学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

What's New

2017年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
11月
10月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
2013年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
  • 2012年08月29日後期始業式・文化宗教奉仕部発表会が行われました(3)

    【写真9】  茶道部
    【写真10】 ギター・マンドリン部

  • 2012年08月29日後期始業式・文化宗教奉仕部発表会が行われました(2)

    【写真5】 フエフキーナ
    【写真6】 書道部パフォーマンス
    【写真7】 EEC
    【写真8】 書道部展示

  • 2012年08月29日後期始業式・文化宗教奉仕部発表会が行われました(1)

    長いようで短かった夏季休業が終わり,始業式が行われました。
    はじめにピアノに加えてバイオリンとフルートが伴奏をして校歌を歌いました。
    そして韓国第3600地区年次大会交換交流に本校のインターアクトクラブの代表として派遣された5A石田さんと5C西口さんが,その体験について報告をしました。

    続いて行われた文化宗教奉仕部発表会では,箏部,合唱部,ハンドベル部,ギター・マンドリン部の演奏の他に,自由鑑賞では書道部,茶道部,YMG,ウィングス・オブ・フレンドシップ,EEC,フエフキーナが展示やパフォーマンスを披露しました。また,ピアノ独奏,独唱,ダンスなどの有志発表がありました。

    午後にはウォーカソン講演会として,今夏東北にボランティアに行った生徒たちがその体験を発表して分かち合いました。

    【写真1】 合唱部
    【写真2】 ハンドベル部
    【写真3】 美術部
    【写真4】 YMG

  • 2012年08月28日SPP化学講座3日目(2)

    午後は、試料全体のグルコースとエタノールの濃度計算と、グルコースからエタノールを変換する効率の計算を行いました。ここでは、高校の化学Ⅰで学んだモル濃度をフル活用しています。

    濃度計算が終わった後、今回の講座でご協力いただいた三重大学生物資源学部・食品資源工学研究室を見学させていただきました。大学に行かないと見られないような設備に、この講座に参加した生徒一同、驚きの連続でした。

    今回の講座のまとめがこれから行われますが、食品資源工学研究室の皆様方、お忙しい中本当にご協力ありがとうございました。

    (写真5・6)必死になって濃度計算に取り組んでいます。
    (写真7)食品資源工学研究室の中の様子です。
    (写真8)ここは常に4℃に保たれている「恒温室」です。中はかなり冷えています。生物資源学部の校舎にはこの他にも30℃、37℃の恒温室もあります。

  • 2012年08月28日SPP化学講座3日目(1)

    8月3日の実験で培養した酵母がパン・ご飯の試料から生産したエタノールと減少した糖(グルコース)の量を測定する実験を6日の午前に行いました。
    (写真1)生産したエタノールの濃度測定を行う機器の使い方を指導されています。
    (写真2)実際に機器を使って、自分の班でできたエタノールを測定開始!
    (写真3)グルコースの水溶液を着色した後、吸光光度計を使ってグルコースの濃度計測をします。
    (写真4)試料に含まれるエタノールが燃料電池となり、プロペラを回転させています。

  • 2012年08月27日SPP化学講座2日目(2)

    8月3日に観察した顕微鏡の像です。これらの違いがわかりますでしょうか?植物がつくるデンプンの形や大きさは、植物の種類によって変わるのですね。
    (写真5)酵母菌
    (写真6)ジャガイモのデンプン
    (写真7)コムギのデンプン
    (写真8)イネのデンプン

  • 2012年08月27日SPP化学講座2日目(1)

    8月3日は、ご飯・パンに酵素を加えた試料の成分分析・エタノールを生産するための培地作成・デンプンと酵母の顕微鏡観察・酵母の培養といった実験を丸1日かけて行いました。

    (写真1)パンに酵素を加えて1日静置した試料をピペットマンで量りとっています。
    (写真2)酵母菌とコムギ・イネ・ジャガイモのデンプンを顕微鏡で観察しています。
    (写真3)試料をチューブに入れ、遠心分離機にかけて沈殿と上澄み液に分けています。
    (写真4)他の雑菌が入り込まないように、クリーンベンチという装置の中で、酵母菌を試料に加え、培養開始!1日静置して、エタノールの生産を待ちました。

  • 2012年08月24日フィリピン研修 8月24日(2)

    今日はトンド以外に、リサール公園などを見て、最後の夕食は、ダンスを見ながらのフィリピン料理でした。ホンモノのハロハロを食べて感激です!満足!
    舞台に上がって、一緒にバンブーダンスを楽しみました。
    明日はいよいよ帰ります。このような機会をいただいて心から感謝しています。
    ありがとうございました。

  • 2012年08月24日フィリピン研修 8月24日(1)

    今日はトンドを見学する日です。
    マニラ港の近くにスモーキーマウンテン、トンドは、ありました。
    とてもバスを降りられる状況では、ありません。
    いろいろ考えさせられましたが、どう表現してよいか、言葉が見つかりません。
    ただ、このような状況でも、人は前を向いてしっかり生きています。
    わたし達は一生懸命生きているか改めて考えさせられました。

  • 2012年08月23日フィリピン研修 8月23日(3)

    東南アジア最大のモールオブアジアでお買い物をしました。
    その後、ホテルで泳いだり、くつろぎ、美しいマニラ湾の夕陽を見ることができました。
    夕食は食べきれない程の中華料理を美味しくいただきました。
    ホテルへの帰り道で、ストリートチルドレンに出会いました。
    この国の現実を改めて考えさせられました。

  • 2012年08月23日フィリピン研修 8月23日(2)

    夕べのサンキューパーティーでは涙が止まりませんでした。
    あっという間に一週間が過ぎ、本当に考えさせられる研修でした。
    なんと言っても人の素晴らしさに感動し、たくさんの宝物をいただきました。

  • 2012年08月23日フィリピン研修 8月23日(1)

    フィリピン研修を通じて、考えさせられることが本当にたくさんありました。
    想像以上の貧富の差、強い家族の絆、愛国心、カトリシズムに基づいた人への思いやり…。
    ふと私はどうなんだろうと振り返ることが度々ありました。
    本当の心の豊かさを教えてもらいました。
    参加させてくれた両親に感謝しています。

  • 2012年08月22日フィリピン研修 8月22日(3)

    サンキューパーティーでは、浴衣を着てホストファミリーやウッドローズの先生方をお迎えしました。
    生け花やお茶のパフォーマンスを興味深く見てもらいました。
    全て英語で通しましたが、完璧にできました。さすがです!
    涙涙の感動的な思い出になりました。
    皆さん!マラミンマラミンサラマット・ポ(ありがとうございました)

  • 2012年08月22日フィリピン研修 8月22日(2)

    フィリピン研修もいよいよ最後の一日となりました。
    民族舞踊の発表会のリハーサルを、私達に合わせて今日にしてもらったので、全部見せてもらうことができました。
    センス、リズム感、衣装のどれをとってもクオリティの高さに圧倒されて、言葉になりませんでした。マガンダン!(美しい)

  • 2012年08月22日フィリピン研修 8月22日(1)

    ウッドローズに帰ってきました。
    今日,学校では明日のファミリーディのリハーサルなど盛りだくさんで行われています!
    ここの人達は母国にとても誇りを持っています。
    とても素晴らしい歌や踊りを一番前で見せていただきました。すごいパワーを感じました。

  • 2012年08月21日フィリピン研修 8月21日(2)

    バルーンアートも、日本語教室も、オリジナル福笑いも大変盛り上がり、とてもやり甲斐を感じました。
    素直でピュアな心に触れ、私達がいろいろ教えてもらいました。
    素晴らしい出会いを大切にしていきます。

  • 2012年08月21日フィリピン研修 8月21日(1)

    セントハンニバルへ交流に行きました。
    スラムに住む子供達をエリック神父様が歩き回って集め、給食を食べさせ、勉強させ、時には米を家族のために持ち帰らせたりしておられる学校です。
    細くて小さな子供達が、一生懸命歌ったり踊ったりして歓迎してくれるのを見て、涙がでました。
    かけがえのない経験をさせていただきました。

  • 2012年08月20日フィリピン研修 8月20日(2)

    タガイタイへ行きました。
    マルコス元大統領の別荘がタール湖を見下ろす絶景ポイントにありました。
    彼は山頂から民衆の何を見ていたのでしょう?

  • 2012年08月20日フィリピン研修 8月20日(1)

    【写真1,2】 フィリピンはクリスチャンの国です。
            ほとんどの家の玄関にイエス様やマリア様が飾ってあります!公園には御像も!

    【写真3】 マンゴーの木発見!

    【写真4】 セントジェームズ教会は素晴らしいです。

  • 2012年08月19日フィリピン研修 8月19日(2)

    【写真1,2】 家にはお手伝いさんが2人と、ガ-ディナー1人と、ドライバー1人がいます。
            これが標準だそうです。
            子供の世話専門にヤヤ(ベビーシッター)を雇う家もあるとか…

  • 2012年08月19日フィリピン研修 8月19日(1)

    【写真1,2】 ホームステイの地区はまるでビバリーヒルズのように素晴らしい家ばかり!
            ここは別世界。安全で静かです。

    【写真3,4】 買い物に来ています。ここはフルーツ天国です。
            マンゴーはマサラップ(おいしい)!

  • 2012年08月18日フィリピン研修 8月17日

    【写真1】 いよいよ今日は授業に参加します。
    【写真2】 ウッドロースでは大歓迎してもらって感激です。早く友達になりたいなぁー

  • 2012年08月16日フィリピン研修 8月16日(2)

    【写真1,2,3,4】 フィリピンに無事着きました。

  • 2012年08月16日フィリピン研修 8月16日(1)

    5年生の希望者がフィリピン研修に出発しました。
    フィリピンから送られてくる記事をこのWhat's Newでお伝えしていきます。--------

    【写真1,2】 いよいよ出発です。

  • 2012年08月06日箏部―演奏会で入賞&チャリティコンサートのお知らせ

    【日本音楽演奏会】
    8月4日(土)第26回日本音楽演奏会  松阪市民文化会館にて
    ヨゼフの箏部は,7名で宮城道雄の『唐砧』を演奏しました。
     今年の曲は押し手が多く技法的にも難しかったため,つらい練習を重ねてこの日までみんなでがんばってきました。結果3位に入賞でき,驚きとともにとても嬉しかったです。
     夏休みの後半は,8月28日(火)の校内文化宗教奉仕部発表会に向けてまた練習を続けます。


    【箏部よりお知らせ】

     今後も,次の会場で私たちの演奏を聴いていただけます。
      ① 9月1日(土)13時半~  北畠神社での霧山薪能のイベント
      ②11月2日(金)18時~   日中韓お琴の夕べ 津リージョンプラザお城ホール

    ~①「霧山薪能」の紹介~
    この日北畠神社では,夕方に霧山薪能が催されます。それまでの間,神社境内にて午後にお茶会と箏演奏があります。私たち箏部は,日本的な曲から若者向きの曲まで,いろいろな曲を能舞台の上で演奏します。素朴で美しい北畠庭園は,国の「名勝及び史跡」に指定されているものです。お近くの方は是非お越しくださり,静かなひとときをお過ごしください。

    ~②「お琴のゆうべ」の紹介~
    11月の演奏会では,有名な中国と韓国のプロの琴演奏家とともに,日本を代表!?してヨゼフの箏部が演奏します。あまり目にする機会のない中国の古箏(こそう)や韓国の伽倻琴(カヤグム)を含め,私たちの演奏する箏(そう)と,3カ国のお琴をお楽しみいただけます。これは東日本大震災の復興支援のためのチャリティコンサート(チケット1,500円)ですので,みなさまのご協力をよろしくお願いします。
    チケットのお問い合わせは,学校事務所またはヨゼフ箏部(松田or中森or部員)まで。

     <picture1> ただいま演奏中・・・
     <picture2> 受賞メンバーでポーズ! 
     <picture3> 中学生の後輩達も応援してくれていました
     <picture4> 日中韓お琴の夕べのポスター

  • 2012年08月03日Y.M.G.クラブが夏休みボランティアへ行きました

     7月23・24・31日・8月1日 Y.M.G.クラブは、南勢カトリック老人ホーム(松阪市小阿坂町)へ介助ボランティアへ行きました。このボランティアは、約50年続けているため、この功績をたたえられ、2年前に表彰を受けたものです。
    今年は、23日は折り紙、24日は喫茶プースケのおてつだい、31日は紙芝居、1日はバルーンアートをおこない、車いすや昼食のお手伝い以外にも工夫をこらしました。

  • 2012年08月03日ぶどうの会、夏休みの研修

    7月20日~21日の一泊二日、4人のぶどうの会の生徒達は、津市社会福祉協議会といなば園主催の「福祉ワークキャンプ2012」に参加しました。これは、社会福祉施設での体験を通して、福祉の心を培う機会とすることを目的にしています。レクリエーションや納涼大会の準備をし、模擬店のお手伝いをします。他の中学・高校生達との交流しながら、セントヨゼフの生徒達もがんばりました。

  • 2012年08月03日SPP化学講座初日

     8月2日~6日に、5年生の理系の生徒を対象に、SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)化学講座が三重大学生物資源学部で行われます。今回の講座は「食品廃棄物の有効利用~バイオエタノールへの変換~」というテーマで、微生物発酵を利用した食品廃棄物のリサイクルについて講義・実験を通して学びます。
     本日は午前中にバイオエタノールが必要とされる背景についての講義を受けました。午後はこの期間全体で使われる実験器具の使い方をマスターした後、各班で洗濯のりを使って酵素がデンプンを分解するはたらきを体感しました。

    (写真1)ピペットマンで水を0.5mLずつ、10回繰り返して量りとる練習です。
    (写真2)デンプンを多く含み、粘り気の多い市販の洗濯のりです。この中にある物質を加えると変化が起こります。
    (写真3)何と!写真2の洗濯のりがとけてドロドロになってしまいました!!何を加えたらこんな事が起こるのでしょうか!?
    (写真4)今日の実験で使った薬品です。写真2の洗濯のりをとかした物質は、左上にアミラーゼです。アミラーゼはデンプンを分解する酵素で、だ液の中にも入っています。

    この後、アミラーゼとグルコアミラーゼをご飯・パンに加えてかき混ぜる操作をしました。かき混ぜたものは3日の朝まで静置します。この後の変化は次の日までのお楽しみに。