2018年2月3日の朝の祈り

朝の祈り

今日は節分,昔の暦では明日から新しい年の始まりです。今朝は「今の時間を何に投資するか」を考えてみましょう。

「天才! 成功する人々の法則」という本の中に,1つの分野で成功するためには1万時間の投資が必要という考え方が書かれています。モーツァルトやビートルズなどのアーティストや,世界的に有名なスポーツ選手がその分野で活躍するための練習にかけた時間は1万時間がひとつの目安となるそうです。これを「一万時間の法則」といいます。
世間では「才能」は何の苦労もなしにできるという意味で捉えられがちですが,この本の中の調査ではトップになれるかなれないかを分けるのは,熱心に努力するかどうかによることを示しています。さらに,頂点に立つ人物は圧倒的にたくさんの努力を重ねているということも書かれています。
卓球の福原愛選手が小さい頃,泣きながらラケットを振っていたのは有名な話です。野球のイチロー選手は小学校時代に,毎日,バッティングセンターに通っていました。ビートルズは1日に8時間もステージ上で演奏しっぱなしの時期がありました。ビルゲイツやスティーブジョブズも,幼少期から誰よりもコンピュータにのめり込み,1万時間の何十倍も時間を費やしています。
遺伝による生まれつきの能力の違いは存在すると思いますが,それを上回る「時間の投資」ができればプロになれるという話は,私たちに自信を与えてくれますね。その1つの目安である「一万時間の法則」を具体化すると,1日2時間ならば13.7年,1日5時間なら5.4年となります。これだけ長い期間続けるには,嫌いなことや興味のないこと,苦手なことでは続きません。
好きなこと・興味のあること・楽しいこと・得意なことに出会えるかどうかで人生の豊かさは変わってくると思います。きっと仕事でも趣味でも,勉強でも,スポーツでもこの法則は当てはまることでしょう。皆さんは,どのようなことに時間を投資できますか。

皆さんで主の祈りを唱えましょう。