学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2018年
06月
04月
03月
02月
01月
2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2018年01月26日2018年1月26日の朝の祈り

    教皇パウロ六世は1968年1月1日、ベトナム戦争が激化するなか、平和のために特別な祈りをささげるよう呼びかけられました。それ以来、全世界のカトリック教会は毎年1月1日を「世界平和の日」とし、戦争や分裂、憎しみや飢餓などのない平和な世界が来るように祈っています。
     平和はキリスト教そのものに深く根ざしています。ミサの中で「平和の挨拶」を交わしていますし、神父様のお説教の中にもたびたび「平和」という言葉が出てきます。キリスト者にとって平和を唱えることは、キリストを告げ知らせることにほかなりません。平和の根底には「隣人愛」があります。アシジの聖フランシスコの「平和の祈り」にはこう記されています。

    神よ、わたしをあなたの平和の使いにして下さい。
    憎しみのあるところに、愛を
    いさかいのあるところに、ゆるしを
    分裂のあるとところに、一致を
    疑いのあるところに、信仰を
    誤りのあるところに、真理を
    絶望のあるところに、希望を
    悲しみのあるところに、喜びを
    闇のあるところに光をもたらすことができますように、
    助け、導いてください。
    神よ、わたしに慰められるよりも、慰めることを
    理解されるよりも、理解することを
    愛されるよりも、愛することを望ませて下さい。
    人は、自分を与えることによって与えられ、すすんで
    ゆるすことによってゆるされ、隣人のために死ぬことによって、
    永遠に生きることができるのです。

    また、1981年2月に当時の教皇ヨハネ・パウロ二世が来日され、広島で「平和アピール」を出されました。そのアピールは次の言葉から始まります。
     「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です」。
    そして、「われわれの力をはるかに超える神の力によって勇気を持とうではありませんか。神がわれわれの一致を望まれていることを知って、団結しようではありませんか。愛を持ち自己を与えることは、かなたの理想ではなく、永遠の平和、神の平和への道だということに目覚めようではありませんか」と訴えられています。
    すべての善意ある人々と手をたずさえて、平和な世界の実現に向かって、カトリック学校で学ぶものとしての責任を果たしていくことができるよう決意を新たにしたいと思います。
    この言葉を今日の祈りとさせて頂きます。

  • 2018年01月25日 2018年1月25日の朝の祈り

    今週の月曜日には関東地方で4年ぶりの大雪が降り、交通機関が乱れ、多数のけが人が出たそうです。津市でも今日は雪の予報で心配していましたが、幸いにも晴れてほっとしています。暦の上ではあと10日ほどで立春ですが、まだまだ寒い日が続きそうですね。
     さて、2017年度はインフルエンザの流行が例年より早く、昨年末から小学校や中学校で学級閉鎖が続いており、現在も近くの小中学校では学級閉鎖が相次いでいます。インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症で、ウイルスにはA型、B型、C型の3種類があります。そのうち感染力が強いのがA型とB型です。特にA型は大流行しやすく、2009年に大流行したいわゆる「新型インフルエンザ」もA型でした。A型インフルエンザウイルスは、感染した人の体内でどんどん進化するので、新型のウイルスが次々にできてしまいます。そのため同じ人が何度もかかります。B型は数年単位で流行していましたが、近年では毎年流行しています。C型はいったん免疫を獲得すると終生その免疫が維持すると考えられています。ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくく、かかるのは4歳以下の幼児が多いそうです。感染経路は皆さんご存知のように、大きく分けて2つあります。咳やくしゃみからうつる飛沫感染と、物を触ってうつる、接触感染です。症状は急に38度以上の高熱が出て、体の節々の痛み、頭痛、ぞくぞくする寒気です。普通の風邪よりも症状の現れ方が急激で、症状が重いのが特徴です。朝は元気だったのに、学校に登校したら高熱が出たという生徒が少なくありません。
    しかし、意外なことに今年は軽い症状のインフルエンザが話題になっています。微熱や鼻水が出る程度で、検査をしてみたらインフルエンザ陽性だったという例もあります。これが最近言われている「隠れインフルエンザ」というものです。この「隠れインフルエンザ」は軽症でも周囲の人にうつってしまいます。症状が軽くても体の不調を感じたら、インフルエンザを疑って早めの休養、医療機関への受診をお勧めします。
    それでは今日も一日元気で過ごせますように主の祈りを唱えましょう。

  • 2018年01月18日 2018年1月18日の朝の祈り

    おはようございます。
    二刀流と言えば,皆さんは誰を思い浮かべますか? 宮本武蔵でしょうか。
    今,二刀流で話題になっているのは,メジャーリーガーの大谷翔平選手です。
    日本のプロ野球球団の日本ハム・ファイターズで5年間,バッターとしてホームランを48本,ピッチャーとして42勝を収め活躍し,2016年にはチームのリーグ優勝と日本一に大きく貢献しました。
     大谷選手は,身長が193センチ,体重が98キロと恵まれた体格をしています。運動能力だけではなく,とても真面目な性格で,365日,野球のことを考え,努力してプロ野球選手になりました。
    大谷選手が高校1年生の時に立てた目標達成表というものがあります。九つのマス目があり,中心のマスに,目標を書きます。そして,あとの八つのマスは,その目標を達成するために,何が必要な要素かを書き込みます。大谷選手は,まん中の目標に,プロ野球ドラフト1位を8球団から指名されるという目標を書きました。そして,必要な要素として挙げたのは,プロ野球選手になるためには,体づくり,筋力強化,メンタル,スピード160キロなど,体力・技術面の要素がほとんどでしたが,それ以外に,人間性と運という要素が書かれていました。
    これは,どんな事にでも,当てはまると思います。もちろん,努力をすることは大切です。しかし,人生は努力しても,どうしようもできないことがあります。
     大谷選手は,ドラフト1位の一流選手になるためには,努力と野球の技術だけでは達成できない,と考えていたようです。思いやり,礼儀正しさ,信頼される人間性と,普段からゴミが落ちていたら拾う,自分から挨拶をする,道具を大切に使うなど,よい行いをすることによって目標が達成されると考えたようです。
     勉強や部活動は毎日の努力が大切です。しかし,良い結果を出すためには,思いやり,感謝,あいさつ,ゴミ拾いなどを自ら進んで行い,自分自身を磨くことが大切です。

    それでは,主の祈りを唱えましょう。

  • 2018年01月16日2018年1月16日の朝の祈り

    During the last few years, I have been walking along the 166 kilometer-long Iseji, one of the paths of the Kumano Kodo between Ise Grand Shrine and Hayatama Taisha in Shingu City, Wakayama. I usually go by car or train, walk for one day and then return home. During the winter vacation, I went walking with my two boys along the furthest part of the Iseji, between Kumano City and Shingu City. We walked about 35 kilometers during the two days. On the first day, we had lots of energy and enjoyed looking at the beautiful mountains and sea. However, on the second day we did not have so much energy. The mountains and sea didn’t look so beautiful and our feet, legs, backs and shoulders, in short, everything, started to hurt. We finally crossed the bridge over the Kumano River and entered Shingu. I felt tired, but very proud of my two boys and proud of myself that we had managed to finish the 35 kilometer walk. My goal is, of course, to finish the Iseji, and I have about two more days of walking, so I hope to finish it soon. The last part will be walking to Ise Shrine. I am really looking forward to finishing this challenge and I’ve already started thinking about my next walking adventure. Do you have any goals at the moment? I think that there are three important things when we set a goal. One – it must be concrete (具体的). Two, it must not be too easy and not too difficult. Three – we must not give up, but make sure that we reach the goal. Set a goal, and I’m sure you’ll achieve something amazing.

    I’m going to finish with the Lord’s Prayer in English. Please close your eyes or say the prayer with me if you know it.

    Our Father who art in heaven,
    Hallowed be thy name.
    Thy kingdom come, thy will be done,
    On earth as it is in heaven.
    Give us this day our daily bread
    And forgive us our trespasses
    As we forgive those who trespass against us.
    And lead us not into temptation,
    But deliver us from evil,
    For thine is the kingdom, the power and the glory,
    For ever and ever,
    Amen

  • 2018年01月15日2018年1月15日の朝の祈り

     先週末13日,14日と二日間にわたり,全国でセンター試験が実施されました。年末,年始も登校して,仲間と一緒に全力を尽くして受験勉強をがんばっていた6年生が,落ち着いて持っている力を充分発揮できますようにと,皆で祈ってきましたね。
     6年生は今日早速自己採点をして,次の二次試験対策の準備をしていきます。3月の最終結果に向けて,まだまだ気を引き締めていかなくてはならない日々が続きますが,一日一日を大切に,悔いのない日々を過ごして,目指す目標に向かっていってください。私たちは続けて,6年生の皆さんのために祈ってまいりましょう。

     試験や試合,コンテストなどは,穏やかな日常性から脱出して,集中力や緊張感の中で自分自身と向き合う機会をもつことになります。チャレンジする苦しさもありますが,自分自身を信じて鍛えていく,絶好のチャンスでもあります。辛さや困難を乗り越えていくことで,一回りも二回りも成長している自分に出逢うことになるでしょう。
     「若い時の苦労は買ってでもしなさい」と言われています。いろいろな意味で人生の成長期に立っている皆さんには,シスター渡辺の著書のタイトル『面倒だからする』のように,どんな時にも前向きの姿勢で生きていってほしいと心から願っています。難しい事や,面倒なことを投げ出さずに直面する人は,ある意味で「自立」の最短コースを歩んでいるのではないでしょうか。いろいろな新しい体験に挑戦することで,今まで気づけていなかった自分自身の新しい面に出逢っていけるといいですね。

     新しい体験の一つとして,中学1年生から3年生までの皆さんは体育の時間に「空手」を習っています。ミッションスクールで,しかも女子校で「空手」を導入している学校は,全国でも珍しいので,『武道』という月刊雑誌から取材を受けまして,5ページにわたるセントヨゼフの記事が,この1月号に掲載されました。皆さんの空手の授業風景の写真も何枚か載っています。そのこと自体とても嬉しく誇らしいことなのですが,国境なき医師団の加藤会長の講演のときと同じように,実は『武道』をとおして,中村麻美先生の講演会を来たる2月1日に開催出来ることとなりました。この方はもう10年以上,月刊『武道』の表紙絵を描いておられる方です。日本の歴史の中のいろいろな人物の生き方を,日本武道館発行の大型絵本にまとめられ,今全国で絶賛発売中です。その絵本には「伝えたい日本のこころ」というタイトルがつけられています。
     現在のようにグローバルな世界であればある程,それぞれの国には受け継いできた「精神的遺産」というものがあります。それを大切にしていかなければ,本当の意味でのグローバル化はありません。世界は一つの人類として互いに受け入れ合って,平和な地球になっていくことは大切ですが,それぞれの国のユニークさや持ち味が消えてしまえば,それは味気ない融合体でしかなくなります。

     中村麻美先生には,日本の歴史の中のいろいろな人の生き方をとおして,日本文化がずっと大切にしてきたものは何だったのか,お話しいただくことになりました。何という偶然なのでしょうか,先生は津市のご出身なのです。そのような思わぬ関わりをいただき,私たちのセントヨゼフにお話しに来てくださることを,快くお引き受けくださいました。
     「空手」をしていなければ,雑誌『武道』の取材をいただかなかったら,決して実現しなかった出逢いです。出逢いはいつも不思議です。私たちを超えた方の導きを感じます。2月1日に,皆さんの心にどんな出逢いをお届けいただけるのか,今から楽しみにしております。