《校長コラム》3月9日

校長コラム

 

2月27日の夕方、安倍首相が全国の学校を対象に、新型コロナウイルス感染拡大防止策として3月2日から春休みまで休校にするという要請を発表されました。それを受けて、本校も休校にすることを判断しました。しかし、3月2日に予定していた「59期生の卒業式」は、卒業生と保護者のみの形で規模を縮小して挙行しました。座席の間隔をできるだけ広くし、参加者全員がマスクを着用して行いました。

こんなことになるとは、思いもしませんでした。今までに経験したことのない動きを取らねばならないことに、戸惑うばかりです。しかし、前を向いて対応していかなければなりません。3月の予定が大幅に変更となります。3月10日から3泊4日で長崎方面に出向くことになっていた5年生の研修旅行も延期となりました。その他に予定していた海外研修もすべて中止に。5年生の生徒が次のような句を作りました。「コロナさん あなたのせいで 台無しだ」、楽しみにしていた研修旅行がなくなった悔しさが伝わってきます。

 

まだまだ、予断を許さない状況でありますので、4月からの予定に関しても実施に向けて柔軟な対応を取らざるを得ません。保護者の皆様には、ご理解とご協力をお願いするしだいです。また、地域の皆様にも例年開催しております「お花見会」を中止とさせていただいており、一刻も早く新型コロナウイルス感染拡大の心配から逃れられるように祈るばかりです。

令和元年度の締めくくりは、想定外の締めくくりとなりました。どうか来年度は、穏やかに過ごせる年度末でありますように・・・。