーテレサのカレンダーが届き、開けてみると、表紙にある「愛するために」という言葉が目に留まりました。マザーテレサカレンダーの中で、「愛するために」、
     ・ほうきを持って、その人の部屋を掃除してあげてください。
     ・愛はほほ笑みから始まります。
    と、簡単な言葉で、私たちに教えてくださっています。

    私が学生だった頃、マザーはまだご存命でした。生きている聖人として、その言葉はいろいろな機会に紹介されていましたが、私には何か遠い言葉でした。けれども、マザーのおっしゃったことだから…という気持ちがあったのだと思いますが、その言葉はどこかに残っていて、今、こうしてカレンダーをめくっていると、「本当にマザーのおっしゃった言葉通りだったな」と深く感じるようになってきました。

    みなさんの毎日の朝の祈りも同じかもしれません。今は何気なく聞いている言葉かもしれませんが、後になって、とても心にせまってくる言葉があるかもしれません。ですから、ふと心に残る言葉があれば、一瞬、立ち止まって、その言葉を味わってみてください。きっと、後になってから、あなたに何かしらの助けになったり、力になってくれたりすることがあるかもしれませんね。

  • 2013年10月22日2013年10月22日の朝の祈り

    In yesterday’s morning broadcast, Sister Saito told you about our visit to two of our sister high schools and two of our sister universities in America at the beginning of this month. Today I want to share with you all something I experienced on this visit. When we went to Saint Joseph’s Academy in Saint Louis, we walked around the beautiful school buildings. Our guide was not a teacher, but a student (I think her name was Sarah). She impressed me a lot because she obviously loved her school life. She spoke happily about the lessons, the teachers, the school events and the club activities. She smiled a lot and she answered all our questions. In short, she was the very best person to show us around the school. After the tour, I thought, “Wow! If the students love this school so much, it must be a great place!” Now, everyone, what do you think about our school? Could you tell visitors happily about your school life here? I’m sure some of you will say, “No, I can’t.” Is that really true? I don’t think so. I think all of you can talk about something that you enjoy about school life. OK, everyone, here’s the important bit, so listen carefully. If you are positive, if you talk happily, if you smile, you will make the people around you happy, too. We can all help to make this school an even better place just by being happy. Let’s start right now with a big smile when you say good morning to your homeroom teacher. Have a really good day, everyone.

  • 2013年10月21日2013年10月21日の朝の祈り

     昨日は4年,5年の進路説明会と6年の全統記述模試があり,高校生の皆さんは,それぞれ今自分がどこに立っているかを確認するチャンスをいただきました。一日中雨で登下校は大変だったことでしょうが,お陰様で今朝は洗い流されたように清々しい青空が広がっています。伊豆大島の被災地の方々のことを想いつつ,また今週は3年生の研修旅行がありますので,次の台風が少々気がかりな週明けです。
     4年生,5年生の皆さんには,昨日の説明会で,Hollinghurst先生と私がミズーリ州にある4つの姉妹校を訪問した時のことを少し分かち合いました。もともと4校とも同じ聖ヨゼフ修道会のシスター方によって設立された学校ですから当然なのでしょうが…,そこには脈々と同じSchool Spiritが息吹いているのを実感し感動しました。例えばSt. Joseph's Academyのスクール・モットーは,"Not I , But We "というとてもシンプルなものですが,私たちの "Women for Others" に通じるものがあります。自分の幸せだけを追い求める生き方ではなく,周りの方々に尽くすことによって,その方々に幸せになっていただき喜んでいただけた時,あなたは本物の幸せを味わうことができるのです。
     「世の光・地の塩」も同じ生きる姿勢を表しています。周りを明るくするローソクは,自分自身の身を燃やし尽くすのです。ローソクの光は周りの方々に,どれほど明るさや温かさ,安心と希望を届けていることでしょう。ヨゼフの生徒である皆さんもそんな存在であってほしいと願っています。
     今回訪問しましたSt. LouisのSt. Joseph's Academy , Fontbonne University そしてKansas CityのAvila University , St. Teresa's Academyは,日本の私たちとは国も文化も言葉も,置かれた場所もそれぞれ異なっています。しかし同じSchool Spiritが流れていて,何だか自分の心の"Home coming"のように感じられたのは特別で,時と場を越えてつながっている不思議さを感じました。
     二つの大学の指定校推薦,スカラシップ(奨学金制度)も考えていただけるようです。また高校の交換留学も,長期のものと,みなさんの春の海外研修のように10日程の,アメリカからの来日など,双方から計画していきます。これは一部の生徒に関わることではなく,セントヨゼフとして学園全体が関わっていける"relation"です。最近はテレビ・コンフェレンスといって,スカイプ以上に双方の学校の生徒が同時に意見交換をしたりプレゼンテーションをすることも可能になってきています。互いの違いを否定したり排斥していくのではなく,違いを豊かさとしてまずよく聴き,相手の尊厳を大切にしていけるリーダーに成長していくために,このような交流がグローバルなあなたを育てていくことになればと願っています。

    今日の聖書からのイエス様のメッセージは
    ―「二人または三人がわたしの名によって集まるところには,わたしもその中にいるのである」
      (マタイ福音書18章20節)

  • 2013年10月19日2013年10月19日の朝の祈り

    ”なぜ勉強をしなければならないのか?”みなさんがよく考えることだと思います。
    私もずっと このはっきりとした答えが出せませんでしたが、シスター斎藤の話される言葉が非常に腑に落ち、納得できました。それは、「学校での勉強は、社会に出るための準備運動だ」 ということです。

    みなさんが今、学校で勉強していることは、この先の人生を生きていく上で必要な力の基礎となる部分です。みなさんの普段の生活は、これらの上に成り立っているのです。


    現代は非常に便利な時代です。スイッチを押せば電気がつくし、蛇口をひねれば水が出るし、携帯電話ひとつでいろんなことができます。

    しかし、なぜスイッチを押せば電気がつくのか?なぜ、手のひらに収まるほどの小さな機械で、離れた人と話ができるのか?これらがなかった時代の人たちは どうやって生活していたのか?考えたことがあるでしょうか?

    この答えを探す糸口となるのが、今のみなさんの勉強です。「便利だ、便利だ」といいながら、なにも考えずにただ今の生活を送っているだけでは、電気や水道、携帯がなくなってしまうと、何もできない人になってしまいます。


    つまり、学校で勉強するのは、みなさんの”生きる力”をつけるためなのです。
    残念ながら、中には「自分には必要ない」とか、「意味のない無駄な勉強だ」と言って、投げ出してしまう人がいます。

    この世に ”無駄な勉強” というものは存在しません。学ぶことは、必ず自分の生きる力になります。どうか、すぐに投げ出さず、今の勉強は何に役立てることができるのかを
    一度、興味を持って考えてほしいと思います。



    マタイの福音書 7章 
    求めなさい。そうすれば、与えられる。
    探しなさい。そうすれば、見つかる。
    門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

  • 2013年10月18日2013年10月18日の朝の祈り

    みなさん、おはようございます。

    私は8月に、4年生•5年生とともに、東北でのボランティアに参加しました。そこで、被災地の悲惨な状況や復興が進んでいない現実を目の当たりにしました。しかし、そのようななかでも一生懸命前に向かって進もうとしている東北の人達の姿を見て、自分自身もっと頑張らないといけないと思いました。

    みなさんは、毎日様々な困難にぶつかっていることでしょう。受験や進路選択、友人関係など、一人ひとり悩みも異なると思います。辛いとか、やりたくないと感じる時もあるかもしれません。そのような時に、今日の聖書の言葉を思い出してみてください。

    コリント人への手紙
    「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練にあわせることはなさいません。むしろ耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」

    これから合唱コンクールやページェントと、いろいろな行事があり、クラスで協力していかなくてはならないことがたくさんあります。お互いに思いやりを持ちながら、困難に打ち勝っていきましょう。

  • 2013年10月17日2013年10月17日の朝の祈り

    皆さんのおうちの方では、台風の被害は大丈夫でしたか。台風が去ってぐっと秋らしくなってきたようです。

    さて、先週から今週にかけてはノーベル賞ウィークで、各賞が発表されました。残念ながら、今年は日本からは受賞者がでませんでした。また、受賞は逃しましたが、平和賞の有力候補のひとりがマララ・ユサフザイさんでした。ご存じのようにマララさんは、パキスタンで女性の教育の必要性を訴えることで、昨年10月にテロリストの銃弾に倒れましたが、奇跡的に回復した少女です。

    先日、マララさんは、ニューヨークの国連本部で演説を行い、「本とペンを取ろう。それこそが最強の武器だ。1人の子ども、1人の教師、1本のペン、1冊の本で世界を変えることができる。教育が唯一の解決策です。」と結びました。教育で世界を変えることができる、教育は子どもたちにとって希望であり、夢であるということを改めて感じさせるマララさんの強くまっすぐなメッセージでした。 勉強するチャンスや環境が整っている皆さんでも、勉強へのモチベーションを高めているのは、自分の将来への希望や夢であるに違いありません。

    女性への教育の機会が開かれていない国、戦争や貧困によって子どもたちが教育を受けることが困難な国が世界中にはあります。世界中の子どもたちが、将来への希望や夢を持って勉強できれば素晴らしいのにと思います。そのためにわたしたちにもできることがあります。今年のウォーカソンの募金は、シエラレオネやフィリピンの子どもたちの教育支援にも使われます。教育で世界を変えることができる、フィリピンやシエラレオネの子どもたちに夢や希望を与える一歩だと思いながら、ウォーカソンに参加して10kmを歩きましょう。

    今日の聖書の言葉は、ルカの福音書6章より、
    与えなさい。そうすれば、自分も与えられる。

  • 2013年10月10日2013年10月10日の朝の祈り

    先日から、今年のノーベル賞を受章された人が発表されています。確かに、このような賞をもらえるような発見は、人類の歴史の上では有意義なことです。

    しかし、私たちの生活を大きく変えるような発明は、いろいろなところで、ひっそりとされていることも少なくありません。そのチャンスが、誰にでもあると言えるでしょう。

    それは、朝ご飯を食べている間にひらめくかもしれないし、学校へくる途中にひらめくかもしれません。疲れてお風呂に入っている時かもしれません。要は、小さなヒントに気づけるかどうかにかかっています。常に様々なことに興味をもち、小さなことにも疑問をもって見る姿勢が必要です。ひょっとすると、今から始まる授業の中で、先生が話されたことがきっかけになって、あなたが、人々の暮らしを一変させるかもしれませんよ。

  • 2013年10月09日2013年10月9日の朝の祈り

    皆さんは、今夢や希望をもっていますか。

    今朝の聖書の言葉は、ローマ人への手紙第8章です。

     その希望は目に見えるのか。
    もし、目に見える希望なら、それはもはや希望ではない。
    なぜならば、すでに見えているものをなお、望みとする人などいないかだ。
    私たちはまだ見ていないことを望みとする。
    そして、忍耐を持ってその希望の実現を待つのだ。

    夢や希望を実現するには、ただ待っているだけではかないません。夢や希望を叶えるためには、忍耐強く努力することが必要です。ときには、思い通りにならない試練が訪れます。そんな時にもなお、踏ん張ることができる心の強さ、将来に対する希望を持って人生を切り開いていくことができる魂の力を身につけていってほしいと思います。

    夢や希望を実現しようと一生懸命努力した経験は、失うことのない一生の財産になります。

    6年生は、センター試験まであと100日ですね。
    大きな壁を乗り越えてつかみとった夢や希望は、とても大きな喜びと達成感・自信を与えてくれることを忘れずに、夢や希望に向かって、しっかり一歩一歩、歩んでいってください。

  • 2013年10月07日2013年10月7日の朝の祈り

    今日と明日の2日間は,第2回定期試験の答案返却日です。返されたテストの点数だけで一喜一憂するのではなく,間違えた問題はどうして間違えたのか,解けなかった問題はどこが解らなかったのかをよく見直してしっかりと復習するようにしましょう。

    カトリック教会では,今日10月7日を「ロザリオの聖母の記念日」と定めています。

    1571年,全ヨーロッパはキリスト教を滅ぼそうとするトルコ帝国の脅威にさらされていました。それに対抗するために,ベニス,ゼノア,スペインの国々は教皇のもとで同盟を結び,ギリシャのレパント沖でトルコ軍の艦隊を全滅させ,ヨーロッパを守り勝利を得ました。この勝利は武力によるものではなく,ロザリオの祈りを聖母マリアにささげたことによるといわれ,時の教皇ピオ5世は勝利の日を「ロザリオの聖母マリアの祝日」と定めました。

    ロザリオの祈りは,主の祈りとアヴェマリアの祈りと栄唱を唱えながら,キリストと聖母マリアの生涯を黙想する祈りです。

    では,今日もよい1日が過ごせますようにと願い「アヴェマリアの祈り」を唱えましょう。

    アヴェ,マリア,恵みに満ちた方,主はあなたとともにおられます。
    あなたは女のうちで祝福され,ご胎内の御子イエスも祝福されています。
    神の母聖マリア,
    わたしたち罪びとのために,今も,死を迎える時も,お祈りください。
    アーメン

  • 2013年10月05日2013年10月5日の朝の祈り

    10月に入りました。今の学年も半年が過ぎましたね。6年生はすでに受験が始まっていますが,今月は4・5年生の進路説明会があり,来年4月からの生活について考え始めます。これからの半年間の過ごし方が,来年度の生活に影響してきます。
    そこで,今月は自分自身と向き合う勇気をもちましょう。自分の本当の気持ちに気づきましょう。いやな気持ちが起こっても事実を認め,いやな気持ちをじっと味わいましょう。そして次の自分の行動を考えましょう。