2018年2月1日の朝の祈り

朝の祈り

皆さんは、昨晩の皆既月食を見ましたか?毎日、時間を気にして生活している私には、太陽・地球・月が一直線に並ぶこの瞬間の天体ショーは、壮大な宇宙の動きの中で生きていることを気付かせてくれました。
さて、2018年が明けてもう1ヶ月が経ちました。「1年の計は元旦にあり」と言いますが、皆さんは今年はどのような計画を立てたでしょうか?そして1ヶ月経った今、計画通り進んでいるでしょうか?
テストに向けて学習計画を立てることの大切さは、皆さん全員がよく知っていることと思いますが、確認の意味も込めて、計画を確実に実現するための3つのヒントについてお話しします。

1:計画は数字を使って具体的に立てる。
抽象的な目標では、モチベーションが上がりにくく3日坊主で終わりがちです。
2:1年の計画をなるべく小さな単位で設定する。
例えば1ヶ月、1週間、1日でここまでするなど達成感がもてるようにします。
3:計画を実行したら、カレンダーや日記に記録する。ほんの少しの感想でも良いので書き留めていきます。

ぜひ試してみましょう。
今日の午後は、「伝えたい日本のこころ」という本の絵と文章を手がけられた中村麻美先生から、「日本人の魂」についてお話ししてただきます。皆さんは、今まで蓄積してきた「知識・理解」を、授業中の活動や解答用紙の上で存分に伝えて下さい。どちらもしっかり伝わりますように、黙想して祈りましょう。