アメリカの姉妹校Saint Joseph High Schoolの生徒とのスカイプ交流

姉妹校 英語科

アメリカの姉妹校Saint Joseph High Schoolの生徒とのスカイプ交流(1月23日・24日)
Sister School Skype Discussion (January 23 & 24)

Following an idea from two of our 5th grade students, Yuri Fujimoto and Maya Inoue, and lots of planning and hard work, six of our junior and senior high school students came to school before 7:30 on two bitterly cold winter mornings to hold a Skype discussion with a group of students at our sister school, Saint Joseph High School in Lakewood, California.
On the first day the students on both sides talked about themselves and their schools, while on the second day they discussed fashion. They not only enjoyed talking about the latest trends, but also shared their concerns about the impact of ‘fast fashion’, particularly on the people involved in its manufacture, as well as its heavy environmental footprint.
It was an exciting challenge for our students, both to make themselves understood as well as to follow the American students’ English, but they all did a great job.
Our thanks also go to Katherine, Isabela, Rihannon, Mariana, Roxanne and Isabelle at Saint Joseph High School for sharing their time and ideas with us. We hope for the opportunity to repeat this program again soon.

If anyone would like to organize a similar program with us (sister school or not), contact Anthony Hollinghurst or another member of the International Education team at our school.

Here are comments from some of the students who took part.

「英語でディスカッションは難しいなと実感しましたが、新たな知識を多く得られました。先生とメンバーの皆に感謝しています。」藤本友梨(5年生)
「せっかく姉妹校があるのだから、何かしらの形で交流できたらいいね」という思いから今回の企画が始まりました。全校から参加者を募り、トピックは何にするかや、時差のことも考えるとアメリカとは難しいなど、課題はありましたが、先生とみんなとで打ち合わせを重ねて当日を迎えました。当日、初めは少し緊張しましたが、それもすぐにほぐれてあっという間でした。今回気づきは、紙を見ながら話すことと相手の目を見て話すことの違いです。私たちは、資料を集め予めプレゼンを用意していましたが、姉妹校の生徒は何も見ずにたくさんのことを話していました。それは英語力の問題ではなく、紙を見なくても話すことが自然と口から出てくる力が私たちに足りないからだと痛感しました。今回の経験をもとにこれからもこの交流を続けていきたいです。
井上茉弥(5年生)

今回のプログラムで学年を超えて一緒に出来たこと、アメリカの姉妹校の生徒に英語で発表したことはすごく良い経験になりました。
アメリカ側の話している内容は理解出来ても、そこから質問することが出来ず、悔しかったです。自分の英語にもっと磨きをかける必要があると強く思いました。
先輩に色々助けてもらい、同級生に相談にのってもらい、後輩と一緒に話し合い、短い準備の中で交流でき、多くの刺激を受けました。
実際にアメリカの生徒に英語でプレゼンテーションを行うことが初めてだったので、不安でいっぱいでしたが、すごく楽しかったです。
また機会があれば行いたいです。
植木杏華(4年生)

今回のプレゼンテーションは自分の英語力を再確認させられる機会になりました。自分が行ったプレゼンテーションは前々から準備していたので形にはなりましたが、ネイティブの英語を聞き取り、それに対して質問するという応用力が試される行為は自分の力が及ばず、チャレンジすることもできませんでした。相づちしかできない自分がとても悔しかったです。しかし、アメリカ側の生徒たちはとてもフレンドリーで楽しい時間が持てたし、今回感じた悔しさをバネに、英語力をもっと身につけたいと思いました。
竹村愛美(4年生)

今回ディスカッションに参加して、姉妹校の方々と話し合うことができ、ほんとうに良かったと思います。まだ中2で聞き取れないことも多かったですが、とても楽しく自分にとってとても貴重な経験ができてよかったです。またこのような機会があれば是非参加したいです。
小出あさひ(2年生)