創立60周年記念式典を行いました

ニュース

 

セントヨゼフ女子学園は、今年で創立60周年を迎えます。

4月9日(火)、記念ミサと創立60周年記念式典を行いました。

 

カトリック京都教区 大塚喜直司教様を司式に、共同司式として奥村 豊神父様とアントニオ・マチアス神父様を迎え、記念ミサを行いました。

厳かな雰囲気の中で式が行われ、ミサの中では卒業生の合唱グループ「SKYLARK」と合唱部による聖歌、ハンドベル部による演奏を行いました。

 

 

記念式典では、津市長 前葉泰幸様、本校の1期卒業生であるノートルダム清心学園 理事長シスター津田に、ご祝辞をいただきました。

津市長 前葉泰幸様

 

ノートルダム清心学園 理事長シスター津田

 

 

式典の後、生徒達による学園創立劇「シスターアーミナ物語」を披露しました。

この劇は学園の創立者であるシスターアーミナの学園に対する想いや、学園創立にまつわる出来事を、歌やダンスを交えて描いたものです。

劇の終了後、会場はあたたかな拍手に包まれました。

 

学園会キャラクター メリーちゃんとハリーくん

 

ご来場いただきました来賓の方々、ご祝辞をいただきました皆様、ありがとうございました。

60周年という節目を迎え、セントヨゼフ女子学園はこれからも建学の精神である「愛と奉仕の精神」と、スクールモットーである「世の光・地の塩」を礎に、未来に向けて前進していきます。