人間関係を育む大切な成長の機会である部活動。毎日の活動を通じて生活にメリハリをつけ、時間の有効的な使い方も学ぶことができます。

運動部運動部

部活イメージ

陸上部

活動日

月・火・水・木・金・土(A週)

活動目標

目標:①「自己ベスト更新」 ②「東海大会出場」 ③「2年連続全国インターハイ出場、全中出場!」
を掲げ,『最高の仲間と最高の舞台へ』を合い言葉に,中学生・高校生が共に練習をしており、
一人ひとりの陸上に対する熱意は非常に熱くチームワークもとてもよい。
また,勉学との両立もしっかり図られている。

主な活動実績

  <2018年度・2019年度実績>
高校: 〔春季大会〕 100m 第1位 / 200m 第1位 / 800m 第7位 / 5000mW 第4位
  〔三重県高校総体〕 100m 第2位(東海高校総体出場) / 200m 第2位(〃) / 800m 第4位(〃) / 5000mW 第1位(〃) / 女子総合 第8位
  〔東海高校総体〕 5000mW 第2位(全国高校総体出場)
  〔三重県選手権大会〕 200m 第4位(東海選手権大会出場) / 1500m 第6位(〃) / 3000mSC 第7 位(〃) / 5000mW 第3位(〃)
  〔全国高校陸上選抜〕 3000mW 第3位
  〔三重県高校新人〕 100mW 第4位(東海高校新人) / 5000mW 第2位(〃)

部活イメージ

ソフトボール部

活動日

月・火・水・木・金・土 (日曜日は練習試合・オフ)

活動目標(中学生)

走・攻・守の基本を身に付ける。

活動目標(高校生)

公式戦で結果を出す。

活動状況

練習は中学・高校共に活動し、ダラダラと長時間するのではなく、短時間でも常に集中し試合の場面を意識し緊張感のある練習を行っている。 また、やらされてする練習ではなく上級生が練習メニューを考えたり、自主性を重んじており、 朝の練習なども活発に行っている。上級生は先輩として学校生活のお手本となるように勉強、部活動に取り組んでおり、いろいろな活動で活躍している。

部活イメージ

テニス部

活動日

月・火・水・木・金・土

活動目標(中学生)

県大会入賞

活動目標(高校生)

団体戦ベスト8入り

活動状況

リオオリンピックで使用されたのと同じハードコートで快適に練習しています。
インターハイに出場した先輩方が残してくださった「慎重かつ大胆に!」という言葉をモットーに、 元気で緊張感のある練習を日々心がけています。また、一人ひとりが常に目標を持ち、勝つことを目指す“充実した練習”を積むことを通して、 ここぞというときの集中力や粘り強くやり遂げる力をつけられるよう、日々の練習に意欲的に励んでいます。

部活イメージ

バドミントン部

活動日

月・火・水・木・金・土

活動目標

「自分たちにはいま何が必要なのか」、ということを一人ひとりが意識しながら練習に取り組むことを心がける。

活動状況(中学生)

高校卒業までの6年間の中で最高のパフォーマンスができるように、中学3年間では体力づくりや基礎力をつけることをメインに練習しています。各大会ではそれぞれが勝っても負けても、日々の成長を実感し、結果を活かしながら、一人ひとり練習に取り組んでいます。

活動状況(高校生)

中学3年間で蓄えてきた力を最大限に発揮し、1勝でも多く勝ち上がれることを目標にしながら、高校3年間という限られた時間の中で、それぞれが最高のパフォーマンスができるように、気持ちを一つに日々練習に励んでいます。

部活イメージ

バスケットボール部

活動日

月・火・水・木・金・土

活動目標

部活動を通じて、身体的・精神的な成長をはかる。
縦と横のつながりを大切にし、礼儀正しくけじめのある行動ができるようになる。
自分の役割を責任を持って果たすことができるようになる。

部活イメージ

バレーボール部

活動日

月・火・水・木・金・土・日・祝日(試合前、試合など)

活動目標

Control yourselves

活動状況(中学生)

少人数ですが、毎日元気一杯練習をしています。
「気持ちをつなぐバレーボール」を展開できるように、チーム全員がひとつとなって試合に臨めるように頑張っています。

活動状況(高校生)

日々の練習の中で、ボールを繋ぐ事の大切さと同じように、周囲の人に対して感謝の気持ちを忘れず、 心と心を繋げられる人になれるように、取り組んでいます。また、後輩の指導や、より良いチームにするためには何をすべきか、自分達の可能性を伸ばしていくためには何が必要かを考え、練習しています。