My Fontbonne University Life<60期生 村田愛莉>

アメリカ、セントルイスからこんにちは!60期卒業生の村田愛莉です。

Fontbonne大学に入学して約4ヶ月経ちました。新しい環境で戸惑うことばかりでしたが、少しずつこちらの生活にも慣れてきたところです。学業や部活に忙しい毎日ですが、楽しく過ごしています!

 

 

大学の授業について

Fontbonne大学は小さい大学でクラスも小さいので、アットホームな雰囲気です。大学の授業は対面で行われていますが、オンラインの授業を選択することもできます。どのクラスも次の授業までにテキストブックの予習、そして一番大変だったのは週一回あるライティングの宿題です。授業では教授が質問するとみんながどんどん意見をあげていく姿勢に圧倒されました。初めは自分も何か言いたいけど間違っていたらどうしようとか、そもそも自分の意見が出てこないことに悔しい思いをしました。私はスピーキングのクラスを受けており、その授業で人前で英語を話すことにも少しずつ自信がついてきました。日頃から自分の意見を持って、もっと自分から発信していけるよう頑張りたいと思っています。

 

生活について

私は大学の寮でルームメイトと生活してます。大学内にあるのですぐ学校に行けて、寮で友達と映画を観たり、一緒に勉強したりして充実した生活を送っています。
入学してすぐ一年生の一泊二日のオリエンテーションがありました。チームごとにレクリエーションで対決したり、自由時間にはプールや池で遊んだりしてとても楽しい二日間でした。ここでたくさんの人と出会い、友だちをつくることができました。

 

 

私は大学のチアリーディング部に所属しています。初心者ですが大会に向けてFlyerという飛ぶポジョションを任されていています。ほぼ毎日の練習は大変ですが、練習で何回も失敗していた技を成功させた時の達成感にやりがいを感じています。

 

 

私は地元のChildren’s Miracle Network Hospitalの資金集めのためにGriffinthonに参加し、困っている子どもたちに救命処置を施す手助けをする活動チームの一員です。一人でも多くの子どもたちやその家族に喜びや支援を広めていきたいと活動に励んでいます。

 

 

International Bazaarというイベントでは生徒が各国の料理を提供したり、それぞれの文化を発信しました。私は浴衣を着て日本のお菓子を配ったり、折り紙を折ったりしました。日本のことをもっと知ってもらい、異国の文化を感じることができとても良い経験になりました。