学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

国際交流 International Exchange

2017年
06月
05月
04月
03月
02月
2016年
10月
09月
08月
07月
06月
02月
2015年
08月
05月
2014年
07月
04月
2013年
11月
09月
06月
04月
01月
2012年
12月
11月
06月
04月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
05月
04月
02月
01月
2010年
12月
11月
09月
08月
06月
  • 2016年07月19日伊勢志摩サミットボランティア参加者によるプレゼンテーションが行われました。

    本日の学年集会では、5月にサミット外国語ボランティアとして参加した生徒代表の6年生6名が全校生に向けて発表しました。世界各国からのメディア関係者が集うアネックス、そこでの三重県及び日本の誇るべき産業の数々、またアネックス(国際メディアセンター)でのボランティア活動の様子を写真で見せながら説明してくれました。また伊勢志摩サミットに関わる活動を通して感じたことや英語の大切さ、コミュニケーション力の必要性などを全校生徒に伝えていました。

    プレゼンテーションの後は、伊勢志摩ボランティアに参加した高校生33名を代表して6年生が、6月11日の解散式で鈴木知事からいただいた感謝状を校長先生より手渡していただきました。

  • 2016年07月19日台湾からの留学生のチン・イーシュンさんが帰国します

    1年間セントヨゼフで学んでいた台湾からの留学生チン・イーシュンさんが、8月初めに帰国しますので、今日の全校集会でお別れの挨拶をしました。
    「みんな元気?」と笑顔いっぱいの言葉から始まり、セントヨゼフで過ごした中で感じたことを話してくれました。
    「皆が一生懸命勉強している外国語はツールであり、そのツールを磨くことももちろん大事だけれど、ツールを通して表現されるのはみなさん自身なので、英語と同時に文化や歴史など日本についても外国で発信できるようになったらいいと思います。また、異文化を受け入れる気持ちも大事なのではないかと感じます。」と話してくれました。
    1月にはチンさんも受験があるそうです。日本で経験したことをぜひ生かして、ご活躍されますようにと願っています。

  • 2016年07月11日アメリカ姉妹校生が帰国しました

    アメリカ姉妹校生6名と校長先生2名は10日間の日本滞在を終え、7月10日午後、帰国されました。なぎさまちでは、日本での思い出とお土産に満たされ笑顔いっぱいでしたが、ホストファミリーとのお別れになると、みなさん涙がとまりませんでした。私たちセントヨゼフ生にとっても姉妹校生徒とのすばらしい交流や体験は、心に残る大切な宝物になりました。

  • 2016年07月09日7月9日は本校のバザーでした

    7月9日、本校でバザーを行いました。大雨にもかかわらず、朝からたくさんのお客様がいらっしゃいました。アメリカ姉妹校生も「English Cafe」のスタッフとしてドーナツ販売を行い、また自由時間にはお客としてセントヨゼフのバザーを満喫できたようです。

    早いもので、7月9日がセントヨゼフで過ごす最後の日となり、翌日は帰国の予定です。

  • 2016年07月07日日米ロールモデルプレゼンテーションを行いました

    アメリカ姉妹校生とヨゼフ4年・5年生が、それぞれ準備してきたテーマである「日本とアメリカの社会において果たす女性の役割」について、プレゼンテーションを行いました。両国の女性ロールモデルとして、それぞれ津田梅子女史、Amelia Earhart女史などが取り上げられました。彼女たちの困難に立ち向かいながらも、自分の信念を通した生き方に、生徒達は深く感銘を受けました。

  • 2016年07月06日アメリカ姉妹校生徒と日本文化体験・ディスカッションを行いました

    7月6日,アメリカ姉妹校の生徒達は日本文化の体験をしました。浴衣を着せてもらい,茶道を体験。お点前について英語で説明してもらい,お菓子を食べた後,抹茶をいただきました。その後,姉妹校生徒の希望で,全員がお点前を体験し,「少し苦かったけれど,おいしく飲めた」と,喜んでいました。
    NHKと伊勢新聞社が取材に訪れ,この様子は,7月6日の夕方6:30のNHK「ほっとイブニング三重」の中で放映され、翌日の伊勢新聞に掲載されました。

    午後からは本校の4年生と5年生の有志生徒が,アメリカ姉妹校生徒とディスカッションを行い,日本とアメリカの生活について,お互いの意見を述べあいました。

  • 2016年07月05日アメリカ姉妹校生徒6人と京都見学に行きました。

    7月5日,アメリカ姉妹校生徒6人とSt.Teresa’s AcademyとSt.Joseph’s Academyの校長先生2名,シスター斎藤,ホリングハースト先生で京都見学に行きました。   
        
    京都市内の電光掲示板には気温36度の文字が表示されており,暑い中,清水寺,伏見稲荷など,日本の文化や歴史を感じる所を見学してきました。アメリカ姉妹校生徒は日本の建築物に興味を示し,喜んで帰ってきました。

  • 2016年07月04日アメリカ姉妹校生徒6人と伊勢神宮・おかげ横丁に出かけました。

    7月4日,アメリカ姉妹校生徒6人と,バディとして通訳を務める4年生6人,St.Teresa’s AcademyとSt.Joseph’s Academyの校長先生2名が,海住先生・柏木先生の引率で伊勢神宮参拝・おかげ横丁散策に出かけました。伊勢神宮の方から英語でご案内をいただきながら,内宮の参拝をさせていただきました。アメリカ姉妹校生徒の皆さんも,初めての神社参拝を大変喜んでいました。

    参拝後,アメリカ姉妹校の方々は,おかげ横丁でお昼を食べて,お店を一つ一つじっくりとめぐり,お土産を買ったり,アイスクリームやかき氷に舌鼓を打ったりしていました。

  • 2016年07月02日アメリカの姉妹校から6名の生徒が来日しました

    7月1日,姉妹校であるアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティのSt. Teresa’s Academyから4名,ミズーリ州セントルイスのSt. Joseph’s Academyから2名の生徒が来日しました。
    7月2日の朝,校長先生2名を含む8名の来校者を1限目の全校集会でお迎えしました。本校ではお客様が外国の方の場合、集会はAll Englishで行われます。生徒会長の”Good Morning,everyone!“で始まり,続いて姉妹校生徒の紹介,各校の校長先生によるプレゼンテーションが行われました。またSt. Teresa’s Academyに留学していた本校4年生,5年生の生徒もプレゼンテーションを行いました。学園会役員による本校紹介やSr.斎藤校長先生のお話しの後,最後は各クラスに姉妹校生徒を迎え入れて,集会が終了しました。この様子は,授業見学会の参加者の方にもご覧いただきました。

    集会の後、姉妹校の生徒たちは、2限目はホリングハースト先生の英語の授業に,3限目には1年生のダグラス先生の英語の授業と2年生の浜辺先生・ホリングハースト先生の英語の授業に分かれて参加しました。
    中学1年生と2年生の生徒達がアメリカの生活や学校生活などについて質問し(もちろん英語で!),その質問に姉妹校生徒が答えてくれていました。時に大笑いしながら,姉妹校生徒の言葉に熱心に耳を傾けて,交流を楽しんでいました。