学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

朝の祈り

2018年
06月
04月
03月
02月
01月
2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
  • 2018年06月30日2018年6月30日の朝の祈り

    今、サッカーのワールドカップロシア大会が開催されています。連日、日本代表の活躍に盛り上がっていますね。
    私は、今回のワールドカップの日本代表には残念ながら選ばれませんでしたが、2006年のドイツ大会から3大会連続で日本代表だった、ガンバ大阪の遠藤保仁選手がいいなと思っています。特にファンというほどではないのですが、好きになった理由はいたって単純で、ある試合を見ていた時、遠藤選手のフリーキックのボールがぽーんとやわらかく飛んで、味方の選手に正確にパスされたのを見て、魅せられてしまったのです。激しいサッカーの試合の中では割と直線的で攻撃的な動きが多いのですが、遠藤選手の動きはゆったりしていて、激しさをあまり感じないので、逆に私の目には新鮮に映ったのでしょう。
     それから、遠藤選手の書いた本なども読むようになり、彼の生き方や考え方を知るようになりました。そして、私自身も遠藤選手の日頃行っていることの中で「いいな」と思ったことについては自分の生活の中に取り入れるようにしています。
     あのフリーキックは一瞬の出来事でしたが、それによって、私の心が動かされ、私の心の地平線を広げてくれました。
    心が動くということは大切なことです。心が動く瞬間を大切にしたいと思います。そうすれば、自分の可能性が大きく広がり、自分でも思ってもみなかった自分になっていけるのではないでしょうか。

    6月はカトリック教会では、み心の月と言われています。イエス様のみ心は全人類を愛しぬいていて、その愛には制限がないと言われています。
    私たちもこのイエス様のみ心にならっていきたいですね。そうすれば、日常生活の中で、心はもっと動きやすくなり、いろいろな面で自分の可能性をのばしていけるのではないでしょうか。「そうなりますように」と願って、今日の主の祈りをご一緒に唱えましょう。