学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2014年06月30日2014年6月30日の朝の祈り

     新しい週の始まりです。ヨゼフィンピックで見せてくださった,あのエネルギーを忘れないで,今週も自分のbestを尽くして,毎日のあなたのキャンバスをあなたらしく彩っていきましょう!どんな週にしていくのかはあなた自身が主役でしたね。
     さて新しいスタートと同時に今日は6月の最後の日になります。2014年も半分が過ぎます。また新しい学園目標でスタートした今学期も3ヵ月が終わり,クォーター,年の4分の1が過ぎます。

    〈今年の私たちの目標〉
      「”Making Tomorrow Together” 明日を創る主役(ヒロイン)はわたしたち」

     未来に向かって,どれだけ自分が自分であることに力を注いでいますか。「他人には厳しく,自分には甘い」のが人間の常ですが,神様から大切な「いのち」をいただき,一人ひとりの花を咲かせるように招かれているのですから,流行に流されたり,人の言いなりにならないで自分の花を咲かせましょう!そうは言ってもなかなか思い通りにならないのも現実ですね。
     そんな時,私がいつも立ち寄る聖書の箇所があります。「実のならないいちじくの木」のたとえです。

    (ルカ13章6節~9節)
    ―イエスは次のたとえを話された。「ある人がぶどう園にいちじくの木を植えておき,実を探しに来たが見つからなかった。そこで園丁に言った。『もう三年もの間,このいちじくの木に実を探しに来ているのに,見つけたためしがない。だから切り倒せ。なぜ,土地をふさがせておくのか。』園丁は答えた。『御主人様,今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って,肥やしをやってみます。そうすれば,来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら,切り倒してください。』

     このたとえ話の中の園丁はイエス様です。どんなに私たちが未熟で足りない者であっても,いつも私たちの側に立ってくださり,かばってくださいます。私たちは,楽な方に流れてしまう弱い面も持っていますが,こんなに私たちのことを信頼してくださり励ましてくださるイエス様がいてくださいますので,もう一度やってみようという気持ちになれるのです。
     今日は「メリ・ハリ」の日(メリーちゃんとハリーくんの出番の日)です。もう一度学園目標を心に刻み,今自分がどこに立っているのかチェックしてみましょう。

  • 2014年06月24日2014年6月24日の朝の祈り

    Your tests finished last week and, as you know, there are a lot of events at school before the summer vacation starts next month. We have a ‘koto’ performance at the Culture Center tomorrow, the Josephimpics and the Bazaar. We are also going to be visited by some students from America. Maybe you don’t think there is a connection between any of these events, but actually there is. That connection is your education. Tomorrow’s ‘koto’ performance, and today’s lecture, give you the chance to learn about a very important part of Japan’s rich musical tradition. At the Josephimpics, you will need to work hard with your teammates, and support each other, to succeed. I’m sure many of you have been watching the soccer World Cup. The good teams are those in which the players support each other. In the bad teams, the players only play for themselves, and they even end up fighting each other sometimes. At the Bazaar you will also need to work as a team, and you have the chance to show the many visitors from outside this school how well you can serve others. And the visiting students give you the opportunity to share your experiences and learn about other cultures. At this school we believe these are all very important parts of your all round education - learning about Japanese culture, working well with others, serving others, communicating and sharing ideas with people from around the globe. In my homeroom, the motto is ‘Making the Most of Every Day’. Please remember this as you enjoy your activities before the summer vacation.

  • 2014年06月20日2014年6月20日の朝の祈り

    定期テストが終わりましたね。手応えはどうでしょうか。
    中学1年生のみなさんにとっては、初めての定期試験でした。試験前は緊張をしてうまく眠れなかった、
    という人もいるのではないでしょうか。

    定期試験は、終わると今度は答案が返ってきます。
    自分の出した答えに○と×がついて返ってくるわけです。
    でも、みなさんは、ただテスト返しを待っているだけではありませんか?
    テストが終わってから、テスト返しまでにもう一度試験にチャレンジする、という人は
    どれぐらいいるでしょうか。

    だれでも、間違えた答案を見るのは、嫌なものです。
    しかも、大きく×と書かれた答案を見て、テストの復習をするというのは辛いですよね。
    それなら、テスト返しまでに、自力で採点をすることをお勧めします。
    間違えた問題や、不安な問題は自分が一番わかっているはずです。
    その問題を、教科書や参考書を見ながら、自力で再チャレンジしてみましょう。
    先生が授業中に解説してくれるのを聞くよりも、何倍もあなたの力になるはずです。

    そもそも、私は、テストは、先生と自分の知恵くらべだと思って取り組んできました。
    学校の定期試験は、あなたの理解度をはかるためのもので、絶対に解けない問題は一つもありません。
    先生方は、教科書や問題集にあるみなさんが解ける問題を選び、
    解けなさそうに見えるように一生懸命工夫をして、テスト問題を作ります。
    テスト問題は、どれもこれも先生たちの自信作ばかりです。
    考えれば、かならず手がかりがあります。
    みなさんも、しっかり準備をして、先生からの挑戦を受けてたちましょう。

  • 2014年06月13日2014年6月13日の朝の祈り

    今朝は、ある中学生がつくったストーリーを紹介したいと思います。

    「あるバッタの話」※引用のため省略

    今皆さんは、来週から始まる定期試験に向けて努力していますね。
    それ以外にも、普段の生活の中で様々なことに向き合い、乗り越えようともがくこともあると思います。そして、それを乗り越えたとき、忍耐力、達成感、喜び、自信など一生の財産を身につけ成長することができると思います。

    来週から始まる定期試験で皆さんの力が十分発揮できるよう祈っています。

    今朝の聖書の言葉は、ローマの信徒への手紙 第5章 3節~4節
    私たちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。

  • 2014年06月12日2014年6月12日の朝の祈り

    学校の坂の上の道沿いには、昨日の雨に濡れて一層色鮮やかなあじさいが、今日も美しく咲いています。みなさんは気づいていますか。

    「あじさい」は、もとは「あずさい」と呼ばれていたそうで、「あず」(集まる)、「さ」(真の)、「い」(藍色)で「深い藍色の集まる花」という意味だそうです。時間の経過や日の当たり方に応じて青色から赤紫色へと変化していくさまから、別名「七変化」とも呼ばれています。

    さて、みなさんもその時、その場に応じてさまざまに「七変化」することを求められますね。今は中間試験の直前ですから、「勉強をがんばる私」のカラーが強く発揮されていることでしょう。中間試験が終われば、ヨゼフィンピックやバザーなど、また違った自分の力を発揮する機会がやってきますね。その時、その場に応じてみなさんが必要な力を存分に発揮し、また、たくさん集まって美しいひとかたまりの花を咲かせるあじさいのように、クラスや学年の一人一人の力が結集して、すばらしい花を咲かせることができますよう祈っています。

    聖書より、コヘレトの言葉 第4章9~12節
    ひとりよりもふたりが良い。共に労苦すれば、その報いは良い。倒れれば、ひとりがその友を助け起こす。倒れても起こしてくれる友のない人は不幸だ。更に、ふたりで寝れば暖かいがひとりでどうして暖まれようか。ひとりが攻められれば、ふたりでこれに対する。三つよりの糸は切れにくい。

    大変な試験勉強も、友人と励まし合って、乗り切りましょう。

  • 2014年06月09日2014年6月9日の朝の祈り

     私は先週「私学経営研修会」に参加するために沖縄に行っておりました。中部国際空港から那覇まで約2時間の飛行距離です。こちらでは大雨もあったようですが,那覇では滞在中ずっと晴天に恵まれました。北は北海道から南は鹿児島まで,全国から123名の学校責任者の方々が集まりました。その中には何年振りかで再会できた方もおられ,懐かしい喜びのサプライズもありました。
     研修テーマは「グローバル時代の教育」ということで,朝早くから夜遅くまで講演,パネルディスカッション,グループ討議等,たくさんのプロセスを経て私が再確認したことがあります。
    それは「グローバル」という時,単に企業連携や語学教育のみを指しているのではないということです。今,日本政府はグロバール時代に乗り遅れないようにと,緊急に英語教育や留学を奨励することに力を入れようとしていますが,それは目に見える表面的な対策であって,実はもっと大切な部分が見過ごされているように思いました。
     「グローバル」という時,地球市民として自分自身を持っていなければ,異文化の中で生かされないという事実です。単に英語が話せるということでは足りないのです。英語で表現する内容・・・あなた自信の考え,意見,夢や希望を持っていなければ,深い関わりや交わりは難しいでしょうね。挨拶程度で終わってしまうのは,あまりにも寂しいですね。自分の考え,意見を持つためには,いろいろな観点から物事を見つめる力が必要です。その中から自分自身の立ち位置を選択していくことが,あなたがあなたであるということです。
     今,皆さんは「学生」・・・「学んで生きる」という立ち位置で,自分の人生を歩んでいます。苦しいこともあるでしょう。辛いこともあるでしょうね。それらを一つ一つ乗り越えていく時に,あなたはもう一段深い視点で人生を見つめることができるようになっているのです。
     グローバル時代を生きる若者として,自分が生きていく羅針盤(コンパス)を身につけるためにも,日々の学びが非常に大切になってきます。毎日新しいキャンバスに向かい,その日一日,自分なりにしっかり描いてみる!この積み重ねが,グローバル時代に凜として生きていく自立した女性としてあなたを育んでいくのだと思います。自分の意見を持ちながら,しかも相手の意見もしっかり聴ける存在,そのような若者が増えていく時,本当の意味での世界平和が実現していくのではないでしょうか。将来の平和な世界は,学生である皆さんが今をどう生きていくかにかかっているのです。勇気をもって一歩前へ進んでいきましょう!

    今日の聖書のみことばは,ルカ11章9節からです。
    ― 求めなさい。そうすれば与えられるであろう。
      捜しなさい。そうすれば見出すであろう。
      たたきなさい。そうすれば開かれるであろう。

  • 2014年06月07日2014年6月7日の朝の祈り

    6月に入り一週間が経ちました。先週は高校総体,来週は定期試験前と,月日はどんどん流れていきますね。時間の流れに飲み込まれないように,日々やることをしっかりと管理する習慣を身に付けましょう。

    今日の言葉

    私は,過去には感謝を,未来には希望をもち,寛大な心と勇気を現在にのみ持って,生きることを目指します。
    川の流れは一時として同じ所には留まりません。
    昨日の流れは今日にはなく,今日の流れは明日になればなくなります。過ぎ去ったことは今ここにはなく,明日のこともその確実性は雲をつかむようなものです。
    私に与えられているのは,いつも「今,この時」でしかありません。
    「今,この時」を除いては,私が真に生きる時はないのです。

    《栄唱》
    栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。

  • 2014年06月06日2014年6月6日の朝の祈り

    私は時々,図書室にお邪魔します。そして司書の先生に「何か本を紹介してください」と,リクエストをします。先生は「この本いいですよ,何かほわっと優しい気持ちになれて」と,いつも心の栄養になるような本を紹介してくださいます。
    今日はその中からの一冊、「虹の岬の喫茶店」から言葉を紹介します。
    喫茶店のオーナーが、大きな失敗をしたある人にこういうのです。オーナーは、この人の失敗でとても嫌な思いをしているにもかかわらず,
    「間違いを犯す自由が含まれていないのであれば,自由は持つに値しない」と。
    これはガンジーの言葉だそうです。
    間違いはしない方がいいと誰もが思い,でも間違いをしない人はいません。もちろん間違いをしないように,よく考え,準備し,努力し,周りの人のことを考えもするでしょう。それでも,間違いをしてしまうことはあります。
    もし間違いを犯したら,次はもっと準備しようとか,もっと周り人の意見を聞こうとか、もし人を傷つけてしまうことがあったら「ごめんなさい」とあやまろうとか。こうして考えたり,悩んだりして,考えたことを次から実行する。何より二度と同じ間違いをしないようにします。だから,間違いは途中経過,次へのステップです。
    若くても,年を重ねていても間違いをしない人はいませんね。私たちはたくさんの人と関わり合いながら生きている中で,「間違いを犯す自由が含まれていないのであれば,自由は持つに値しない」という言葉とともに,(この喫茶店のオーナーのように)その裏にある言葉を忘れてはなりません。
    「間違いを許す優しさが含まれていないのであれば,自由は持つに値しない」と。

  • 2014年06月05日2014年6月5日の朝の祈り

    皆さん,世界の旅行者が選んだ「満足度」1位の都市がどこか分かりますか?
    ちなみにトップ10の,2位はニューヨーク,3位はスペインのバルセロナ4位はトルコのイスタンブール,5位はチェコのプラハ,6位はオーストリアのウィーン,7位はドイツのベルリン,8位はイタリアのローマ,9位はフランスのパリだそうです。
    世界最大級の旅行サイト「Trip Advisor」が「旅行者による世界の都市調査」を5月22日に発表しました。その結果,外国人旅行者入国数トップ37カ国中,総合的満足度No1は東京でした。ちなみに同じアジア圏では16位にシンガポール,17位に韓国のソウルが入っています。
    これは各都市の交通の便,清潔さ,地元の人たちの親切さ,観光・ショッピング・ホテルの満足度など16項目の評価の結果です。項目の中で,東京は「地元の人たちの親切さ」「町中の清潔さ」「公共交通機関の評価」「タクシーのサービス総合評価」そして「都市に対する総合的な満足度」で1位を獲得しました。他にも「一人旅のしやすさ」「家族連れに対するやさしさ」など16項目中13項目でトップ10にランクインしています。
     東京が世界の都市のなかで,旅行者に親切で安心・清潔であり,公共機関も優れた都市として選ばれたことは,私たち日本人一人一人の「おもてなし」の心やサービスが,世界に高く評価されたようで,とてもうれしい結果ですね。
     旅行者は国の代表でも地位の高い人でもありません。ですから,旅にいって触れあう人も,同じく私たちのような一般人です。しかも観光旅行ですから,一期一会の小さな触れあいが,旅先での思い出を大きく左右するのではないでしょうか。その中で,このような評価をもらえるということは一人一人の心配りや仕事への真面目さ,あたたかい思いやりなど,近頃よく耳にする生活や文化の程度を表す日本人の「民度の高さ」を評価してもらえたのではないでしょうか。
     私たちの学校にも今留学生として机をならべてくれている,二人をはじめ,海外からのお客様がたくさん来て下さいます。 また皆さんも海外研修や,留学生のおもてなし係,レッツエンジョイENGLISHなど,英語をつかって,国際的おもてなしを実践する機会に積極的に参加してくれていますね。国際的おもてなしのスキルなら三つ星をもらえる,という程の人もいるのではないでしょうか。
     今は政治的にも文化的にも経済的にも1国でなく世界のいろいろな国との繋がりが重要な時代になっています。みなさんは,2020年に東京でオリンピックが開催される時,様々な役割で活躍できる恵まれた世代だと思います。観光地1位の称号に相応しいプライド,そして思いやりの心と英語のスキルをもって,世界への扉を開いていってください。まず,その手始めは今日の英語の授業からですね。

    最後に祈りを紹介します。マタイによる福音第5章より,
      憐れみ深い人々は,幸いである。 その人たちは憐れみを受ける。
      心の清い人々は,幸いである。 その人たちは神を見る。 
      平和を実現する人々は,幸いである。 その人たちは神の子と呼ばれる。

  • 2014年06月04日2014年6月4日の朝の祈り

    今朝は、「そよ風のように生きる」という本の中の、「ひととのかかわり」という箇所を抜粋して紹介します。

    ■引用部分のため省略■
     
    今日一日、心を解き放ち、そよ風のように、爽やかに、軽やかにそして笑顔で過ごしましょう。

  • 2014年06月02日2014年6月2日の朝の祈り

     6月に入りましたね。今月も,前期中間試験や芸術鑑賞会,そしてヨゼフィンピックと,皆さんがヨゼフ生として成長していくChanceがたくさんありますから,前向きにTryして,自分自身の成長,Changeにつなげていけるといいですね。その一つ一つが自立した女性として成長していく ” good chance ” でありますようにと祈っています。
     昨日,教会では「主の昇天」をお祝いしました。復活されたイエス様は,復活の後40日間,弟子達に現れ,最後の教えを諭されてから弟子達と山に行き,そこから天に昇られました。見送る弟子達に残された最後の言葉は,「わたしは世の終わりまで,いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28章20節)でした。英語の聖書では ” I will be with you always , to the end of the age. “ と記されています。” be with you “ とか “ always “ ・・・etc. 力をいただけるイエス様の言葉です。皆さんもこのイエス様の言葉をしっかりと心に留めておきましょう。これからも皆さんはいろいろなことに出会うことでしょう。でもいつもイエス様が共にいてくださることを思い出して,決してあきらめないで一歩一歩前進していきましょうね。
     さて,この週末いろいろなことがありましたね。高校総体,練習試合,ガーデニング・ガールズとぶどうの会は暑いなか地域の方々とお花植えをしました。ギターマンドリンクラブも夏の大会に向けて練習に励みましたね。先生方の朝礼で,皆さんのがんばり振りをお聞きしました。惜しいこと,悔しいこと・・・終わった今大事なことは,前向きにchallengeして次につなげていくことでしたね。頑張っている皆さんの姿は頼もしく,美しいと思いました。
     私もこの週末,とても嬉しいことがありました。久し振りに他のシスターと一緒に町へ出かけたのですが,土曜日も日曜日も思わぬ時に思わぬ所で,「校長先生,こんにちは!」と声をかけてきてくださった中1のお二人は,私に喜びをもたらしてくださいました(YMGです)。人は物だけではなく,このようなプレゼントで心が温まり幸せになれるのですね。この週末,誇りに思うヨゼフ生に出逢えて,私はとても幸せになれました。ありがとうございました。この一週間の,またこの一ヶ月の「真っ白な新しいキャンバス」どんな色で何を描いていきますか。あなたが主人公(ヒロイン)です。