学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2017年07月18日2017年7月18日の朝の祈り

    It’s hot. It’s baking. It’s a scorcher out there. No, it’s like an oven out there. It’s roasting. It’s so hot you could fry an egg on the road. I’m boiling. I’m sweating like a pig…do you understand? Well, everyone understood the first one, “It’s hot.” After that, maybe not so many. They’re all English expressions that we use to talk about hot weather, but you won’t find them in your English textbooks or wordbooks. So where do you learn them? By watching English movies and listening to English songs? Maybe. By reading English story books or the Internet? Probably. By talking with English-speaking people? Definitely. There are many ways to learn something, but there’s one thing that you need more than anything else. That thing is curiosity(好奇心(こうきしん)). Curiosity about things around us is by far the best way to learn anything at all. Now, tomorrow is the last day of term and the summer vacation starts on Thursday. As an Englishman I personally believe that Japanese people should have a little more, well…vacation during the vacation, but, at the very least, I think that the next few weeks will give you the perfect chance to show your curiosity about something. Take even just a little time to do something different, something that really interests you. In that way you can survive the hot, baking, scorching, roasting weather and really enjoy the summer.
    I’m going to finish with the Lord’s Prayer in English. Please close your eyes or say the prayer with me if you know it.

    Our Father who art in heaven,
    Hallowed be thy name.
    Thy kingdom come, thy will be done,
    On earth as it is in heaven.
    Give us this day our daily bread
    And forgive us our trespasses
    As we forgive those who trespass against us.
    And lead us not into temptation,
    But deliver us from evil,
    For thine is the kingdom, the power and the glory,
    For ever and ever,
    Amen

  • 2017年07月10日2017年7月10日の朝の祈り

     今年のバザーも,たくさんのお客様をお迎えしてすばらしい一日となりました!!1年生から6年生までの皆さんがそれぞれの持ち場を汗だくになりながら一生懸命「おもてなし」の心で尽くしてくださっている姿は,ヨゼフ生らしさを100%発揮して輝いていました。幸いけが人や病人や,事故もなく,無事に終われましたことは何よりで,ただ,ただ感謝ですね。全校生徒の皆さんと先生方,事務所の皆さんに,そしてもちろん神様に心からの「ありがとうございます!」を申し上げたいと思います。その上,このバザーには保護者の方々からの寛大なご寄付や,ご奉仕(駐車場係や炭火おこし,また保護者コーナーでのご活躍etc.・・・)がありましたことも忘れてはならない「ありがたい」ことですね。
     このヨゼフの輪は,まだまだ広がりを増していきまして,実は卒業生や,卒業生保護者の方々からの毎年のサポートもあるのですよ。卒業後も,ヨゼフを支え続けてくださっている存在をいただいている私たちは,何と幸せなことでしょう!

     学園会の皆さん,そして何より中心となって企画から当日まで,ずっと・・・ずっと細やかに心を砕いて準備してくださっていましたバザー委員会の皆さん,お疲れ様でした!どの行事もそうですが,企画通り,予定通りに進行するとは限りませんから,その場,その場で臨機応変に決断していく必要があります。バザーは特にお越しくださったお客様とのコラボレーションですから,この判断と決断に迫られます。実行委員長をはじめ,皆さんの協力がすばらしい一日に仕上げてくださいました!おめでとうございます!

     毎年感じることですが,今年もたくさんの卒業生が,元気な姿を見せてくれていましたね。成長した卒業生の笑顔は,ヨゼフにとって何より嬉しいことですね。皆さんがまだ知っている先輩はもちろん,今年も1期生,2期生,3期生,29期生,45期生など,バザーを通してたくさんのヨゼフのリユニオン(reunion)・再会の輪が花開いていました。私がいつもお話しするAlma Materアルマ マテル(母校)の意味がここにあります。

     ヨゼフは皆さんにとって,単なる出身校ではありません。Alma Materアルマ マテル(母校)なのです。ヨゼフは卒業後も,どんな時でも訪れることができる場です。将来皆さんがいつでも,どこにいても,お母さんを懐かしく思う心のようにヨゼフを訪問してくださることを楽しみにしています。

  • 2017年07月04日 2017年7月4日の朝の祈り

    Students in the 3rd grade and upwards have studied in English class that today, July 4, is American Independence Day (独立記念日). It was on this day in the year 1776 that the President of Congress, John Hancock, signed his name on the Declaration of Independence. It led to a war between the American colonists and the British, who had controlled large parts of North America since the first British people arrived in 1607. The war continued until 1783, when the British accepted American independence and the United States of America became a proper country. July 4 has a very special place in the hearts of all Americans. It is a national holiday and there are celebrations such as fireworks, parades, barbecues, carnivals, picnics, baseball games and even a hot dog eating contest. It is a day for Americans to celebrate their country’s history and their freedom. I’m British, and in my country we don’t have such a national holiday. There isn’t really such a day in Japan, either, although there is a National Foundation Day holiday in February. It is cold in February, yes, but I’ve never heard of Japanese people having fireworks, parades, barbecues, carnivals, picnics, baseball games or onigiri eating contests on that day. In short, I think that Americans are generally proud of being American, and maybe British and Japanese people aren’t so proud of being British or Japanese. Being proud of your country is generally a good thing, I think, though it doesn’t mean that you are better than everyone else. Being proud of your school is also a good thing.
    We have our bazaar on Saturday. There will be many visitors and it’s a wonderful chance for us to show everyone how proud we are of being at this school. Let’s all make it a great day.

    I’m going to finish with the Lord’s Prayer in English. Please close your eyes.

    Our Father who art in heaven,
    Hallowed be thy name.
    Thy kingdom come, thy will be done,
    On earth as it is in heaven.
    Give us this day our daily bread
    And forgive us our trespasses
    As we forgive those who trespass against us.
    And lead us not into temptation,
    But deliver us from evil,
    For thine is the kingdom, the power and the glory,
    For ever and ever,
    Amen

  • 2017年07月03日2017年7月3日の朝の祈り

     私たちの学校の「建学の精神」は「愛と奉仕の精神」ですが、モットーは何なのか、みなさんは知っていますか?モットーとは「建学の精神の行動の目標・指針として心がけているもの」をさします。
     簡単にいいますと、「建学の精神の基本となる考え方を簡潔に表した言葉」となります。私たちの学校のモットーは、「地の塩、世の光」です。建学の精神と同じくらい大切なものとなります。
    今日は、このモットーの中で「地の塩」について考えてみましょう。

     私たちの学校のモットーは、『新約聖書』のマタイによる福音書5章に書かれていますが、今日は別の箇所であるマルコの9章50節から考えてみましょう。そこには、次のように書いてあります。
    「 塩は良いものである。だが、塩に塩気がなくなれば、あなたがたは何によって塩に味を付けるのか。自分自身の内に塩を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい。」と書いています。

     江戸時代の文人であった大田南畝(おおたなんぽ)、別名蜀山人(しょくさんじん)は「最もおいしい調味料は」との問いに「塩だよ」と答えたといいます。「では、味を最も悪くする調味料は?」という問いに対して、また「塩だよ」と即座に答えたといいます。
     このお話しは、塩は最高の調味料だけれど、それだけに使い方を誤ると、最もまずいものになるというたとえを蜀山人は語っています。
    イエス様は、「自分自身の内に塩を持ちなさい」と言っていますので、誰もがこの世で、生きていく中で塩を持ち、味つけをしているのです。どのように絶妙な味つけにするかは、その人しだいなのです。その塩の使い方によっては、最もおいしいものにもなるし、逆にまずいものにもなる。ただ、その与えられている塩を絶妙なおいしさで使うと、マルコ福音書の中では、互いの平和につながるのだと言っています。

     自分がいただいている塩を絶妙なおいしさで使っていくというのは、どのようなことをいうのでしょうか。それは、神様につくられた自分をありのままに生きることをいっているのだと思うのです。
    自分を低く見ることなく、いばることなく、素直に人に接するということだと思います。この学園で生活していく間に、いただいている塩に気づき、絶妙な塩加減で、社会の平和・世界の平和に貢献できる人に育っていけますようにと願います。これが、建学の精神「愛と奉仕の精神」を生きていく大切な柱となっていくからです。
    今日は、「主の祈り」のかわりに、教皇パウロ6世の「仕えるために」の祈りを私が唱えますので、ともに心で祈って下さい。

     主よ、わたしたちを、貧困と飢えの中に生き、そして死んでゆく世界中の人々に仕えるために、ふさわしい者としてください。わたしたちの手を通して、今日、彼らに日々の糧をお与え下さい。相手を理解しようとする、わたしたちの愛によって、彼らに平和と喜びをお与え下さい。