学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2017年12月11日2017年12月11日朝の祈り

    今日から待降節の輪の祈りも第2週目に入ります。クリスマスを迎える準備は、順調ですか。クリスマスキャロル合唱コンクールは、いよいよ明日です。これまでの練習の成果が充分発揮されますようにと祈っています。そして、みなさんの歌声を楽しみにしています。
    さて、今日は「寛容」という言葉について考えてみましょう。
    「寛容」とは、「心がひろくて、よく人を許し受け入れるさま。人のあやまちをとがめたてず許すさま。」と辞書にあります。
    私はこのごろ、この「寛容」という言葉を大事にして、毎日を過ごすようにしています。そして、最近読んだ本の中に「寛容」について書かれたところを見つけました。それは、鎌田 實さんの『人間の値打ち』という本です。「『寛容』は人間の値打ちに関係している」という見出しがありました。その中に、「アリとキリギリス」の話が出てきます。イソップ物語の中の「アリとキリギリス」の話です。鎌田さんは次のように書いています。

    (以下 引用)

    鎌田さんは、イソップ物語に出てくるアリの勤勉さと、人生を豊かに楽しく生きるキリギリスの楽観主義と、両方を備えた生き方の大切さを伝えてくれています。
    みなさんも、「寛容」な心で人を受け入れると、世界が広がり、より豊かな人生を送ることになるのではないでしょうか。
    クリスマスを迎えるこの時期に、「寛容」ということをぜひ考えてみてください。
    今日の一日が、良い一日でありますように、主の祈りを唱えましょう。

  • 2017年12月08日2017年12月8日朝の祈り

    師走を迎え、街もクリスマスムードになり、賑やかな雰囲気になってきました。
    今朝は、十数年前の今頃のことで、今でも忘れられない出来事についてお話しします。
    私は名古屋駅で電車を降り、改札までの通路を歩いていました。その日は大変な人混みで、人の波に乗って歩くような状態でした。すると、私のすぐ前の人が、流れからそれて横の壁の方に向かっていきました。私はすぐにその方が、目の不自由な方だとわかりました。声を掛けようか、どうしようかと思っていた次の瞬間に、背後から女性が私を追い抜かし、その方の手をとって「大丈夫ですよ、大丈夫ですからね。」と声を掛けながら、そっと肩を抱いて、改札の所まで歩いて行きました。一瞬の、しかも自然なふるまいでした。
     もし、その女性の導きがなかったら、目の不自由な方は壁にぶつかっていったでしょう。もし、これがホームでの出来事だったら、大きな事故になっていたかもしれません。私は、その女性のような咄嗟の行動が出来なかったことを恥ずかしく思いました。おそらく、その時のわたしには声を掛ける勇気がなかったのです。日頃から、生徒の皆さんに「困っている人の役に立てるように」と、言っている立場の自分が、情けなく思いました。

     公共の場でのマナーやモラルには、「OFF」は、ありません。常にまわりにいる人に気を配りながら、その場にいる人たちの一人であるという気持ちを持たなくてはいけません。
    私が出会った女性のような立ち居振る舞いは、普段から意識を持ってさまざまな経験を重ねることで初めて出来ることなのだと思います。
     「人の役に立てる女性になりたい」と皆さんはよく言いますが、それは、ボランティアの場を探すことや将来職業に就いたらするというのではなく、日常の中でも実行してほしいと思います。
     最近、都会では、ほとんどの駅のホームに転落防止のための柵が設けてあります。日本の公共設備は、すばらしいと思います。でも、困っている人に声を掛けることが、どの人にもできたなら、柵は必要でなくなるし、日本のすばらしい思いやりの文化だと誇れると思うのですが、皆さんはどう思いますか。

  • 2017年12月04日2017年12月4日の朝の祈り

     12月に入りました。師走の気ぜわしさに巻き込まれないよう,2017年・・・この一年にいただいたたくさんの出逢いや気づきをもう一度思い起こしてみて,その一つ一つに「ありがとう!」と感謝の心を伝えられるといいですね。慌ただしく忙しい時期だからこそ振り返って,神様からいただいた私たち一人一人へのプレゼントを味わうひとときを大切にいたしましょう。

     神様からの贈り物と言えば,昨日12月3日はフランシスコ・ザビエルの記念日でした。1549年に鹿児島に上陸し,以後約2年間,九州,中国地方,そして近畿の各地でキリスト教を伝え,1552年に次の宣教地の中国大陸へ向かう途中,広東(かんとん)付近の小さな島で静かに生涯を終えています。

     志摩スペイン村にもザビエル城がありますが,フランシスコは城主の息子として何不自由ない裕福な生活を送り,夢多き青年でした。パリのソルボンヌ大学留学中に,同じスペインから来ていたイグナチオ・ロヨラに出逢います。そして彼の「たとえ全世界を自分のものにしたとしても,もし自分の心を失っていたら,どんな意味があるだろうか」との問いかけに応えて,二人はその後イエズス会という修道会を設立し,イエス様の愛の教えを知らせるため全世界に出かけていくことになるのです。

     フランシスコ・ザビエルは,日本の宣教の後,目指す中国を目前にしながら小さな孤島で生涯を終えましたが,アジアの国々への宣教の種はしっかり蒔かれていて,今も私たちは生命(いのち)をかけて私たち一人一人を大切にしてくださるイエス様の愛を知っています。468年前にフランシスコ・ザビエルが灯してくれたイエス様の私たちへの愛の灯は,確かに今もここ日本で燃え続けています。日本でもたくさんの殉教者が生命をかけて信仰を守り続けたのです。

     その神様からの贈り物の中で一番の贈り物は,私たちと同じ人間の姿で私たちのところへ来てくださった幼子(おさなご)イエス様です。そのイエス様をお迎えする時期advent(待降節)も昨日の日曜日から始まり,4週間のうちにアドベント・リースの4本のキャンドルの灯が一週間ごとに増えていきます。そしてイエス様は目に見える形ではなく,私たち一人一人の心に来てくださいます。それがクリスマスです!

     私たちがお正月に向けて一年の整理をしますように,クリスマスに向けてもイエス様に来ていただけますよう心の準備をしてまいりましょう。みなさんで行うクリスマス・キャロル合唱コンクールや,3限授業前の休憩時間のアドベント・リースの祈り(待降節の環の祈り)はクリスマスへのよい準備になりますので,「イエス様どうぞ私の心に来てください!」と心から願いを込めて歌いましょう。

  • 2017年12月02日2017年12月2日朝の祈り

    定期試験も昨日で終わりました。皆さん,お疲れさまでした。
    12月に入り,三重県では「年末の交通安全県民運動」が実施されています。年末は,交通量が増え,日没が早くなることから,交通事故が増加する傾向にあります。この運動は,県民1人ひとりが,交通安全の意識を高め,交通ルールを守り,正しい交通マナーの実践に努め,交通事故を防止していくことを目的としています。特に皆さんには,自転車乗用中に小さい子どもや高齢者との接触事故を防止することや,夕方から夜間にかけての交通安全を心掛けてほしいと思います。
    また,近年,事故の原因で多い「ながら運転」は,今の社会を象徴するものとなっています。電話1本,メール1本を「命」よりも優先させてしまうのは,現代人が情報に追い立てられているからこその現象です。
    調査研究によると,
    ・運転中に携帯電話を使用すると,運転者の反応に,血中アルコール濃度が0.08%に達した場合と同程度の遅れが生じる。
    ・運転中の携帯電話使用により,運転にかかわる脳の活動量が37%減少する。
    ・「ながら運転」による死亡事故を起こす割合が最も高いのは,20歳未満の若者である。
    ・携帯端末使用により,事故を起こす危険性が4倍高まる。 とのことです。
    この「ながら運転」―注意散漫という病の症状は,もっと大きな問題の一端にすぎないとの声もあります。人類は情報過多や生活上の雑事に忙殺されるあまり,あと1本メールを書き,電話を入れるためには,命の危険さえ顧みない段階に達しているというのです。
    情報洪水の現代で,「気が散る」のは仕方ないのか。注意力を取り戻し,注意散漫や集中力不足のために生活がめちゃくちゃになるのを防ぐには何をすべきか。
    それを実行する能力や知識は皆さんの頭の中にもちゃんとあります。