《校長コラム》7月19日

校長コラム

《2018年7月19日》 集会講話

先日、西日本の豪雨によって200人を越える方々がお亡くなりになり、
未だに避難生活をしてみえる方々がいらっしゃいます。その方たちが、
早く、いつもの生活に戻ることができますように、とお祈りし、
しばらく黙祷を捧げましょう。

さて、今年のバザーも、大変な猛暑の中でしたが、無事に終えることができました。熱中症にならずにすんだのも、みなさん一人ひとりが体調をコントロールしてくださったお陰です。無事に終了できたこと、心から感謝しています。ありがとうございました。
何度か、会場を回りながら、多くの方々の支えがあってこそのバザーであると、ひしひしと感じました。交通整理をしてくださっている方々、
保護者や同窓会のお手伝いの方々、後援会の方々…、
夏の風物詩であるバザーは、生徒のみなさんや教職員はもちろんのこと、
多くの学校関係者の協力によるものであることを強く感じました。
卒業生も大勢来てくれましたね。
ご来校いただいたお客様に「おもてなしの心」を伝えることは、できたでしょうか。
バザー実行委員長が終了の放送を入れた後、校内には「お疲れ~」「お疲れ~」と片付けながら掛けあう声が響き、本部で私は、その声を心地よく聞いていました。生き生きと活動しているみなさんの姿を見て,とても嬉しい気持ちになりました。女子校魂を感じた一日でした。
準備段階で、クラスによっては、話し合いが上手くいかず、いらいらがつのることもあったかもしれませんが、上手くいかなかったことも、上手くいったことも、すべてが大切なことです。今回の経験を、これからの行事を運営していく時にぜひ繋げていってください。
本当にお疲れ様でした!!
いよいよ、明日から夏休みに入ります。その前に、私からみなさんに伝えたいことを3つお話します。

一つ目は、今学期が始まってからの自分を振り返ってほしいこと。
二つ目は、公共の場での「マナー」のこと。
三つ目は、夏休みの過ごし方についてです。

まず、一つ目。
2018年度(平成30年度)が始まって約4ヶ月が立ちますが、少し振り返ってみましょう。4月の頃と比べて、今の自分は成長していますか。
スムーズに新学期をスタートした人は、そのまま滑りだしの良さを、
続けていますか。
スタートがスムーズでなかった人は、今は、うまく軌道に乗ることができていますか。
それとも、未だにうまくいかず、もたもたしている自分でしょうか。
もたもたしていたとしても、動いていればともかく、
4月の頃と何も変わらず、ただ時間や毎日が過ぎていくような過ごし方をしているという人がいるとしたら、なんとも、もったいないことですね。

きのう、公文和子先生にお話いただいた内容は、記憶に新しいところだと思います。「タラント」~賜物を活かす生き方~と題して話していただきました。
みなさんには、一人ひとりに与えられた神様からの贈り物「タラント(才能)」があります。それは、みなさん一人ひとりに平等に与えられています。
平等にとは、同じ贈り物「タラント(才能)」が与えられているのではなくて、与えられるという点で平等なのです。与えられている内容は、人それぞれです。そのことに気づいていますか?
4月からの自分は、自分に与えられた贈り物を活かした過ごし方ができていたでしょうか。
昨日書いてもらった講話の感想を、じっくりと読ませていただき、公文先生にもみなさんの感想を伝えたいと思っています。

自分に与えられている贈り物は何か?自分は一体どういう人間なのか?
何に向いているのか?
まだまだ、いただいている自分の贈り物に気づかずにいる人も多いのではないでしょうか。
花にたとえると、自分という花がどんな花か、分かっているかということです。自分という花は、真っ赤な大輪のバラなのか、黄色に輝く向日葵なのか、
木陰にひっそりと咲くクリスマスローズなのでしょうか?
花は、種類によって育て方が違います。与える栄養の時期や量も異なります。水の量に関しても、たっぷりと必要な場合と、やり過ぎてはいけない場合があります。
自分という花を理解していれば、自分にとって一番良い条件で栄養や水をとることができます。
自分にとって一番良い条件とは…、何でしょうか。
勉強の取り組みとして置き換えた時、自分は毎日こつこつ積み上げるタイプなのか…、それとも、集中的に取り組むタイプなのか…、静かな空間が良いのか…、音楽を聴きながら取り組むのが良いのか…。
自分の学習スタイルを見つける、ということにも置き換えることができます。
学年が上がれば、やる内容も増えます。増えても大丈夫なように、自分のやり方を身につけて低学年から鍛えておきましょう。
ぜひ、4月からの自分は、どのように過ごしてきたか。自分自身に問いかけてほしいです。中高生の間にしっかりと自分探しをしてください。
夏休みに入る前に、自分の今の生活を見つめ直しましょう。

6年生のみなさんは、いよいよ正念場です。
自分の進路を実現するために、悔いのない時間の過ごし方をしてください。
「今しかない!」との思いで、受験本番に強い自分を、作り上げてください。

二つ目は、公共の場での「マナー」についてです。

最近、電車内での荷物の置き方や、乗車態度についての苦情の電話やメールをいただきます。狭い空間で、大きな荷物をどうすればよいか…。
公共の場は自分だけの空間ではありません。自分ひとりであろうが、友達と一緒であろうが、「周りの人に迷惑をかけていないか」を立ち止まって考えることが大切です。友達と一緒の場合は特に、話し方や立ち方など、持っている荷物も含め、どうするべきかを意識しましょう。集団で行動すると、ついつい気持ちも大きくなりがちですが、友達同士、お互いに声を掛け合って、気持ちよく乗り合わせてください。
大切なのは、「周りの人に迷惑をかけていないかを立ち止まって考えること」です。このことを心にとめて、行動をしてください。

三つ目は、夏休みの過ごし方についてです。
猛暑が予想される夏休みの過ごし方として、「あきらめない心」を持って過ごしてほしいです。「暑いから〇〇しない」「どうせやっても変わらないからやらない」など、あきらめモードではいけないということです。

上智大学名誉教授の渡部昇一(わたなべ しょういち)さんは、『自分の品格』という本の中で「できない(やらない)理由を探すことなく、志を保ち、自分で自分を尊敬できる人間になれ」と述べています。
人生は選択の連続だという通り、日常のささいなことから、人生を左右するような大きな選択までたくさんあります。せっかく選んでも、自分の意に反する結果に終わることもあります。やり直しができる小さな選択なら、たとえ失敗しても余り気にすることもないですが、あまり気が乗らない、やりたくないことを前にすると、どうしてもやりたくない理由を探して断ろうとします。
一方で、やりたいのだけれど自信がないし、失敗するのが恐いからという理由でやれない理由を探すということもあるかもしれませんね。
渡部さんは、そういう消極的な生き方では、人生が開けないし、運をつかむこともないと言っています。今は少し難しくて、できないかもしれないけれど、「いつか必ずやる」という気持ちを持って努力を続ければ、それがいつしか、その人の顔に表れてきて「品格」となる、と説いています。小さな目標でも、大きな目標でも、どっちみち苦労はするのだから、高い目標を持ち、志を保ちながら毎日を過ごしていけば、必ず「天から助けのロープが下りてくる」と言っています。
少々困難であっても、簡単に投げ出さない「あきらめない心」を持って、
部活に、課外に、様々なことに取り組んでほしいと思います。

以上、
今学期が始まってからの自分を振り返ってほしいこと。
公共の場での「マナー」のこと。
夏休みの過ごし方について、話しました。

夏休みが明けて、8月27日、さらに成長したみなさんに会えることを楽しみにしています。有意義な夏休みを過ごしてください。