学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2014年04月21日2014年4月21日の朝の祈り

     新しいスタートを切って,はや2週間が過ぎています。
    その間,普通授業では学べない,オリエンテーションやたくさんの行事がありましたね。友だち作り,クラス作りとともにこれからの一年間のあなたのゴールも見えてきていますか?スタートに当たり,どこに向かって歩んでいくのか,その到達地点を確認することは大切なことですね。まず,今日こうして無事に登校していることを感謝しましょう!当たり前ではありませんね。生命をいただき,その生命をこうして生かし続けていただいていることの不思議さ,すばらしさを味わえる人,一日一日を感謝できる人でいてください。
     最近マレーシア航空の旅客機事故や,韓国船の沈没など,多くの方々の生存を心から願う悲惨なできごとが相次いでいます。いただいている生命を一日,一日,大切に活かしていくことの大切さを一層深く感じます。生命について考えます時,ちょうど昨日はEaster「復活祭」でした。日本ではクリスマス程は浸透していませんが,キリスト教の教会では,とても大きな大切なお祝い日です。復活と言いますと,多くの人が「死んだ人が生き返ること」と受け止めていますが,実はそうではありません。「存在の在り方が変わること」なのです。ですからイエス様が「私は世の終わりまで,いつもあなたと共にいる」(マタイ28章20節)と約束してくださっているのです。私たちもその存在の在り方が,自分のことしか考えない自己中心的な生き方から,他の方々のために生命を使っていく時(「Mission」「使命」でしたね。),この復活の生命に生きることになるのです。
     イタリア船沈没の時も,今回の韓国船沈没の折も船長がまず逃げている事実には,人間として悲しいものを感じます。それに引き換え,今中国で一つの小説が出版され,映画化も考えられているそうです。それは実話に基づいているお話しで,3年前20人余りの中国からの研修生が,東北で働いていました。そして3.11の大震災に巻き込まれたのです。その時,その会社の社長さんは,言葉のわからないこの女性達をまず高台に避難させることに力を尽くされ,全員無事だったのです。けれども最後まで誘導し続けておられた社長さんは津波に巻き込まれ命を落とされたのです。自己中心的な生き方ではなく,まず自分のやるべきことを果たしたこの方は,復活の生命に生きておられる方です。ですから,人間の生き方の中には,
    「自分中心で,自分さえ良ければ良いという生き方」と
    「いただいている生命を活かして,どう他の方々を生かしていけるかを考え,行動に移す生き方」
    との二つに分かれてきます。
     今回の事故の船長の姿勢,そして3.11で研修生の生命を守り抜いて,ご自分の責任を果たされた社長の生き方を見つめますと,復活の意味が見えてきます。
     復活は「死んだ人が生き返ること」ではなく,自分中心から脱出し,他者のために尽くして生きる生き方と,自分の存在の在り方が変わることなのです。
    Women for Othersの生き方です。

  • 2014年04月14日2014年4月14日の朝の祈り

    新年度が始まり,一週間ほど経ちました。授業も始まって,今皆さんは新しい生活のリズムに頭と体を慣らしているところでしょうか。今週は週末に宿泊研修や遠足があり,新しい友達や先生との親睦を深める時間があります。今年一年間,共に生活する方たちを理解し合うための大切な時間を過ごしましょう。

    今朝の言葉

    もし知り合いに子供がいるなら,愛しなさい。
    もし知り合いにお年寄りがいるなら,理解してやりなさい。
    もし知り合いに病人がいるなら,慰めてやりなさい。
    もし知り合いに孤独な人がいるなら,一緒にいてやりなさい。
    もし知り合いに弱い人がいるなら,勇気づけてやりなさい。

    子供,お年寄り,病人,孤独な人,弱い人。あなたは今そうであるか,または,いつかそうなるでしょう。そのとき,あなたは愛,理解,慰め,友達,強さを必要とするでしょう。これらのものを必要としている人に与えなさい。そうすれば,あなたが必要としているときに与えられるでしょう。