建学の精神

愛と奉仕の精神

 本学園の建学の精神は「愛と奉仕の精神に生きる」ことです。これはキリストの中心的教えとキリストの示された模範に基づいています。同時に、人々を愛し、人々の幸福のために貢献したいという創立者シスターアーミナの精神を受けついだものです。

愛と奉仕の精神 イメージ

スクールモットー

世の光・地の塩

 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである」
出典 マタイによる福音書5章13~16節

スクールモットー イメージ

目指す生徒像

• 善を尊び、真理を求める知性ある女性
• だれにでも思いやりのある素直で愛情豊かな女性
• 教養ある慎みをそなえた美しい品位のある女性
• 自主的で明るくはつらつとした健康な女性

目指す生徒像 イメージ

ごあいさつ

 ヨゼフの教育は「強い意志としなやかな心を兼ね備えた、国際社会に貢献できる品位ある女性」、つまり「品位・品格のある、凜とした女性」を育てることを目指しています。
 これからの時代は、ますますAI(人工知能)を頼る社会になり、一人の人間としてどのように生きることが大切かを問われる時代になります。そのような時代だからこそ、大切にしたいことは、知識の詰め込みだけでなく、「Why?(なぜ?)」と問いかけながら、好奇心や探究心を持ち、人と人との関わりの中でつくられる「温かい心の通った関係性」を築いていくということです。保護者の皆さま、一人ひとりを大切にし、生徒に寄り添うことを第一に考えるヨゼフの教育を、ぜひお選びください。

理事長・校長写真

校歌

校歌

セントヨゼフ女子学園校歌 
ーJ.ブラームス交響曲 第1番 第4楽章よりー
J.Brahms 作曲 / 浦野 脩・井ノ口 美恵子 作詞

下記よりセントヨゼフ女子学園校歌の音楽データをダウンロードできます。 ※このページよりリンクしている音楽データは、私的利用に限ります。

校歌をダウンロードする