学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

What's New

2017年
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
11月
10月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
2013年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
  • 2017年06月14日5年生Let’s Enjoy English@みさとの丘学園

    前期中間試験を終えたあと,5年生30名は,4月に市内美里町に開校したばかりの「津市立みさとの丘学園」の5年生・6年生に向けての「Let's Enjoy English」に出かけました。
    同校は英語教育に力を入れておられるとのこと,ヨゼフ生の活動では物足りないのでは?と,参加生徒の表情には当初緊張がうかがえました。しかし,ジェスチャーを交えての動物名当てクイズや,国旗カードを使っての国名当て,動物の餌当てへとゲーム感覚を採り入れた学習活動に,児童たちは夢中になり,ヨゼフ生の表情にも安堵の色が…。筆記体の練習にもとても熱心に取り組んでくれました。
    最後のあいさつの時,小学生から「来週も来て」「最後に日本語でしゃべって」などの声があがり,ヨゼフ生も満面の笑みでした。

  • 2017年06月14日4年生が松阪市立中川小学校で「レッツ エンジョイ イングリッシュ」を行いました

    6月9日の午後、4年生33名が松阪市立中川小学校でLet's Enjoy English(英語出前授業)を行いました。この日は前期中間テストの最終日でしたが、生徒たちはテスト疲れも全く見られず、元気いっぱいの小学6年生とともに楽しく英語の勉強をすることができました。

     "What is she doing?" "She is dancing." "Very Good!!" "Repeat after me!"など、クラス中に英語が飛び交い賑やかな授業となりました。また授業の後半では、小学生はヨゼフ生から筆記体の書き方を習い、最後には一人ひとりが自分の名前を丁寧に筆記体で書くことができました。

    45分という短い時間でしたが、中川小学校6年生のみなさんのおかげで、ヨゼフ生も元気いっぱい、笑顔いっぱいの楽しい授業を経験することができました。
    9月には新町小学校を訪問する予定です。

  • 2017年06月12日Sクラブで花植えを行いました

    6月12日、ソロプチミスト三重アイリス様のご支援を受け、宗教奉仕部Sクラブで合同の花植えを行いました。
    普段は別々に活動をしている奉仕部ですが、そこはヨゼフの奉仕部、集まった途端に団結力を見せ、ポーチュラカ200苗をあっという間にマリア像前と理科棟花壇に植えてくれました。
    今年は5色のポーチュラカが、学校にいらしてくださったお客様の目を和ませてくれることと思います。

  • 2017年06月03日「高校生のための文化講演会」が行われました

    6月1日(木)、公益財団法一ツ橋文芸教育振興会主催の「高校生のための文化講演会」が、本校で実施されました。

    講師は翻訳家の鴻巣友季子先生で、「翻訳入門 翻訳と英文和訳はどこがちがう?」という演題でした。鴻巣先生は講話の中で、生徒に「I am a cat.」などを訳させることから、英訳と翻訳のちがいを分かりやすく説明してくださいました。

    生徒からの「どうすれば語彙力がつくか」という質問に対して、鴻巣先生は「読書をたくさんすることが大前提であるが、得た知識や語句を死蔵してしまうのではなく、関連させて使うことが大切」と話されました。

    講演後、集英社様から鴻巣先生の著書と国語辞典、集英社文庫百冊が本校に寄贈されました。

    『高校生のための文化講演会』
    http://www.hitotsubashi-bks.jp/dokusho/lecture/

  • 2017年05月23日高松自治会主催の「花いっぱい運動」に参加しました

    5月21日(日)、3年生から6年生までの有志9名が高松自治会主催の「花いっぱい運動」に参加しました。
    五月晴れの天候に恵まれる中、セントヨゼフ女子学園に向かう坂道の右側にあるスポーツ公園花壇に、黄色橙色のマリーゴールドと赤いサルビアの苗を植えました。参加された多くの自治会の方々とともに、作業はとてもスムーズに進み、花壇は春からすっかり夏に向けての衣替えができました。

    花植えのために朝早くから公園の草刈りや準備をしてくださった自治会の皆様、ありがとうございました。生徒のみなさんも登下校の時には、赤と黄の花壇を楽しんでくださいね。

  • 2017年05月20日1~5年生が「着こなしセミナー」に参加しました

    5月19日、L.H.Rの時間に1~5年生が「着こなしセミナー」に参加しました。
    明石スクールユニフォームカンパニーの女性社員の方に講師をしていただき、私服、制服、衣装の意味などの話をしていただきました。
    ヨゼフの制服を着ている時は、自分が『ヨゼフの生徒である』ということを発信しています。そのことを意識して、行動しなければなりません。

    この「着こなしセミナー」は毎年実施しています。制服の手入れの仕方についても話をしてくださいましたので、いつも美しく着こなすよう心がけましょう。

  • 2017年05月12日2年・4年合同 防犯教室を実施しました

    5月12日(金)、2年生と4年生合同の防犯教室を実施しました。
    講師は、株式会社SECOMの女性社員3名の方々で、「女性の防犯傾向と対策」「実践!護身術」「ネットセキュリティー」についてご講演いただきました。

    生徒たちは10問の質問に答え、 防犯女子度チェックを行いました。大半の生徒が、防犯意識の高い上級者でした。
    チカンを寄せ付けない方法や、ひったくりから身を守る方法、ストーカー対策、夜道の安全対策、ネットセキュリティーについて注意すべきことなど、具体的に今日から実践できることを学ぶことができました。『防犯女子セキュリティーガール』を目指して、これからも自分の身は自分でしっかり守っていきましょう。

  • 2017年05月10日4~6年生を対象に人権・キャリア・国際理解講演会を行いました

    4月29日、54期卒業生で現在関西学院大学法学部政治学科3回生の仲尾唯子さんに来校してもらい、4~6年生を対象に人権・キャリア・国際理解に関する講演会を行いました。
    昨年秋から半年間取り組んできたカンボジアでのインターンシップ活動の経験談や、そこから学んだ人権問題(貧困とは)、キャリア形成、国際理解など、幅広い視点での話をしていただきました。

    在学中の頃から格段に成長した姿に、我々教師も感心しきりの発表でした。生徒たちも、歳の近い先輩からたくさんの刺激を受けました。

  • 2017年05月09日あしなが学生募金の活動を行いました

    4月22日、23日、30日の3日間、2~6年生の有志生徒約120名が、津駅西口・東口にて第94回あしなが学生募金の活動を行いました。

    このあしなが学生募金は、病気・自死・災害によって親を亡くした子どもたちや、親が重度の障がいを持つ子どもたちの奨学金、アフリカの遺児たちが高等教育をうけるための奨学金として使われています。
    4月23日には、この募金でケニアから同志社大学に留学しているヒラリーさんが、あしなが育英会の方とともに各募金場所を回り、感謝の気持ちを伝えてくださいました。私たちの取り組んでいる募金活動によって支えられている方に直接お目にかかることができました。

    初めて募金活動に参加した中学生も、大きな声を出して募金を呼びかけ、多くの方が足を止めて募金してくださいました。ありがとうございました。

  • 2017年05月02日マリア祭・修養会が行われました(1/3)

    日常の忙しさから離れて,深く自己を見つめ自分の使命を考える
    マリア祭・修養会が行われました。

    快晴の下,爽やかな若葉に包まれた校庭のマリア像の前に集い,
    聖母マリアの保護を願って聖歌を歌いました。

    (2/3へ続く)