学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2018年
06月
04月
03月
02月
01月
2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2018年04月19日2018年4月19日の朝の祈り

    皆さん、こんにちは。セントヨゼフ女子学園学園会です。
    今週土曜日、バスケットボール部の皆さんが、一足早く高校総体に出場されます。壮行会よりも少し早いため、今から放送で応援のメッセージをバスケットボール部の皆さんに送りたいと思います。まずは生徒を代表して学園会役員からです。

    バスケットボール部の皆さん、毎日部活お疲れ様です。限られた時間の中で、放課後に限らず朝や休日にも練習する中で、仲間との衝突もあったことでしょう。しかし、それ以上に得られたものもたくさんあることと思います。高校総体では普段の練習の成果を最大限に発揮でき、何より仲間を信頼するプレーができますよう、生徒一同、応援しています。頑張ってください!!

    次に、井関智子校長先生よりメッセージをいただいています。

    「バスケットボール部のみなさんへ
     インターハイ予選を勝ち抜くために、エールを送ります!!
     これまで積み上げてきた練習と仲間を信じてボールをつなぎ、1本でも多くのシュートを決めてください。
     応援しています。がんばれ!!」
       校長 井関智子

    最後に、バスケットボール部の顧問である高橋一輝先生からメッセージをいただいています。

    「バスケットボール部の皆さん、いよいよ日曜日から高校総体予選が始まりますね。
     6年生にとっては最後の大会になります。1年前、先生がバスケットボール部を見ることになってからあっという間に時間が過ぎ、この大会を終え6年生が引退することを考えると、寂しい気持ちにもなります。この1年間、ひたむきに、がむしゃらに練習し、様々なチームと練習試合や公式戦を行い、今まで勝てなかった相手に勝てるようになったり、少し前までは強い相手と対戦しスコアが開き始めると試合中にも関わらず弱気になっていたのが、今ではどんな相手でも、どんな状況でも攻め続け、絶対に守ってやろうといった強い気持ちも持つようになりましたね。毎日、毎試合成長する姿を見て、先生自身もバスケットを教える楽しさ、勝った時の嬉しさ、負ける悔しさをみんなから教えてもらいました。
     よく練習の時に先生が言いますが、頑張ることは当たり前で、頑張ることが最低ラインです。
     6年生は今までの思い、練習の成果を全て試合で出し、後輩たちに思いを受け継ぐような姿を試合の中で見せてください。5年生以下のみんなはその姿を目に焼き付け、6年生に1試合でも多く試合をしてもらえるように、全力で試合に臨んでください。
     その中で最後のブザーが鳴るまで、1分、1秒たりとも諦めることなく、コートにいる仲間、ベンチから声をかけてくれる仲間、応援席から応援してくれて毎日支えてくれている保護者の皆さん、先生方、そしてこのような時間をつくっていただいた学園会、学校の先生方にも感謝の気持ちをもって、挑戦者らしくがむしゃらに、応援に恥じないプレーをしましょう。
     最後に笑って喜んでいる姿が見られると信じています。絶対勝とう!!!」
      バスケットボール部 顧問  高橋 一輝


    バスケットボール部の皆さん、これらの応援を心に留め、全力を尽くして頑張ってきてください。その他の中学、高校総体に参加される他のクラブの皆さんも、自分が今までやってきたことを信じ、セントヨゼフの代表として頑張ってください!学園全体で応援しています。バスケットボール部の皆さん、また他のクラブの皆さんも高校総体で練習の成果を発揮できますように主の祈りを唱えましょう。

  • 2018年04月16日2018年4月16日朝の祈り

     始業式から1週間がたちましたが、1年生の皆さんは学園生活に少しずつ慣れて、制服がずいぶんなじんできましたね。
    先週の木曜日、12日には全校生の健康診断が一斉に行われました。1年をスタートするにあたり、まず、自分の健康状態を把握することは大切なことです。
    さて、1年生はもちろん他の学年でも授業が始まり、新しいクラス、新しい担任の先生、新しい教科の先生と緊張が続いていませんか?緊張が続いた時は、教室の窓から空を見上げたり、天気や季節、自然を感じたりするとリラックスできます。保健室の窓からは、ハナミズキが満開に咲いているのが見えますし、理科棟の屋上には藤の花が咲いてきました。普段忙しくてなかなか、近くで咲いている花の香りや、天気の良さ、吹いてくる風の心地よさを意識することなないでしょう。でもこういうものにちょっと意識を向けると、リラックスできます。リラックスすると自律神経のバランスが整い、「よし、また頑張ろう」と元気が出てきます。勉強や仕事につかれた時、ぜひ、空を見上げて自然を感じてみてください。
     今日からまた、新しい1週間が始まります。元気で過ごせますように主の祈りを唱えましょう。

  • 2018年04月14日2018年4月14日朝の祈り

    おはようございます。
     4月1日にキリスト教会は「復活祭」を迎えました。復活とは、決して一度死んだ人が息を吹き返すことではありません。「新しいいのち」への復活です。 復活祭を迎え、教会の暦は復活節といって50日間祝われます。この季節は、いろいろのことが「新しいいのち」を感じさせてくれる時期です。復活節は、入学、入社、転勤など、新しい旅に出発する時期で喜びに満ちあふれています。しかし、「新しいいのち」と言われてもピンとこないものがあるかと思います。それで、今日は「復活」のお話しをしたいと思います。
     ヨハネ20章1節から9節に「復活」の箇所が次のように書かれています。
    していなかったのである。
     マグダラのマリア、ペトロとそのもう一人の弟子は、空っぽになった墓を見て、イエス・キリストの復活を信じることができませんでした。聖霊が下って、弟子達やイエスを取り巻く人々が復活を信じることができるようになります。
    週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。」 そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解 今、読みましたヨハネの福音書の中に、「墓から石がとりのけてあるのを見た」とあります。「石」とはどういうことでしょうか?復活祭とは「石」が取り除かれる状態を表します。「石」とは具体的には、わだかまり、嫉妬、争い、ねたみ、憎しみといったものです。こういったものが、私の中にくすぶり続けて「石」のようになっている。それを神さまがとりのけて下さった、というのが復活なのです。
    もう一つの例をお話しします。森の中に鳥が巣を作っているのをみなさんは、テレビで見たことがありますか?親鳥は卵を温め、ある日、巣の下に空っぽの卵の殻が落ちているとしたら、あなたは何が起きたと想像しますか?そうです。卵から雛がかえったのです。空の卵を見て、新しい命に変わったことに気づくのです。空っぽの墓から、なかなか復活を信じられない弟子達の姿が聖書に何回も描かれています。イエス・キリストが生きているときに、ずっとつき従っていた弟子達なのに復活したイエス・キリストがわからないのです。まずは、ゆっくりと静かに自分の心のとらわれと向き合うことです。私たちの心の中にもあるとらわれや傷、しこりを神さまにゆだね、とりのけていただきましょう。とりのけてくだったことが「復活」というのでしょう。

  • 2018年04月13日2018年4月13日朝の祈り

     私が大学で研究をしていた時、素敵だなと思う考えに出会いました。研究をするのですから、自分で成果を出したいとか、謎を解明したいと思うのは当然です。その一方で研究者は、ある分野の研究において、先学=先に研究した方が進めた研究を受け継ぎ、今度は自分でその研究を発展させ、次世代がさらにその研究を先に進めてくれることを願うというのです。自分だけで結果を出そうとするのではなく、受け継いで引き継ぐ。なんてスケールの大きい、つながりの感じられる考え方でしょうか。その時私は、時代も場所も異なる研究者と、会ったこともない研究者とつながっている感覚に包まれ、暖かい気持ちになりました。1人ではない、そう実感できた瞬間でした。私たちは、世界という空間の広がりや、過去や未来という時間の広がりの中で、つながっているのです。
     私たちは、まずご先祖様や両親からつながっています。そして子孫につないでいきます。そうした血のつながりも重要です。この血のつながりの次に、皆さんは将来、何を受け継ぎ、次世代に何を引き継いでいきますか?それが皆さんの才能=タラントンであり、将来なすべき使命=ミッションだと思います。
    Making Tomorrow Together ~繋げる~ 今年の学園目標を心に留め、主の祈りを唱えましょう。