学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2015年08月31日2015年8月31日の朝の祈り

     8月31日、一つの節目の一日です。
    皆さんのマスコット・キャラクター、メリーちゃんとハリーくん(めりはり)の出番の日です。余り意識しないまま、この一日を過ごしてしまわないで、この夏いただいた数え切れない"good chance"を思い起こしてみましょう。そこで出逢った新しい自分、今まで気づいていなかった思いがけない気づきにフォーカスを当てる一日にしてみましょう!

     学園では、毎夏開催される課外授業の他に、この夏初めて試みた3年生から5年生対象のWomen's Empowerment Programと、1年生全員参加のEnglish Summer Schoolが実施されました。そして4年生S組と希望者参加の宿泊勉強会も久しぶりに開催されましたね。

     夏休みは日頃のスケジュールから解放されて、いつもとは異なった時間の流れの中で自分に出逢う"good chance"だったと思います。皆さんはその良い機会をどのように活用し、どのような新しい自分に出逢っているでしょうか。
     フィリピン研修、東北での奉仕活動、オープン・キャンパス、部活動、そして昨日EECが活躍してくださった、セントヨゼフ津市長杯英語スピーチコンテストetc.・・・挙げていけば切りがありませんが、大切なのはその出来事の"before"と"after"で、起こっている自分自身の内面の変化に気づくことなのです。今日はその自分の変化、成長に気づく節目の一日です。今日一日、この夏いただいたたくさんの体験を通して成長していける自分を、しっかり受けとめてみましょう。もちろん、それは多くの周りの方々、ご家族、友達、先生方のサポートがあったからこそ実現できたことですので、そのお一人お一人に心から感謝いたしましょう。人は一人で生きているのではないので、この感謝の気持ちは、今からの生き方の力強いモティベーションになっていきます。

     一人の中1のアンケートからご紹介します。
    「完璧な文を頭で作り、それを話すのではなく、少しずつ単語でもいいから話すようにします。何か聞かれたり話しかけられたら、黙ってしまうのではなく、何か言うようにします。SDを聞くだけではなく、生活のなかで家族や友達と少し英語で話してみようと思います。今は英語で話すのが、とても楽しくなりました。」

     “before”と”after”の違いがよく表れていますね。夏の間に見つけた自分のすばらしさを夏のeventとして終わらせるのではなく、今からどう続けて磨いていくかが大切です。皆さん一人一人、この夏の宝探しをしてみて、明日9月からのスタートをめりはりをつけて歩みだしましょう!

  • 2015年08月28日2015年8月28日の朝の祈り

     2日間にわたるみなさんの発表から,充実した夏休みの経験と発表のために費やした時間や準備,努力がよく伝わってきました。本当にありがとうございました。

     さて,今日は一人の女性を紹介しましょう。
     アメリカンバレエシアター(ABT)で初めて黒人女性としてPRINCIPAL主席バレエダンサーとなったミスティーコープランドさんです。ABT75年の歴史の中で黒人女性が主席の座を射止めるのは歴史上初めてのことでした。昇格を宣言されたインスタグラムに写ったミスティーさんは,その美しい顔にうれし涙をうかべながら,しかし凜とした面持ちで「周囲に,私の何もかもが違っている,バレエに相応しくないといわれた自分の人生でこんな日が来ようとは」と話します。自分自身でも「ありそうもないバレリーナ」と呼ぶ彼女のバレエ人生は13才という非常に遅い年齢から始まります。
     家族6人の母子家庭で育ち,家が貧しいためバレエを習うのも遅くなりました。他にもバレリーナとしてのハンディキャップはたくさんありました。「私は黒人でバレエの世界に私たち黒人は存在しませんでした。また筋肉質で背も低く,私の胸は大きすぎます。」バレリーナに向いていないと言われ続けてきましたが,彼女はそれらを努力で乗り越えました。アメリカでは彼女の存在はバレエ界にとどまらず,誰でも努力で夢を実現することができるという,まさにアメリカンドリームの実現者として名声を博しています。また,過去の固定観念にとらわれない変わりゆくアメリカの象徴にもなっています。

     今日から,また授業が始まりますね。夏休みの大切な経験をもとに新たなチャレンジをする皆さんに,バレンタイン・デ・スーザさんのお言葉を祈りとして紹介します。

      苦しいこと,困難なことに出会ったら,決して逃げ出したり責任を転嫁したりしてはなりません。直面している困難を小さいと取るか,解決不可能な問題と取るかによって人は大きくもなり小さくもなります。要は心の持ち方次第です。
      この世に解決不可能な問題はありません。問題そのものに押しつぶされないようにしましょう。積極的に生きる人生には必ず主の助けがあります。心を落ち着ける事が大切です。