学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

What's New

2017年
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
11月
10月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
2013年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
  • 2013年04月22日第1回学楽会をおこないました

    4月20日(土)に、宗教・奉仕部ぶどうの会主催の「第1回学楽会」をおこないました。

    当日はお天気にも恵まれ、近隣地域の小学生女の子2名、男の子1名に参加していただきました。

    前半は勉強したり、おしゃべりやクイズなど楽しみました。
    おやつを食べた後、後半は男の子チームは鬼ごっこなど校庭で遊び、女の子チームはクマのマスコットなどを飾りつけたボックスのデコレーションを部員と共におこないました。

    参加していただいた小学生からは「楽しかった。また来たい!」という言葉を聞き、新しい出会いに感謝すると共に、部員一同とても楽しい時間を過ごすことができました。

    【写真1】勉強している様子です。
    【写真2】女の子はデコレーション!
    【写真3】男の子は外で一緒に遊びました。

  • 2013年04月15日学園目標☆と☆学園会目標

    今年度の学園目標はみなさんはもう覚えましたか?
    そうですね,
      ----------------
       Moving Toward "The More"
        ~「より一層」に向かって~
      ----------------
    セントヨゼフだからできること,セントヨゼフにしかできないことにChallenge!!

     また,学園会の目標についてはどうでしょう?こちらも覚えていますか?
      ---------------
       ~メリハリ~
        自分の言動に onとoff
      ---------------


    それではここで,この学園会目標について,学園会会長の南出さんからのメッセージを紹介します。

     学園会目標のメリハリとは,物事を実行するにあたって,必要に応じ強弱や緩急をしっかりつけることです。気を張ってばかりでは疲れてしまいます。しかし緩みっぱなしではいけません,切り替えを上手くすることが大切だと私は思います。そこで「メリハリ」の後に続くのが,サブタイトルの「自分の言動にオンとオフ」です。言動とは発言と行動のことです。その場その場にふさわしい態度を自分で見極めなければなりません。
     例えば,授業中に発言を求められている時は積極的に発言する。先生が説明している時は,静かに聞く。休み時間と授業との切り替え,などが挙げられます。また,先生に使う言葉,友達に使う言葉との区別。相手を傷つけるような言葉を使わないということなども考えられます。
     これらのことは,言われた時は意識できても,時間が経つと忘れがちになってしまいます。そこで,毎日意識してもらえるように,学園会でマスコットキャラクターを考えました。『メリーちゃん』と『ハリーくん』です。メリーは羊,ハリーはハリネズミです。この二匹の毛並みは対称的で,メリーのふわふわした毛と,ハリーのトゲトゲした毛でメリハリのオンとオフを表しています。
     校舎の二階渡り廊下にある学園会の掲示板に,目標と共にメリーちゃんとハリーくんを紹介する予定ですので,毎日見て意識し続けましょう。今年度の学園会目標についての反省をする頃には,自信を持って目標を達成できたと言えるように,学園会もこの一年間がんばりますので,皆さんも一緒にがんばりましょう!

  • 2013年04月08日釜ヶ崎で体験学習をおこないました

    3月29日~31日に、新6年生10名が大阪・釜ヶ崎での炊き出しや夜回りに参加しました。

    一日目は、現地の様子についての説明を頂いたあと、街を散策。夜には『貧困を考えよう』(2009年:岩波ジュニア新書)の著者である生田武志さんより、日本が抱える貧困問題を多方面から説明して頂きました。生徒たちは、一生懸命自分自身にできることを考えました。

    二日目は、現地のスタッフの方たちと共に、朝6時から炊き出しの準備。その後、11時より配膳を行い、744食以上をお出しすることが出来ました。公園内の清掃活動にもあたり、生徒たちは地域の活動に努めました。
    午後は、リバティー大阪(人権博物館)へ行き、多様な人権問題についての考える時間をもち、夜8時より夜回り活動に参加しました。

    最終日は、復活祭のミサに参加し、無事に三重に戻りました。

    二泊三日の短い研修でしたが、多くのことを頭で考え、心で感じ、体を使って仕事に励んだ充実した研修となりました。

    【写真1~3】
    炊き出しの様子です。朝6時から大量の野菜を切ったあと、お肉と一緒に大きな鍋で煮込み、どんぶりをつくりました。
    【写真4】
    リバティー大阪(人権博物館)の様子です。世界の文化・暮らしから人権を考えるコーナーにて、民族衣装を着てみました。