学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

国際交流 International Exchange

2018年
06月
05月
04月
03月
02月
2017年
12月
11月
06月
05月
04月
03月
02月
2016年
10月
09月
08月
07月
06月
02月
2015年
08月
05月
2014年
07月
04月
2013年
11月
09月
06月
04月
01月
2012年
12月
11月
06月
04月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
05月
04月
02月
01月
2010年
12月
11月
09月
08月
06月
  • 2018年06月20日フィリピン姉妹校生の活動報告3 嬉野カトリックの家交流ボランティア

    6月18日、Woodrose生は「嬉野カトリックの家」に交流ボランティアに訪れました。
    入所者の方々がホール一杯にお集まりになったところで、Woodrose生が全員で上手な日本語で「こんにちは、私の名前は○○です」と挨拶をしました。
    「バハイクボ」という、フィリピンではよく知られた歌をタガログ語で歌ったあと、バンブーダンスも披露してくれました。入居者の方々も大変喜んでくださり、パフォーマンス終了後もフィリピン姉妹校生は入所者の方々と離れがたく、涙する姿もみられました。

    午後は、中学2・3年生に同じくタガログ語の歌とバンブーダンスを披露してくれました。ここでも、生徒達とともに歌ったり踊ったりして楽しい時間を過ごしました。

  • 2018年06月19日フィリピン姉妹校生の活動報告2 日本文化体験

    6月16日の午後、Woodrose生は浴衣を着せていただき、ヨゼフの箏部と茶道部で日本文化を体験しました。
    箏部では「さくら」を弾きました。茶道部ではお菓子とお茶をいただきました。興味のあるWoodrose生は、抹茶を点てる体験もしました。

  • 2018年06月16日A Warm Welcome to Japan, Woodrose Students!

    This morning we held a welcome assembly for the 14 students and 2 teachers from our sister school in the Philippines, PAREF Woodrose, who arrived on Friday night for a 10-day visit. The visiting students were greeted enthusiastically by our students and impressed us all with their self-introductions in Japanese. The rest of the assembly took place in English, and the Woodrose students were taken to their host classes at the end to participate in lessons for the rest of the morning. Everyone has been looking forward to their visit hugely, and we hope our ‘sisters’ thoroughly enjoy their time at Saint Joseph.

    今年もフィリピンの姉妹校生をお迎えしました。1時間目に学園会役員によるAll Englishの全校集会で歓迎しました。姉妹校生は上手な日本語で挨拶してくれました。2・3時間目は授業に参加し、午後は日本文化体験を行いました。

  • 2018年05月22日【みえ国際ウィーク2018】集会を行いました

    平成30年5月19日~6月3日は国際的な取り組みを集中的に行う「みえ国際ウィーク2018」の実施期間です。本校でも1時間目の集会で、国際的な取り組みについての発表を行いました。
    はじめは、3月24日~31日に行われた「第8回ESD国際交流プログラム」参加者(全国で15名のみ選出)である6年生の永倉菜々美さんが、インドネシアでの研修について報告してくれました。インドネシアでの体験から「足下を見つめ、自分の国のことについてもっと勉強していきたい」と話してくれました。次に、本校でESD活動を行っている有志のメンバーが、日頃行っている環境活動(植物調査、雲の観察、水質調査など)について、写真やグラフ、実験器具の説明を交えてわかりやすく報告してくれました。SDGsの目標達成に役立つ研究が本校で進められていることがよくわかりました。
    最後は、昨年からアメリカの姉妹校であるFontbonne Universityに留学している卒業生の加藤愛希さん、鷹野安那さんが海外大学での生活について、前の学期で自分が実際にとった時間割などを示して、多くの写真を交えて説明してくださいました。在校生は、憧れの海外留学を身近に感じたことと思います。

    We held a school assembly to celebrate Mie International Week (May 19 – 3 June). The first two of the three presentations were connected to our school’s UNESCO school-related ESD activities. 6th grade student Nanami Nagakura spoke about her experiences as one of only 15 Japanese students chosen to participate in the 8th ESD International Exchange Program in Indonesia (March 24-31). Nanami introduced a lot of information about the history and culture of Indonesia, and told us that she was particularly impressed by the religious diversity of the people she met there, with Muslims and Christians living side by side. The second presentation consisted of an introduction to various ESD-related projects being undertaken in and around Saint Joseph by both junior and senior high school volunteers. Mainly environmentally-based, these projects include ongoing studies of plants, clouds and water quality. However, many other school programs, such as the Walkathon and volunteer trips to Kamaishi City in Tohoku and Kamagasaki in Osaka, also have the sustainable development goals promoted by UNESCO. Finally, Aki Kato and Anna Takano, two graduates who have just completed the 1st year of their undergraduate programs at Fontbonne University, our sister university in Saint Louis, Missouri, made a presentation about their experiences so far in the USA.
    All the presentations were well-researched and informative, with something interesting for each listener to take away with them from the assembly. Each in a different way, they also showcased the global outlook and ‘Women for Others’ spirit that students and graduates of Saint Joseph possess in abundance.

  • 2018年05月18日Fontbonne Universityからお一人が本校を訪問

    We were delighted to welcome Claire Sheehan, Assistant Director of International Admissions at Fontbonne University, our sister university in Saint Louis, Missouri. Claire visited our school to speak to students who are interested in studying in the USA after graduating from Saint Joseph, with particular emphasis on the unique ‘Sister University Scholarship’ offered by Fontbonne. Claire was assisted by Aki Kato, one of the two Saint Joseph graduates who have just completed the first year of their undergraduate degrees at the university. Students who attended were very interested to hear about Aki’s experiences as a college student in America. Claire also had the opportunity to attend a junior high school English class and answer questions from the students.

    本校では、3校あるアメリカの姉妹大学のいずれかに進学が決定すると、いずれも特別奨学金をいただいて留学をサポートしていただく制度が整っています。5月14日には、ミズーリ州セントルイス市にある姉妹大学のFontbonne UniversityよりClaire Sheehanさんが来校され、アメリカ留学及び進学に興味をもっている生徒たちに、お話をしていただきました。また、2017年3月に本校を卒業し、Fontbonne Universityに進学した加藤愛希さんが、一年目のアメリカの大学生活について語ってくださいました。非常に興味深い内容でした。Claireさんは中学校の英語授業も見学され、生徒たちからの質問にも回答してくださいました。

    セントヨゼフのSister Universities in America
    Avila University (Kansas, Missouri)
    Fontbonne University (St. Louis, Missouri)
    Mount Saint Mary's University (Los Angeles, California)

  • 2018年05月16日6年生の英語多読授業について

    One group of 6th Grade students is spending an hour every week in the school library doing Extensive Reading (ER) activities in their English Reading Comprehension class. Simply put, ER is;
    Reading Quickly and
    Enjoyably with
    Adequate comprehension so you
    Don’t need a dictionary
    (taken from The Extensive Reading Guide, ER Foundation)
    Through ER, students meet and learn vocabulary in its natural context and develop reading speed and fluency. This in turn leads to increased confidence, motivation and a love of reading.
    Students in the ER class are keeping a record of the books they read in ‘My Joseph English Reading Journal’, and will be writing book reports in a variety of styles, then sharing these with their classmates.
    The Saint Joseph school library currently contains about 2,000 English books at a variety of levels.

    6年生の英語読解授業で、週に1時間は「多読」活動をしています。
    「多読」というのは;
    ・辞書無しでも
    ・十分に理解できる優しい英語の本を
    ・楽しく、速く読むことです。
    (国際多読教育学会の多読指導ガイドより)
    多読を通して、自然な文脈の中で使われる表現に出会ったり、語彙を増やしたり、読書の速度を上げたり、より流暢に読めるようになります。自分の英語力に自信・やる気・楽しさが増えて、読むことが大好きになります。
    多読授業を受講している生徒は、「My Joseph English Reading Journal」に読んだ本を記入し、英語で感想文を書き、それをクラスメートと分かち合います。
    本学園の英語図書室には様々な難易度の本が約2000冊があります。

  • 2018年05月01日アメリカの姉妹校Saint Teresa’s Academyの先生とのスカイプ交流(Part 2)(4月27日)

    We held the second video call with Saint Teresa’s Academy this morning. This time we could speak with more than 10 STA students for about 45 minutes. The girls on both sides (and our principal, Mrs. Iseki!) introduced themselves and asked each other questions about culture and everyday life. It was a great chance to meet girls of a similar age. We were also able to see Erina Onishi, our student who has spent this academic year at STA and who will be returning to Japan at the end of May. We’re looking forward to seeing you again soon, Erina!

    4月27日もSaint Teresa’s Academy (STA)とビデオ電話をしました。今回は約45分間にわたって、アメリカ側は10人以上のSTAの生徒が参加しました。お互いに自己紹介をしたり(本校の井関校長先生を含めて!)、文化や日常生活について質問をしたりしました。同年齢の生徒と話す良い機会となりました。STAで昨年の8月から来月まで1年間の留学をしている本校の生徒、大西英里菜さんもいました。またすぐに会えることを楽しみにしています、英里菜さん!

    Here are comments from one of the students who took part;

    I had a great time. We could see our friend who is currently at STA as an exchange student. The STA students were really interested in Japan and they asked us many questions. I enjoyed talking with them, so I want to do it again!

    今回はディスカッションというような感じではなく、日本のアニメや印象、アメリカのファッションなど興味のあることを中心にお互いに質問し合いましたので、あまり緊張せずに楽しく会話ができたと思います。前回に引き続き、すぐに言いたいことを発言できず、沈黙の時間が生まれてしまったことが悔しかったです。前回はファッションをテーマにして各自調べプレゼンテーションを行うかたちでしたが、今回のような会話を楽しむことも良いなと思いました。
    植木杏華(5年生)

  • 2018年04月27日アメリカの姉妹校Saint Teresa’s Academyの先生とのスカイプ交流(4月24日)

    Seven of our students (3rd -5th Grade) were in school by 7:30 to for a 40-minute video call with Mr. Craig Whitney, a history teacher at Saint Teresa’s Academy (STA), our sister school in Kansas City. Narumi Takemura, a 5th Grade student, had been in contact with Mr. Whitney several times to set up the call. He was very interested to learn about our school and had many questions for the participating students. Another call is planned for later this week, when we are hoping to be able to speak with some of the students at STA, too.

    朝7:30から3~5年生7名が、カンザスシティにある姉妹校Saint Teresa’s Academy (STA)の歴史の先生Craig Whitneyさんと約40分間ビデオ電話をしました。5年生の竹村愛美さんが事前準備として数回Mr. Whitneyと連絡をとって、このビデオ電話を計画しました。Mr. Whitneyは参加者に、セントヨゼフや日本について様々な質問をされるなど、深い興味を示されました。今週の終わりにもう一回ビデオ電話が行われ、STAの生徒たちと話す機会を計画しています。

    If anyone would like to organize a similar program with us (sister school or not), contact Anthony Hollinghurst or another member of the International Education team through the ‘Contact Us’ link below.
    <<Contact Us>> http://sjjg.ac.jp/mailform/?id=226

  • 2018年04月19日Our Students’ English Page has started!

    Yes! EEC Club have started an English web page for everyone. The page is written by students about students. We will update the site every few weeks with articles about our school, clubs and student life at St. Joseph. Please look for the icon on our website.

    http://sjjg.ac.jp/club_activities/EECclub/EEC20180418/index.html(2018.4.18)

  • 2018年04月10日Saint Joseph Students Shine in English Again!

    4月6日に、文部科学省が2017年度英語教育実施状況調査の結果を公表しました。国の目標は、中学3年生で英検3級程度以上の取得者の割合が50%以上と設定されていましたが、全国平均は、40.7%で、三重県は残念ながら35.3%にとどまりました。

    セントヨゼフの中学3年生の英検3級以上の取得率は、93%と素晴らしい成果を収めました。また、国が設定した目標は、高校3年生で英検準2級以上の取得者割合が50%でしたが、セントヨゼフの中学3年生は、中学3年間で英検準2級以上の取得者割合が73.3%に達することができ、遙かに高校生の目標を上回ることができました。

    また、高校3年生で準2級以上の取得率は、全国で39.3%、三重県は38.6%でしたが、セントヨゼフの高校3年生は88.2%となり、これも素晴らしい結果となりました。セントヨゼフの中学3年生・高校3年生とも、国の平均・三重県の平均をなんと2倍以上も上回る結果を出しました!

    ちなみに、セントヨゼフ全校生のうち30人はすでに準1級(大学中級程度)を取得しています。大変誇らしいことです。You’re doing fine work, everyone! Let’s keep on aiming for the next level!