学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

What's New

2017年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
11月
10月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
2013年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
  • 2015年04月28日【奉仕活動】Woodrose生とベタニアハウス訪問

    Woodrose校の生徒17名と本校の4年生8名がベタニヤハウスへ訪問しました。
    はじめにベタニヤハウスの理事長村上様より施設についてのお話をしていただきました。
    お話のあと、Woodrose校の生徒の代表4名が、バンブーダンスを披露してくれました。
    途中ベタニヤハウスの職員の方や本校の生徒も参加して、大変盛り上がりました。
    次に会場の全員が一体となって、「花は咲く」、「ふるさと」、「上を向いて歩こう」の3曲を
    歌いました。途中、手拍子を交えながらみなさん楽しそうに歌っていました。またWoodrose校の生徒がフィリピンの歌を披露してくれました。
    彼女たちの歌声に、会場のみんなは聴き入っていました。

    最後にベタニヤハウスの方から折り紙で作った兜をプレゼントしていただきました。またWoodrose校の生徒からベタニヤハウスの方へのプレゼントもあり、大変喜ばれていました。
    ベタニヤハウスの方から“また来てくださいね”と嬉しい声をかけていただきました。
    ベタニヤハウスの方、Woodrose校の生徒と共に楽しい一時を過ごすことができました。

  • 2015年04月27日【姉妹校】フィリピン姉妹校の皆さんが到着しました。

    4月24日 Paref Woodrose校の17人の生徒と先生3名が,21:45に津なぎさまちに到着し,そのままホストファミリーと共にお家に向かいました。
    4月25日はホストファミリーと過ごし、26日の日曜日には本校のお御堂でミサに与りました。
    ホームステイ先の家族のなかにも参加された方がいらっしゃり,
    とても良い雰囲気の中,ミサが行われました。

    4月27日は,いよいよ登校です。
    全校集会は,学園会によるall Englishで司会・進行が行われました。
    生徒の質問も英語で行われ,ユーモアを交えた上手な日本語で答えてくれました。
    午前中は、授業見学をして,日本の授業を体験していました。計算などは自分から解き,
    「算数が好き」とのコメントも飛び出しました。
     お昼は,ホストマザーがつくった初めてのお弁当を,「おいしい,おいしい」と
    喜んで食べていました。お箸の使い方がとても上手です!

    午後は浴衣を着て茶道に参加したり,日本の伝統的な楽器であるお琴で
    「さくらさくら」を演奏したりしました。
    フィリピンの生徒は,皆,心から日本文化体験を堪能したようで,笑顔あふれる一日でした。

  • 2015年04月24日平成28年度教育実習の申し込み情報を更新しました。

    平成28年度教育実習の申し込み情報を更新しました。
    申し込み受付期間は「平成27年5月1日から5月31日まで」です。
    実習を希望される方は、必要書類を本校事務所窓口まで持参してください。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    http://sjjg.ac.jp/pdf/15kyouikujisshuu.pdf

  • 2015年04月17日【1・2年生】宿泊研修 2日目の朝を迎えました。

    宿泊研修は2日目の朝を迎えました。
    みんな朝早く起きて準備をして、中学1年生はラジオ体操を
    全員でおこないました。
    心配されていた天候ですが、夜中のうちに雨は降りましたが、
    今は降っていないようです。

  • 2015年04月17日【3・4・5・6年生】校外活動に出発しました。

    1・2年生の宿泊研修に続き、今日は3・4・5・6年生が校外活動に出発しました。
    学校内では得られない貴重な体験ができる大切な日です。
    しっかりと楽しんできてほしいと思います。

    保護者の皆様へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    校外活動の様子は、写真アルバムもご覧いただけます。

    画面上部の「在校生の方」から写真アルバムにログインしてください。
    なお、ログインするには「合言葉」が必要となります。
    学年通信などでお知らせしました「あいことば」を入力してください。
    http://sjjg.ac.jp/zaikousei.html
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 2015年04月16日【1年生・2年生】宿泊研修に出発しました。

    59期2年生と、60期1年生は、1泊2日の宿泊研修に出発しました。
    特に中学1年生にとっては、仲間作りの大切な機会となる宿泊研修です。
    目一杯楽しんできてほしいと思います。

    保護者の皆様へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    研修旅行の様子は、写真アルバムもご覧いただけます。

    中学2年生  http://30d.jp/sjjg/45
    中学1年生  http://30d.jp/sjjg/46

    画面上部の「在校生の方」から写真アルバムにログインしてください。
    なお、ログインするには「合言葉」が必要となります。
    学年通信などでお知らせしました「あいことば」を入力してください。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 2015年04月09日5年生 釜ヶ崎体験学習会 【平成27年3月27日(金)~3月29日(日)】

     3月2回目の釜ヶ崎体験学習です。今回は、5年生から希望した生徒10名と引率教師3名が参加しました。
     朝、津を出発し、現地に到着した一行は、先ず“ふるさとの家”の納骨堂を訪れました。事情により仕事を失ってしまい野宿生活を強いられたうえ、亡くなってもなお家族のもとに帰ることができない方達が大勢いらっしゃるということに、大変胸が痛みました。
     夜は、野宿者ネットワークの生田 武志様より、貧困問題の実態や近年問題視されている野宿者襲撃事件についてお話をいただきました。野宿者襲撃を行う少年グループにも、行動を咎め、自己の存在を正しい方向へ導く家族との繋がりが希薄であるということも解りました。貧困問題は経済的要因だけではなく、精神的な孤立という問題も考察しなければならないようです。

     釜ヶ崎という地域の輪郭を充分に捉えることができたメンバーは、翌朝5時に職安センターの開場の様子を見学し、6時から炊き出しの準備に取りかかりました。当日のメニューは大人気のカレーということもあり、仕込みにも気合いが入りました。最終的に、840食以上のお食事をお出しすることができ、元気な挨拶・笑顔と共に活動を終えました。
     午後は、先ずアベノハルカス展望台に登り、市内全域の様子を見学しました。アベノハルカスや通天閣といった文明の発展を象徴する建造物の直ぐ近くに、非常に対照的な釜ヶ崎が存在しているということを認識し、大きな違和感を抱きました。
     通天閣をあとにし、次に“一心寺”というお寺に向かいました。このお寺には無縁仏のお骨で建立する“お骨佛”が安置されています。一行は静かに合掌し、釜ヶ崎の路上で亡くなられた引き取り手のない方々のご冥福をお祈りしました。
     夜は、二日目のメインの活動である夜回りに参加させて頂きました。いつもの年に比べて暖かかったので、カイロや寝袋をお渡ししませんでしたが、野宿者の方々の健康チェックなどのお声掛けを丁寧に行いました。今回の夜回りでは、安全を確保するために私たちの想像を絶するような場所で眠っておられる方もいらっしゃるということにショックを受けました。

     最終日は本田神父様のミサに与ることができました。本田神父様のお話の根底には「神は貧しく小さくされた人々に寄り添っておられる」という信念があります。ミサに参加した生徒たちも、この考え方に感化されているように思われました。

     私たち生徒は、初めて経験することばかりで、ショックや戸惑いの多い三日間でしたが、社会が目を背けがちな貧困問題に対して、「自分たちに今できることは何なのか」と今後もこの問題と向き合っていく決意を固めました。