学園のご案内
学園生活
部活動
ヨゼフ・ナウ
校長コラム
What's New
国際交流
International Exchange
進路
朝の祈り
受験生の皆様
学園へのアクセス

What's New

2018年
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2017年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年
11月
10月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
2013年
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年
12月
11月
10月
09月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
02月
01月
2009年
12月
11月
10月
09月
08月
07月
  • 2017年12月22日NHK津放送局にNHK歳末助け合い街頭募金をお届けしました

    12月13日から19日まで、津駅・松菱・津新町駅の3カ所でNHK歳末助け合い街頭募金を行い、本校の3年生~6年生までののべ101名が参加して合計212,794円の募金を集めることができました。クリスマスキャロル合唱コンクール会場にご来場くださいました皆様にも、たくさんの募金をしていただきました。この場をお借り致しまして、お礼申し上げます。本日、NHK津放送局に募金を届けてまいりました。

    今年の募金活動日は大変寒い日が多く、寒風吹きすさぶ中、大きな声で募金を呼びかけている本校生の姿を見て、たくさんの方々が「寒いのにご苦労様」との励ましの言葉と共に募金に協力してくださいました。参加した生徒達は、「体は寒いけれど、募金をしていただけて、心はぽかぽかとあたたかいです」と言ってくれました。

  • 2017年12月21日クリスマスページェントを開催しました

    12月20日(水)、本校講堂でクリスマスページェントを開催しました。
    クリスマスページェントは、クリスマスの物語を生徒達が演じる本校伝統の行事です。
    クリスマスキャロルの合唱やハンドベルの演奏のほか、劇、歌、朗読などを全て生徒が演じる「タブロー」や、高校3年生によるキャンドルサービスなどを行いました。

    当日は天気にも恵まれ、たくさんの地域の方や卒業生、保護者の方々にご来場いただきました。
    ご来場、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

  • 2017年12月19日新テニスコートが完成しました

    12月13日(水)に、新しいテニスコートが完成しました。
    16日(土)に、アントニオ神父様による祝別式を行い、井関副校長先生の始球式でテニスコートを使用開始しました。
    その後、テニス部員と教員で、新しいテニスコートで楽しくプレーをしました。
    翌日には、テニス部OGの方もお招きしました。

  • 2017年12月13日子どもセンター情報誌「スキップ」冬号の広告に関するお詫びと訂正

    子どもセンター情報誌「スキップ」冬号に掲載している、広告内の表記に誤りがありました。次のとおり訂正してお詫びをいたします。

    「出願期間 12月11日(月)~16日(土)
             18日(月)~19日(火)」

  • 2017年12月07日国境なき医師団 日本会長 加藤寛幸先生をお迎えして特別講演会をおこないました

    12月6日(水)、国境なき医師団 日本会長 加藤寛幸先生による特別講演会を開催しました。
    この講演会は、今年開催されました歌手のさだまさしさん主催の「高校生ボランティアアワード2017」にて、本校のボランティア活動であるウォーカソンが銅賞・国境なき医師団賞をいただいたことで、来校していただけることになりました。
    講演では、「活動の現場から ~今、私たちに求められていること~」をテーマに、映像を使って活動の様子を話してくださいました。保護者の方にも多数ご参加いただきました。

    放課後には、加藤先生を囲んで座談会を実施しました。有志で参加した約60人の生徒たちは、様々な質問を投げかけ、加藤先生は一人ひとりに丁寧に答えてくださいました。
    また、これから進路選択を余儀なくされる生徒に対して、ご自身の経験も含めて、アドバイスなどをしてくださいました。

    今日の話を聞いて、今の自分に何ができるか、生徒一人ひとりが考え、行動に移してくれることを願っています。