2018年2月16日の朝の祈り

朝の祈り

皆さんは5W1Hを知っていますか?
when,where,who,what,why,howの6つです。
この中で私は断然”why”が大事だと考えています。
大学院での研究は”why”の重要性についてでした。“why”という、たった一言について数万字の論文を書きました。それくらい”why”を考えることは可能性を秘めていて、奥深く、楽しいことだと思っています。
話は変わりますが、私は最近、夜にオムレツを作り続けています。オムレツは焦げ目がなく、外見はふわふわで中は半熟、見て、食べて幸せになれます。作り始めたのきっかけは、ホテルの朝食のようなオムレツが作れたらかっこいいなと思ったからです。ここでも僕は”why”を考えます。
焦げ付いたのはなぜか。半熟でなくなったのはなぜか。うまく返せなかったのはなぜか。油の引きが甘かったのか。フライパンを熱しすぎたのか。では、適温はどの程度なのか。
「なぜかなのか」”why”を考えると脳はこれまで、持っている知識をフル回転で活用し、原因を追求しようとします。考えられる原因を一つずつ考えて解決へ向かっていく、ここ最近の小さな楽しみです。これが皆さんにも求められている力ではないかと思います。
皆さんなら、「なぜお金に関する漢字には貝へんが多いのか」「なぜ衆議院には優越が認められているのか」自分で解を探す、それが勉強であり研究です。”why”「なぜ?」と考えることにより、自分の理解を確認して一歩先へ進むことができるのだと考えています。試験勉強中に、事象について「なぜ?」と自問し、それに答えられたら、その内容がしっかり頭に入っている証拠ですね。ぜひ”why”を考えてみてください。きっと試験勉強にも役立つことと思います。
今日こそは、ふわふわのオムレツが作れますように、そして皆さんが深い学びができますように主の祈りを唱えましょう。